Peace Starts with Me Vienna 2018, True Mother’s Message

April 29, 2018, Vienna, Austria, Wiener Stadthalle

The following is an unofficial translation of True Mother’s message.
(from familyfed.org)

Respected distinguished guests, religious leaders, and ambassadors for peace from all around the world who came here for this day—especially ambassadors for peace and Family Federation members who made the long trip, traveling thirty hours from Russia to be here today—ladies and gentlemen, religious figures and leaders representing Heavenly Africa who came here to the Heavenly Europe region, thank you.

How can we live in a peaceful and happy world? Today we take great pains to think about what we can do to live in a peaceful and happy world. However, the things occurring around us make us anxious about the future. I see the European region especially as a region that Heaven has prepared. As Jesus Christ went the way of the cross, he prophesized that he would return. Christianity began by the Apostles that resurrected through the works of the Holy Spirit as they waited for the Messiah to return.

Christians received unspeakable persecution in the early days. After Rome recognized Christianity, it traveled through the European continent, from the Italian Peninsula, crossing to an island nation, Great Britain. Then the nations centered on Britain spread [Christian faith] out to the world under Christ’s name and opened the Atlantic Civilization Era. However, they did not know Christ’s essence. Caught up in their own selfishness, they put the benefit of their own nations first. So the result was different from what they had intended. In the end, rather than a movement that gave true love, it ended as a culture that took much away.

Externally, Europe began the industrial revolution. They achieved civilization, and due to scientific developments, people gained convenience. Yet, many problems occurred due to being unable to maintain balance. If humans continue in this way, the future of human life and even the planet we live on cannot be guaranteed. It is true we are at a point when we cannot help but worry. We have reached the limit of what human strength alone can do. People must know what kind of being the owner of the universe, God, our creator, is. Only through [knowing] that can all problems be solved.

In the beginning, originally when God created heaven, the Earth and all things, he created based on his form. He created as plus and minus in the mineral world, stamen and pistil in the plant world, and male and female in the animal world. Lastly, he created the human world as man and woman, Adam and Eve, as the Bible calls them. In particular, God gave humankind a growth period. At that time, [Adam and Eve] should have lived a life of becoming absolutely one with God, the Creator. However, during that time, when they had not fully matured, they developed greed. Due to that, the fallen human beings of today, who have no connection to God, were born.

Heaven could not just throw away fallen humanity. The omniscient and omnipotent God cannot fail. Because God gave human beings’ responsibility, unless a person who can accept Heaven’s will and become the [good] ancestor emerges from within humankind, God cannot realize his purpose of creation. Thus, Heaven had no choice but to go through the bitter and difficult providence of restoration through indemnity.

Heaven selected the Israelites as the chosen people and wished for them to achieve a foundation at the individual, people, tribal, and national levels. How difficult must that have been that it took four thousand years? After the long period of four thousand years, Heaven sent the Messiah, Jesus Christ. The longed-for messiah had come but Mary, who gave birth to him, figures in Judaism and the Israelites could not fulfill their responsibilities. The central figure who would accept the providence’s will and realize God’s purpose of creation and whom [God] had sent after the long period of four thousand years had come but a foundation to help him had not been prepared.

In conclusion, he had no choice but to go the way of the cross. Jesus went the way of the cross and prophesized that he would return. Through him the Christian cultural sphere was born.

Christians have a responsibility. They must not just blindly wait for the Messiah to come, riding on the clouds. They must know what the Messiah will do when he comes and prepare for it. The Messiah came as the only son of God and said he would hold the marriage supper of the Lamb when he returns. Then, from the Christian culture sphere, the only daughter of God who can be the Messiah’s partner must be born. However, the European region, where Christianity began, was unable to prepare this. Throughout the history of God’s providence, he has given people responsibilities. If the individual or people are unable to fulfill their responsibilities, God does not use them again. This is because they have indemnity left that must be paid.

Heaven chose a people who could give birth to the only daughter of God. Thus, in 1943 from the Korean peninsula in the East, the only daughter of God was born. This event is the truth of the providence. Korea was liberated [from Japan] in 1945. After Korea’s liberation, Korea was divided [based on] democratic and communist thought. At that time, a devout and spiritual Christian group believed the returning Lord would come somewhere near Pyongyang. Therefore, the three generations of my family, who had devout faith, did not consider going to southern Korea. Heaven gave birth to me after six thousand years and knew I needed a period of growth and thus had me head south. Then in 1950, the Korean War arose. At that time, South Korea did not have the strength to face North Korea. Because Heaven needed to give me a time of growth, God mobilized the UN Forces comprised of sixteen nations. That was how the democratic nation of South Korea came to be. We can see how much Heaven wished for the birth of a victorious person who could realize God’s purpose of creation. We can see how miserably God waited for the day when humankind’s ancestor would give rebirth to fallen humankind through the Blessing Ceremony and God could embrace them as “My son” and “My daughter.” You must know this historical truth.

