鳥取で6000名大会「希望前進孝情文化フェスティバル2019」開催

世界平和統一家庭連合 NEWS ONLINEより DATE 2019年9月11日 9月8日(日)、鳥取県民体育館(鳥取市)において、「鳥取の未来は幸せな家庭から!希望前進孝情文化フェスティバル2019 in 鳥取」が行われ、文姸娥・UPF神韓国議長をはじめ、神日本家庭連合の李成萬、堀正一両副会長、並びに鳥取の地域・社会を代表して国会議員代理や県会議員、町長など54人に及ぶ来賓を含む約6000人が集まり、県人口56万の1.1%が参加する大規模な大会となりました。 午後1時に開場するやいなや、鳥取県全土から集まった人々で席が見る見る埋まっていく中、本大会前のオープニングイベントとして、地元外部団体の民謡や伝統舞踊、壮年の合唱、中高生のダンスのほか、双子のデュオの歌などが披露され、会場を盛り上げました。 続いてHJ天宙天寶修錬苑から李範奭(イ・ポムソク)日本研修局長と高木誠治・日本研修チーム講師を迎えて讃美役事の時間が持たれ、はじめて役事を経験される方々も、みな熱心に参加しました。 次の「真の家庭セレモニー」では、代表の4家庭が登壇し、「真の家庭づくり宣言」を会場の参加者6000人とともに読み上げました。また模範家庭表彰では、実行委員長である金允坤(キム・ユンゴン)鳥取教区長と顧問の県議会議員により、家庭連合の目指す家庭像を実現するための模範となった4家庭(地域奉仕孝情家庭、家族三世代孝情家庭、多文化国際孝情家庭、多子女孝情家庭)が表彰されました。  引き続き、日韓家庭の祝福二世(鳥取大学3年生)が孝情スピーチを行い、自身の両親は真の父母様によって結ばれ、日韓両国間の“恨”を超えて夫婦が本当に愛し合っていたことを紹介。そして「地域に奉仕してきた両親を心から敬愛しています」と証しました。また、鳥取を愛し、日本を愛した韓国人の母親が数年前に聖和(他界)したときには、たくさんの人々が葬儀に参列してくれたエピソードを話すと、涙を浮かべる参加者も散見されました。 祝辞として、参議院議員のメッセージが代読された後、県会議員が来賓を代表し挨拶。「6000名が集まるという企画を聞いたときは半信半疑でしたが、きょうここに来て本当に6000名が会場に集まったのを見て驚いたとともに、家庭連合とこの運動の勢いを感じました」と統一運動に希望と未来があることを語りました。 続いて、真のお母様(韓鶴子・世界平和統一家庭連合総裁)に代わり今回来日された文姸娥議長による基調講演の時間となりました。真っ赤なロングジャケットをお召しになった文議長が登壇し、笑顔で会釈しながら日本語で挨拶されると、参加者らの歓喜の声と共に拍手が会場全体に鳴り響きました。文議長はメインスピーチも全て日本語で語られ、その綺麗なイントネーションと発音に会場は驚きと感動に包まれました。 文議長は、昨年7月にさいたま市で行われた2万名大会における真のお母様のみ言を代読。「世界で起きている諸問題は、人間の力で(解決するに)は限界に到達しました。宇宙の主人であられる創造主、神様を正しく知り、その主人のみ意に敵うように生きる人類となってこそ、平和世界が可能なのです。天のみ旨を成すためには、真の父母様を中心とした人類一家族、地上天国を成すことが必至であり、代表的な運動として、日本と韓国がひとつになる『韓日海底トンネル』を造り、南北が一つになった上でユーラシアを経て、全世界に向かうことができる『平和高速道路』です」と強調されました。 文議長は今回の鳥取訪問について、「今から27年前の1993年9月に鳥取を訪問された韓総裁の代身として来られたことが大変感動的であり、とても感謝しています」と述べ、鳥取を深く愛しておられる心情を吐露。また「『鳥取』は韓国語で『どんぐり』の意味があり、『どんぐり』は小さいが硬くて芯が強く、まさに鳥取県の県民性に通じるものがあると思います。小さい国、小さい県は全国の模範・モデルになりやすい特性があると思いますので、どうか鳥取県が先頭に立って、全国を導く真の家庭運動のモデル県になってください」と語り、鳥取県民の代表である参加者らを激励されました。 文議長はスピーチを終えると、会場全体と一緒に記念撮影したあと、退場されました。会場から沸き起こった拍手は文議長のお姿が見えなくなっても鳴り止まないほどで、参加者らはこみ上げる感動を禁じえませんでした。 鳥取教区は金允坤(キム・ユンゴン)教区長を中心に、少子化による人口減少などの社会問題の解決を目指し、社会の指導者や地域・社会の有志と一緒に、家庭連合の「真の家庭づくり運動」を推進していくため、本大会を開催。参加者らは共に手を取り合って統一運動に加わり、幸せな家庭づくり、明るい社会の実現に向けて前進していくことを決意しました。

True Mother’s Letter to True Father: 2019-08-17

Beloved Father! How we miss you! Father, you are always with us! Seven years have already passed since your Holy Ascension to the heavenly realms. There is no place in Heaven or on Earth untouched by your sweat and tears. On this day, we particularly long for you. Father, one year before your ascension, even… Read More »

HJグローバルニュース (2019年 8月 24日)

真のお父様の永遠なる平和の遺産が、真のお母様を通して完成されている今日(こんにち)。 聖和祝祭の場に集められた、ビジョン2020勝利に向かう、熱い覚悟と決意が、天一国の安着の日を輝かせています。 文鮮明天地人真の父母天宙聖和7周年記念聖和祝祭 天への孝情、世界の光たれ   文鮮明天地人真の父母 天宙聖和7周年記念 参拝式・敬礼式 天一国7年 天暦7月17日 (2019.8.17) 本郷苑、天正宮博物館 早朝の本郷苑参拝式と、敬礼式を皮切りに始まった、天宙聖和7周年記念日!天地人真の父母様の前に捧げる、世界の指導者1200余名の精誠の中、真のお父様天宙聖和7周年記念日の全体の日程が始まりました。  文鮮明天地人真の父母 天宙聖和7周年記念式 天一国7年 天暦7月17日 (2019.8.17) 清心平和ワールドセンター 真のお父様の生涯と平和の業績を追悼する、貴い一日!記念式の会場には、真のお父様への愛と慕わしさを胸に、各地から集まった、国内外の政治・経済・宗教指導者と、祝福家庭約3万名が満場を成しました。 尹鍈鎬 事務総長 文鮮明天地人真の父母・天宙聖和7周年記念・聖和祝祭を、皆さんの熱い拍手で始めていきます。 真のお父様天宙聖和を追悼する、天上の芸術が繰り広げられる時間…。 真のお父様の崇高な生涯を称える、文善進世界会長の聖和の辞! 文善進世界会長 聖和の辞 陽の光の様に、父母様はいつでも真の愛、純粋なる光、神聖なる真実、絶対の平和、あふれる喜び、永遠なる恩恵、真なる憐れみ、深い信仰、孝の心情、深い智慧と特別な美しさと共に万民を照らされました。 鄭元周秘書室長の代読で伝えられた、真のお父様に捧げる、真のお母様の書信は、会場全体が涙の海となり、孝情の愛で溢れました。 真のお父様に捧げる真のお母様の書信 鄭元周秘書室長代読 「2020まで7ヶ国を必ず復帰する。」という私の決意は、お父様のための私のプレゼントです。このプレゼントが、天の父母様に対するあなた様の孝情の生涯が全世界に希望の光となるように祈ります。 天の父母様と真の父母様に、プレゼントを準備された真のお母様の精誠の心情を相続し、天の父母様の祖国光復と、天寶入籍勝利を成すことを決意する全体の願いが、舞台の上で、心情文化芸術として繰り広げられました。 