The Old Testament Age is already in the past. The New Testament age is also already in the past. The prophesized Messiah returned in 1960, met the only daughter of God and they rose to the position of True Parents. Christianity should have prepared the environment for this, but Christianity is still unable to understand this foundation. Yet the providence develops. True Parents laid down roots on earth. Therefore, Heaven was able to give birth to many blessed families who could lay down roots. Just in the Europe region, there is a fifty-year history.

In that time, they went through many difficulties due to those in the Christian realm misunderstanding them. Furthermore, there were many difficulties due to Communist Thought, which came out of the Christian realm. In particular, the early European members engaged in missionary work through underground activities in “Mission Butterfly” to liberate the people of countries suffering under Communist regimes. That there were many sacrifices is true. Yet those who knew the providence and knew Heaven’s circumstances took a path of unchanging absolute faith.

I would like to say this to you all: The past Christian providence in Europe failed from being in the position of not knowing Jesus’ essence. Yet now through True Parents, we know that God, the Creator, is our Heavenly Parent. Heavenly Parent has gone through the bitter, tear-filled and painful six thousand years of searching for his longed-for children. The time has come for you that stand in front of Heavenly Parent as blessed children born through True Parents to fulfill your responsibilities.

Salvation is not only salvation for yourself. Each of you must save your tribe. That is why I have told blessed families to fulfill their responsibilities as tribal messiahs. They must do their utmost in all places around the world and realize their responsibilities as tribal messiahs. You must go on a path not only as the messiah of your tribe but as the messiah for your nation and for the world so you can become filial children and patriots in Heavenly Parent’s presence. True Parents opened the Pacific Rim Civilization Era, during which we share true love. Please be aware that there are blessed families and second- and third generation members who are embracing all humankind through the true love of living for the sake of others under the banner of the Hyo Jeong Culture of Heart Revolution. That is the only path for humankind to live in a world of peace.

How bitter will the 7.5 billion people of the world be if they go to spirit world not knowing True Parents, despite being alive at the same time as True Parents? Your ancestors headed out to the world under Christ’s name. Now in the name of True Parents, you will, I hope, become proud people of Europe who fulfill all your responsibilities as tribal messiahs, national messiahs, and messiahs who will save the world. Thank you.

Your Weekly Update – May 11

Every week the National Ministry Team compiles stories and important upcoming events in a quick weekly update video. Here is what we cover this week:

Northeast Harmony Tour

Since May 1, Northeast Subregional Director Demian Dunkley, Secretary General Rev. Miilhan Stephens, and National Ministry Team Videographer Luke Higuchi have been touring across the northeast subregion in order to unify local communities under True Mother’s heart and vision for 2020 and beyond. Learn more about their journey on the subregion’s website!

Hyo Jin Moon Memorial Concert

Celebrate the life, faith, and music of Hyo Jin Moon, True Parents’ second son, on Saturday, May 26! Buy your tickets today.

FamilyFest 2018

Come to the third annual Hyojeong FamilyFest, a day when we give thanks to God for the blessings and beauty of each returning spring with a worship service, music, games, food and fun for the whole family. The celebration is on May 27, at Belvedere Estate!

週刊ブリーフィング (2018年 5月 12日)