7年の精誠をこめてあなたに捧げます。 孝情の光であられる、真のお父様の愛が全天宙を照らし、全体の愛と精誠をこめて献花された、真のお母様! ビジョン2020勝利のプレゼントを奉献することを決意した、3万名の参席者たちは、真の父母様に侍り、心をひとつに、成和青年歌を歌いました。 続いて追悼の辞を伝えた、グッドラック・ジョナサン ナイジェリア元大統領は、自身を祝福家庭として紹介し、真の父母様と共にすることを伝えました。 グッドラック・ジョナサン元大統領 真のお父様の永遠な平和遺産が、真のお母様を通して完成されつつあることを祝うきょう!この福多き日に、皆さんに祝賀のメッセージを伝えたいです。 記念式に続いて行われた、2部孝情文和祝祭の場!真の父母様と共に歌う歌が、場内に響きわたりました。 天一国実現に向かう道のりを、「苦難」と「勝利」のテーマで歌った、世界的なテナー歌手ポール・ポッツと、天一国の代表声楽家セイコ・リー。孝情文化の前衛隊リトルエンジェルスの感動的なステージが繰り広げられました。 統一家の未来!孝進様家庭の信振様の手紙は、全体の決意を代弁し、大きな勇気を与えてくれました。 文信振様 真のお父様は、私たち皆の父母のように、私たちを愛されました。だから私たちを一家族にすることができると思います。 奇跡は最近多く起こっています。けれども、その奇跡を活用し前進するかは、私たちにかかっています。私は、私たちがそれをなすことができると信じています。皆さん、ファイト!   3万本のろうそくを灯し、真の父母様と真の家庭が共に歌った「サランへ」の歌。皆が心をひとつに、真のお父様を称え、真のお母様とひとつとなり、天一国安着のプレゼントを捧げることを決意しました。 この日の式典は、ピースTVの生中継を通して、約190カ国、20万人の人々が同参し、韓国の中央と、地方の主要放送と言論を通して250余回にわたり報道され、平和のビジョンと希望のメッセージが全世界に伝えられる、祝祭の場になりました。 文善進世界会長夫妻の主管により始まった孝情宴分かち合い大祝祭!文薰淑会長の勝利提議と、ピースロード縦走完了式に続き、ビジョン2020勝利のための孝情特別集会が始まりました。 文薰淑 世界平和女性連合世界会長 ビジョンを持って行動すれば、奇跡が起こる!ビジョン2020勝利!勝利!勝利!   天心聖歌隊の恩恵あふれる賛美に続き、天一国指導者たちと、サムエル・ハデベ預言者は、奇跡の役事が起こっている宣教現場の希望あふれる知らせを伝え、大復興の機運をもたらしました。 尹鍈鎬 事務総長 真の父母様と完全にひとつとなり、その日のために駆けて行こうと、身悶えされるお母様のために、私たちは何をすべきですか? サムエル・ハデベ預言者 天の独り娘、真のお母様は世界の女性はもちろん、全人類が行くべき平和の道を開拓し、私たちを導いておられます。 龍鄭植 神アジア太平洋総会長 120万の神氏族メシヤ総会を開催することを、フィリピンとアジア食口たちは決意しました。皆さん! 金起勳 世界副会長… Read More »

私を含めて3人の母娘は心を合わせて祈る家風が自然に形成

今朝の要点より 神氏族メシヤ教材3 【神氏族メシヤは祝福の行進コース】 韓国の神氏族メシヤ勝利家庭、宇田悦子夫人の証より 私は真の父母様との出会いをとおし、選民の本国である韓国に嫁に行くと決意しました。韓国での生活が始まってから、韓国の信仰と伝統を相続するために「信仰の先輩に合わせてください」と祈りました。その祈りはかないました。それはほかでもない1958年に伝道された私の姑でした。姑の天に向かう信仰は私が嫁に来る前から始まっています。姑と夫の祖母、そして私を含めて3人の母娘は心を合わせて祈る家風が自然に形成されました。(P194) 私は結婚したのちすぐにソウル特別市で伝道活動を始めました。南北統一国民運動の署名運動と教育を始めてから、驚くべき変化が起きました。私は日本人なので韓国語がうまくできませんでしたが、姑と嫁が一緒になって活動する姿に地域の人々は関心を持ってくれました。このような基盤を築き、真の家庭運動の活動を毎月25日に役場で行っています。真の家庭、純潔運動の重要性を話しました。そして統長、班長の署名を受けて写真を撮ったりしながら、160家庭の祝福を完了しました。(P196) 今まで一泊2日の原理教育はもちろん、大小の大会と集会教育にいつも参加し、じょじょに教会の文化を理解する恩賜が表れ始めました。2008年には、大韓民国女性連盟から感謝ひを授与されました。韓国に嫁に来て舅姑によく侍り、社会奉仕に貢献した功労が大きいという内容でした。2011年には国会議員賞、2013年には城北区庁長から表彰状を授与されました。私がこのように賞をたくさん受けたと明らかにする理由は、自慢するためではありません。原理でいう長子権復帰の過程だと思うからです。カイン圏から認められてこそアベル圏が定着し神氏族メシヤが定着段階に至るのです。(P198) 2016年基元節を迎えて、夫に神氏族メシヤ430家庭の勝利を成し遂げようと話しました。それで2016年9月24日にDデーを決めて、神氏族メシヤ祝福式を韓国会長ご夫妻の主礼で行おうと決意しました。まず韓国にいる韓日祝福家庭である信仰の子女たちに話をして、160家庭を含め、家庭局に2011年から記録されている150家庭と2011年以前に祝福を受けた100人などすべて招待することにしました。新しい食口を対象に一泊2日の原理教育をパインリッジリゾートで行いました。龍平リゾートでも一泊2日の教育を続けて行いました。最も中心となって動いてくれた方は信仰の子女の中のセマウル婦女会の会長たちでした。(P201) 毎日、祈祷と訓読会の条件をたてながら精誠を尽くしました。その結果120家庭を新たに伝道し、2016年9月24日にバス6台を動員して、全体340人の信仰の子女が集まる中で430家庭神氏族メシヤ祝福式をすることができました。私は喜びと幸せの涙を我知らず流し、天の父母様と真の父母様に限りない栄光を捧げる祈祷をしました。(P202) ~Y.K.

内的基盤の精誠がなかったら不可能

今朝の要点より 神氏族メシヤ教材3「中心の思いと一つになる生活と信仰生活」(P172~) 韓国の神氏族メシヤ勝利家庭 金明大家庭の証より ですから私達が天の父母様と天地人真の父母様を中心とした正午定着の家庭になるには、まず天を中心として正午定着して夫婦が一つになるべきだと思います。その次は子女と一つにならなければなりません。このような横的基盤を再び氏族の基盤に返す時に大きく拡大する事が出来る様になるのです。 私達の家庭は、この基準を守る為に六番目の末の子を生んだ一九七八年から今まで40年間、聖燭を二四時間灯して精誠を尽くして来ました。妻が祭壇を守って主に精誠を捧げています。しかし時には私達夫婦が外国や地方に滞在している事もあります。その場合、六人の子女のうち誰が先にという事もなく、私の家に来ては精誠を捧げ、祭壇を守ってくれます。それが私の家庭の伝統となりました。六人の兄弟の全員に聖燭を伝受してあげ、各自零時を基準にして精誠を捧げています。その基準は、私達の家族がお互いの体は離れていても、毎日零時の祈祷精誠を捧げながら霊的に一つになる時間を維持し続ける事が出来る秘訣となりました。(P176) そして私にとってのもう一つの精誠基準はいくら忙しく体の調子が悪く手も先祖解怨式と祝福式を成すことでした(P176-177) 私が神氏族メシヤを果たすことができたのは、このような内的基盤の精誠がなかったら不可能だったでしょう。家庭的に一つになり、先祖と一つになり、天と一つになった基盤を準備してこそ可能であるという私の信仰基準は合致しました。(P177-178) 私の結論はこれです。中心と1つになればできない事がありません。影がなく天が完全に共に成すことができる条件を立てれば、成せない事がないと思います。何でも原則通りにすればよいのです。問題は、歪んでいると正午定着が成されないという事です。私の心が気まぐれで葛藤していれば影が出来る様になっており、その事は困難になるのです。その場では天のヤクジが起きる事はないのです。(P182) 真の父母様が語られた四百三十家庭を今になって達成しました。しかし、これからが始まりです。健康と環境が許す限り、彼ら四百三十家庭が私達の教会の誇れる完璧な祝福家庭として残り、また伝道の種として続けて代を継いで伝授されるように最善を尽くそうと思います。 真の父母様は全ての祝福家庭にメシヤになりなさいと語らました。神氏族メシヤ!私の氏族が誇ることができ、また従う事が出来る祝福家庭となる為、今日も私の生き方に影が生じていないか、周りを見回して正午定着の人生を行こうと努力します。(P186) -K.V.