1. 真の父母様の動静
-天地人真の父母様勝利帰国 神ヨーロッパ希望前進大会
2018清平孝情国際つつじ祝祭 勝利記念特別午餐会

2. 世界ニュース
-真の家庭 (圓母平愛奨学苑、ヨーロッパ圏域 圓母平愛奨学生懇談会)
-神氏族メシヤ活動 (韓国:2地区、イ・ドンギュ、キム・ヤングム / キム・ソクピョン、キム・チョンスク家庭 神氏族メシヤ430家庭祝福完了/ 韓国:5地区, ユン・ソング、イ・ウンジャ家庭 神氏族メシヤ430家庭祝福完了/ 韓国:5地区, ユン・ヨンホ、イ・シネ家庭 神氏族メシヤ430家庭祝福完了/韓国:5地区、ユン・ジェサン、キム・テジャ / パク・ヨンベ・森長えみ子家庭 神氏族メシヤ430家庭祝福完了/ 韓国:2地区、チョ・ギュジョ、チェ・ヘシク家庭 神氏族メシヤ430家庭祝福完了/ 韓国:4地区、キム・ジンフィ、イ・ジョンオク家庭 神氏族メシヤ430家庭祝福完了/ 韓国:2地区、アン・カプトン、伊藤素子家庭 神氏族メシヤ430家庭祝福完了/ コンゴ民主共和国:世界平和族長連合祝福式 他/ カンボジア:神氏族メシヤ リーダースクール/ 台湾、コスタリカ:神氏族メシヤの勝利事例相続教育)
-平和運動 (コートジボワール:世界平和宗教人連合 創立式/ パラグアイ:女性連合カンファレンス/ フィリピン:世界平和教授協議会カンファレンス/ 韓国:南北統一運動国民連合、2018全羅北道平和統一実践大会)
-青年活動 (フィリピン:YSP・CARP主管21日指導者修練会)
-主要ニュース (デンマーク国家メシヤ パク・ウォングン会長 協会聖和式/ モザンビーク:HJ平和センター起工式)

Continue reading 週刊ブリーフィング (2018年 5月 12日)

週刊ブリーフィング (2018年 4月 28日)

1.特集
ヨーロッパ圏域希望前進大会、および孝情文化祝祭

2. 世界ニュース
-真の家庭 (文龍壽大兄様追悼礼拝/ 韓国:WFWP、ビジョン2020勝利のための会員教育)
-神氏族メシヤ活動 (コンゴ民主共和国:ムジマ・ウンガマジタ家庭 神氏族メシヤ430双祝福完了/ タイ:神氏族メシヤ祝福式/ ボリビア:神氏族メシヤ祝福式/ ベナン:神氏族メシヤ祝福式/ ドミニカ共和国:神氏族メシヤ修練会)
-平和運動 (韓国:韓半島平和統一DMZピースロード/ ポルトガル:世界平和国会議員連合創設式/ 中華大陸:孝文化宣揚協会創立式/ ペルー:アフリカ系ペルーコミュニティとの交流を開始)
-青年活動 (フィリピン:統一武道宣教師1年・120日課程修了式/ 韓国:YSP、嶺南圏青年学生 統一教育学術会議/ アフリカ:YSP、孝情人格教育教材講師育成活動/ 台湾:2018化孝情文化祭)
-主要ニュース (韓国:池生蓮巡回師 協会原殿式 / 日本:家庭連合、第1次120日特別路程連合出征式 / 韓国:第35期夫婦準備教育)

3.特集
2018 清平孝情 国際つつじ祝祭 案内

■日本語 ipeacetv.com/vod_view/8382

■2018 清平孝情 国際つつじ祝祭 案内
ipeacetv.com/vod_view/8388

■天一国経典天聖経訓読映像
天一国経典天聖経訓読映像(第二篇 三章 一節 1~3項)
ipeacetv.com/vod_view/8380

PeaceTVサイトでは、よりたくさんの映像がご覧になれます。
ipeacetv.com

ニュースレター「日本統一運動Newsletter VISION2020」の第126号(4月30日号)

ニュースレター「日本統一運動Newsletter VISION2020」の第126号(4月30日号)を発行しました。

今回は、以下の内容を取り上げています。(☟クリック)

1. 全国一斉に「第1次120日特別路程連合出征式」
2. 徳野会長が栃木、山梨、岩手、西北東京を巡回
3. 李、堀両副会長が吹田家庭教会、名城家庭教会で礼拝
4. 「第59回 真の父母の日」記念礼拝を挙行
5. 壮年が「地域化」に主体的に取り組み躍動―西北東京・池袋家庭教会
6. 各地のニュース
各地で書写大会を開催
神戸家庭教会が「ハッピー講演会」開催
福島家庭教会が「野外礼拝」
鹿児島・霧島家庭教会で被災地支援イベント

“ニュースレター第126号PDF版” 

週刊ブリーフィング (2018年 3月 31日)

1.特集
-心情文化の先駆者、文孝進

2. 世界ニュース
-真の家庭 (深天開放苑 忠孝開門主 文孝進様聖和10周年・聖和真の子女様追慕礼拝)
-神氏族メシヤ活動 (カンボジア:神氏族メシヤ祝福式/ ドミニカ共和国:氏族的メシヤ祝福式/ リベリア:神氏族メシヤ祝福式/ 神韓国:1・2・3地区、孝情新食口歓迎祝祭・聖地巡礼/ 神韓国:3地区、2018天運相続孝情清平役事 特別復興集会/ 神日本:4地区、新居浜・四国中央 書写大会)
-平和運動 (コンゴ民主共和国:国際女性の日記念 絶対性教育/ ウルグアイ:国際女性の日記念表彰式/ カナダ、ベナン:国際女性の日記念式)
-青年活動 (マレーシア:世界平和青年学生連合指導者カンファレンス/ 神韓国:YSP、ピースデザイナーキャンプ・青年Talkバンカー/ 韓国:青少年純潔運動本部、MeToo運動セミナー/ ザンビア:青年宣教師特別修練会)
-主要ニュース (神韓国:1800家庭 祝福第43周年記念 第38回定期総会/ ボリビア:中心指導者の投獄の困難乗り越え、教会成長/ 韓国:鮮鶴韓国語学校新入生募集)

1.特集
-心情文化の先駆者、文孝進

天地人真の父母様招請指導者特別朝餐会
天一国6年天暦1月15日(陽2018.03.02)天正宮博物館
お父様が霊界に行かれたため、今や、霊肉界を中心として四位基台は全て造成されました。

真の父母様御聖誕及び基元節5周年記念行事祝勝会
天一国6年 天暦1月14日 (陽2018.3.1)天正宮博物館2階チャペル室
父母様を中心として四位基台はすでに造成されたことを、知っていますね? 情心苑に行けばあるでしょう

アジアトップガン特別集会のみ言
2015年10月9日, 天正宮博物館宴会室
真の子女の中で、孝進お兄さん、興進お兄さんは父母様の前で、真の孝子たちでした。忠臣の道理を果たした息子たちです。常に共にする心で皆さんが第一線において生活するならば、霊肉が皆さんに大きな役事と力になることができるこの源泉です。

統一家の永遠なる兄!
孝進様は、心情文化のリーダーとして、私たちと共に、永遠に生きておられます。

真のご家庭の長男として誕生され、不変の孝の心情で、真の孝子の道を開拓された孝進様。
父母様と食口たちの愛を一身に受けながらも、一方では、世の過酷な誤解と、迫害を耐え忍びながら、成長されました。
1984年、最愛の弟君である興進様が聖和され、お父様までもが、無実の罪で、ダンベリーの苦難に遭われたことは、孝進様の人生を、大きく変えてしまうほどの、とてつもない事件でした。
身をえぐるような極寒の冬、ベルベディアの聖地で、40日間の至極精誠を捧げ、清平の2世修練会において、指導をされながら、天のみ旨を悟り、父母様の心情を体恤されました。

お父様を代身して、み言を伝え、世界カープ会長として就任されてからは、統一運動と青年伝道の、先頭に立たれました。この時に入教した多くの大学生たちが、今日の統一家の指導者として活躍しています。

孝進様のみ言
自らの個性を把握し、この真理を万民に、最大限迅速かつ正確に伝達することのできる職業を、皆さんが選択して、皆さん自身を育成させなさい。いかなる場においても、お父様を不信しない私・・・。
私の最高の目標はそれです。

動機も、過程も、結果も、すべてが、真の父母様のためのものになることを願われた孝進様!

早くから、文化コンテンツが、世の中を変化させ得ることを予見され、マルチメディアを通した、大衆教育と心情文化世界の創建を、天命とされ、全てを投入されました。
1986年、マンハッタン・スタジオを設立され、1988年から10年間、天のみ旨と心情が込められた、17個のアルバムを発表されました。2002年には、一日に20曲から100曲に至るまで…。1万曲を作曲され、演奏、録音をされる、身を打つような日々を過ごされました。
ギターを弾く指が麻痺しようとも、日常の休息と楽しみを忘れ、神様を中心とした理想世界を、自らの汗と努力で開拓しようとされた、その精誠…。原理を「人生の文化」にしようとされた、孝情のモデルを立てて下さいました。

孝進様の忠孝の精神と、心情文化創建のみ旨が、今日、この地に孝情の文化として蘇っています。
聖歌と創作音楽、ミュージカルなどを通して、希望に満ちた天一国の理想を歌い、真の父母様の顕現を宣布し、新しい孝情文化が花開いています。

心霊に響く孝進様の懇切なる叫び。分裂と対立の冷たい障壁を崩した、み旨に対する情熱と涙!
孝情文化の先駆者、孝進様の孝情の心情を相続し、本然の文化で、心と心を一つにつなぐ、真の孝子・孝女となります。