HJグローバルニュース (2019年 8月 10日)

食口の皆さん、こんにちは。天一国の希望のニュースをお伝えするHJグローバルニュースです。ビジョン2020の勝利に向けた、統一家全体の決意を固める、聖和祝祭の場が、あと一週間後に迫ってきました。真の父母様は聖和祝祭勝利のための深い精誠を捧げられる中、神日本トップガンジュニアの学生達を天正宮博物館に招請され、祝福のみ言をくださいました。今週は、神日本トップガンジュニア達と共に過ごされた真の父母様の動静と共に、統一家の二世圏を「孝情郎」として祝福してくださった最近のみ言と、世界宣教現場の希望あふれるニュースを集めてお伝えいたします。 1. 真の父母様の動静 – 天地人真の父母様招請Japanトップガンジュニア天正宮博物館巡礼 天一国7年 天暦 7月3日(陽8.3) 天正宮博物館 天地人真の父母様は天暦7月3日、孝情郎養成の殿堂 鮮文大学で特別修練会に臨んでいる、神日本トップガンジュニアの成和学生139人を天正宮博物館に招待して下さいました。 神日本のトップガンジュニアの学生たちの熱い決意を感じられた真の父母様は、み言を通して、神日本孝情郎たちの未来を祝福してくださいました。 真の父母様のみ言 これから皆さんが作っていく、すべての文化活動は永久なものになります。ですから最善を尽くさなければなりません。誇りある天一国の主役となってください! 14日間の修練会を通して、真の父母様が統一家の二世圏に祝福してくださった、「孝情郎」になることを決意した、神日本トップガンジュニアたちは、真の父母様の前で、熱い決意を込め、孝情の心情を歌いました。 佐藤 宣秀:これから私は世界的で、国家的な指導者たちに真の父母様の思想を伝播し、真の父母様を慰労して差し上げる、英雄となります。アジュ!   船越谷 心:神様の事情と心情を知り、天が準備した義人を伝道し、国を復帰する宣教師となります!アジュ!   私たちの決意と希望が、真の父母様のためにひとつとなれば、止まることのない風車のように私の真の愛を歌おう。 感動のあまり泣き崩れる学生たちを抱きしめて激励してくださり、 神日本の孝情郎たちに、永遠に忘れられない祝福の時間を授けて下さった、真の父母様! 139人の孝情郎たちは、父の国・韓国と、母の国・日本の懸け橋となり、国を復帰し、天一国安着を成し遂げる孝情の相続者、代身者になることを誓い合いました。 孝情郎に関する真の父母様のみ言 三国統一の主役となった、「新羅の花朗」を凌駕する、「天一国の孝情郎」となることを、統一家の二世圏に祝福してくださった真の父母様!今回は、「孝情郎」として祝福してくださった真の父母様のみ言をお伝えいたします。孝情文化と伝統の道が輝く時間となることを願います。 真の父母様のみ言 このように、外の明るい日の光がガラス窓(ステンドグラス)を通してとても華やかに当たっているので、より美しく見えますね。皆さんは天一国の心情文化革命を花咲かせることのできる皆さんになりますね? 皆さんは6000年ぶりに真の父母によって誕生した孝情郎です。ここに集まった皆さんは、天の父母様が長い歴史路程を通して待ち焦がれ、探し、6000年ぶりに見つけた息子娘として皆さんに、「私の愛する息子なのだな、娘なのだな!愛したい!」といわれるのです。   