2.世界ニュース

■真の家庭
– 深天開放苑 忠孝開門主 文孝進様聖和10周年・聖和真の子女様追慕礼拝
天一国6年天暦2月10日(陽3.26)天宙清平修錬苑 情心苑

深天開放苑 忠孝開門主、文孝進様聖和10周年・および・聖和真の子女様追慕礼拝が、天宙清平修錬苑・情心苑(じょうしんえん)で行われ、真の家庭をはじめとする、HJ天苑の公職者と中心食口・約千名が参加しました。

文姸娥様は回顧談を通じて、真の子女様を霊界に送るたびに、まず何よりも、天の心情を思われながら、天の父母様の前に、孝子、孝女の基準を立てられた、真の父母様の心情を伝えました。

文姸娥 世界平和女性連合世界会長
本当にその瞬間に天の前に最後まで孝の道理を尽くし、孝情の基準を立ててくださった真の父母様の心情を、私たちが共にもう一度感じることができるきっかけとなり、2020年まで一つなって進んで行くことができる私たちの姿となることをもう一度願います。

柳慶錫 統一財団副理事長
孝進様は愛そのものでした。それゆえ真の父母様に侍る全ての統一家・祝福家庭、指導者たちと、2世圏・3世圏の祝福子女たちが、真の父母様に従っていくこと自体も重要ですが、愛を持って、父母に対することができる心を持つことを、我々に切に求めておられたことを思い返すようになります。

柳慶錫副理事長の回顧談に続き、真の家庭の3世のお孫様たちは、追慕の心情を歌で伝え、李基誠会長の追慕の辞と祝祷を通して、参加者たちの心情が一つとなりました。

李基誠 神韓国家庭連合会長
私たちも父母様の真の孝子・孝女となり、いつか、深天開放苑 忠孝開門主の前に立った時、ありがとうと、褒められ得る私たちとなれるようにしてください。そのような新しい覚悟と決断と決意で、出発する場となり、2018年には過去数十年間になし得なかったことを、私たちの目前になして差し上げることができる、私たちとなれるよう許諾してください。

この日、追慕礼拝に参加した食口たちは、真の父母様に侍り、孝進様を中心とした確固たる長子権を立て、神氏族・神国家のみ旨を成していく、孝子・孝女となることを誓い合いました。

■神氏族メシヤ活動

– カンボジア:神氏族メシヤ祝福式
天一国6年天暦2月8~9日(陽3.25〜26)

カンボジアでは、神氏族メシヤ祝福式が二日間にわたって盛大に行われました。
カンボジア農林開発部長官など、「アジア指導者カンファレンス」を通じて伝道されたVIPが主役になって、神氏族メシヤ活動を展開してきた中、450組と440組の祝福式が両日にわたって奉献されました。
原理教育と祝福教育を経て、祝福の恵みを受けた参加者たちは、40日聖別期間を出発し、継続的な教育とホームグループ活動に積極的に参加することを希望しました。

– ドミニカ共和国:氏族的メシヤ祝福式
天一国6年天暦2月1日(陽3.17)

中南米圏域ドミニカ共和国でも、「平和大使組織委員会」の主導により、超宗教平和祝福式が行われました。
副州知事、副市長、総長などの主要指導者と、市民約200人が参加した中、35組が祝福家庭として出発しました。

– リベリア:神氏族メシヤ祝福式
天一国6年天暦2月1日(陽3.17)

神アフリカ圏域のリベリアでは、キリスト教牧師を通じた、信徒たちの原理教育と祝福式が行われ、周辺教会の牧師と信徒たちの復帰が拡散しています。

– 韓国:1・2・3地区、孝情新食口歓迎祝祭・聖地巡礼
天一国6年天暦2月1〜2/6〜9日(陽17〜18/22〜16)首都圏、麗水、HJ天苑

神韓国家庭連合では、新食口教育のための、「孝情新食口歓迎祝祭・および・聖地巡礼」が続いています。
神韓国家庭連合の第1、第2、第3地区は、それぞれ青坡洞(ちゃんぱどん)前本部教会をはじめとする、首都圏の主要聖地と、麗水、HJ天苑・聖地巡礼を行い、真の父母様の息遣いを感じる、恵みの時間を過ごしました。