これまで父母様は韓日の一体化を考え、「交叉交体祝福結婚式」を行ってきました。その歴史が30年になりましたね?そして、その成績表が出たのですが、私たち二世が生粋の韓国人より、より韓国を愛する愛国者になったというのです。世界各地で、天一国の民として入ってくる国々を教育し続けることのできる人材養成!必要ですか?必要ではありませんか?真の父母様と絶対的にひとつとなった私たちの誇りある二世、孝情郎をたくさん輩出しなければなりませんね、どのようにしなければなりませんか?   皆さんによって、76億人類が、皆さんに従って天の父母様の懐に入ることができなければなりません。そのような中心人物、摂理の完成と天一国の安着を彼らに見せるとても誇りある孝情郎になりなさい!   ですから天の父母様の夢、真の父母様の願い、人類の願いを皆さんによって世界の前に見せる実質的なすべての分野で天を敬い、愛し、高めて差し上げる孝子孝女、忠臣孝情郎になりますね?今から皆さんが作り出す、すべての文化活動は永久的なものです。ですから最善を尽くさなければなりません!誇りある天一国の主役となってください! 2.世界ニュース ■真の家庭 – 第29回七・一節および第23回七・八節記念式 天一国7年 天暦7月1日(陽8.1)天正宮大聖殿 第29回七・一節及び第23回七・八節記念式が、真の家庭を代表し、文姸娥天宙平和連合韓国議長と文薰淑 世界平和女性連合世界会長、神韓国指導者と首都圏の公職者および中心食口約1,000名が参加する中で開催されました。七·一節と七·八節の摂理的意義を伝えた李基誠会長は、復帰摂理を完成・完結された天地人真の父母様の深いご苦労と愛の前に絶対服従と孝情で、ビジョン2020国家の復帰を必ず勝利する神韓国の神氏族メシヤ、祝福家庭になることを強調しました。一方同日の行事では、教域昇格の出発礼拝を通じて、訓読家庭教会の摂理を本格化している、 京畿道南部教区水原(スウォン)教会,慶南(キョンナム)教区昌原(チャンウォン)教会、光州(クァンジュ)教区光山(クァンサン)教会などの教域特別報告とともに、食口の活動報告が恩恵の中で行われ、記念式に参加した公職者と食口たちは、神統一韓国時代開門·安着·勝利に向けて、より力強く前進することを固く誓いました。 ■神氏族メシヤ活動 神氏族メシヤの祝福が地域社会に安着しています。  – タイ:神氏族メシヤ祝福式 7月一ヶ月間約3000家庭復帰 神氏族メシヤ活動が氏族を超えて地域社会単位で安着しているタイのスリン州とカーラシン、ブリーラム、 ウボンラーチャターニー地域では、7月の一ヵ月間、全8回の祝福式が行われ、計2858家庭が復帰されました。聖水式と聖酒式、蕩減棒儀式を行い、聖婚の誓いに答えた祝福家庭たちは喜びと感謝の中で40日聖別期間を出発し、神氏族メシヤ家庭は、ホームグループを通じた持続的な管理と教育を通じて、新規メンバーの正食口化に最善を尽くすことを決意しました。 – ベナン:超宗教指導者原理教育および祝福式 天一国7年 天暦6月22~23日(陽7.24~25)コメ 宗教家たちが本流を探さなければならないと語られた、真の父母様の命によって、ベナンでは超宗教指導者の原理および摂理教育が続いています。コメ地域で行われた教育の場に出席した80人の超宗教指導者たちは、真の父母、… Read More »