– 韓国:3地区、2018天運相続孝情清平役事 特別復興集会
天一国6年天暦2月9日(陽3.25)鮮文大学校

また、3地区では、孝情清平役事・特別復興集会が行われ、重生の恩賜で一つになった約2500名の食口たちは、
実体聖霊の役事の中で、神氏族メシヤの使命を成し遂げ、神韓国の復帰を果たすことを熱く決意しました。

– 日本:4地区、新居浜・四国中央 書写大会
天一国6年天暦2月5日(陽3.21)新居浜市市民文化センター

神日本家庭連合では、「自叙伝書写大会」が、新食口伝道の窓口となっている中、第4地区愛媛県で、1200人の自叙伝書写大会が行われました。
「私を憎む者までもひたむきに愛そう」と題しての、浅川講師の講演に続き、劇団愛絆(あいはん)による、書写と難民支援をテーマに構成された演劇を通して、深い感動の涙を流した参加者たちは、心情文化と真の愛の深さを体験し、継続的な参加を希望しました。

■平和運動

– コンゴ民主共和国:国際女性の日記念 絶対性教育
天一国6年天暦1月14日(陽3.1)

コンゴ民主共和国では、政府との共同主催で、「女性の日記念 絶対性教育」が行われ、500人の指導者と市民、
青少年が参加しました。女性家族部と法務長官など、政府の指導者たちのスピーチと祝祷に続き、真の父母様のビジョンと業績、絶対性講義を聴講した参加者たちは、真の父母と真の愛の価値に深い感動を表しました。

– ウルグアイ:国際女性の日記念表彰式
天一国6年天暦1月29日(陽3.16)

この他にも、ウルグアイ女性連合は、良い社会づくりに貢献した、12人の個人と17の団体を表彰することにより、活動の連携を強化し、

– カナダ、ベナン:国際女性の日記念式
天一国6年天暦2月8/1月27日(陽3.24/14)

カナダとベナンの女性連合は、女性の日の意味を振り返り、真の愛を実践してきた女性指導者を発掘して、平和大使任命式を行いました。

■青年活動

– マレーシア:世界平和青年学生連合指導者カンファレンス
天一国6年天暦1月23日(陽3.10)プトラ大学

マレーシア世界平和青年学生連合は、マレーシアの有名大学であるプトラ大学で、青年学生連合指導者カンファレンスを開催しました。この日、場内には、13校の大学から、三千余名の大学生が参加し、特に、マレーシア大統領夫人の参加は、この日の行事を、より意義深いものとしました。
カンファレンスを通じて、真の父母様の業績とビジョンを中心とした、青年学生の責任と心情文化の価値について知った参加者たちは、世界平和青年学生連合の世界大学ネットワークと共に、様々な実践活動を継続することを希望しました。

– 韓国:YSP、ピースデザイナーキャンプ・青年Talkバンカー
HJ純水苑、鮮文学校、全北学舎、天福宮教会

神韓国・世界平和青年学生連合は、み言の社会的実践活動を展開する「ピースデザイナー」の育成のために、
「ピースデザイナーキャンプ」と「青年トークバンカー」プログラムを、全国の学舎と教会で展開しています。
討論とキャンプを通じて、み言と社会問題を連動させる、様々なプロジェクトを企画した青年学生たちは、5つの地区を中心とした、上半期(かみはんき)の活動戦略を共有することにより、青年学生運動のモデルをつくっていくことを決意しました。

– 韓国:青少年純潔運動本部、MeToo運動セミナー
天一国6年天暦2月1日(陽3.18)鮮文大学校

性暴力とセクハラの深刻さを告発する、MeToo運動が世界的に広がっている中、韓国青少年純潔運動本部は、「MeToo運動セミナー」を開催しました。MeToo運動の現状解釈の観点に対する発表を聴講した80人の青年学生と指導者たちは、今日の性価値観を振り返り、健康な性文化拡散に対する知恵を集めました。

– ザンビア:青年宣教師特別修練会
天一国6年天暦1月28日〜2月1日(陽3.15〜17)

ザンビアでは、青年宣教師41人が、ザンビア全域に派遣され、地域復帰活動を展開している中、青年宣教師摂理教育のための特別修練会が行われました。修練会を通じて、神アフリカ摂理のビジョンを共有し、地域社会の復帰戦略を樹立した青年宣教師たちは、ザンビアの復帰に向け、希望を持って現場に向かいました。

■主要ニュース

– 神韓国:1800家庭 祝福第43周年記念 第38回定期総会
天一国6年天暦2月8日(陽3.24)天福宮教会

1800家庭 祝福43周年記念総会が、天福宮(ちょんぼっくん)教会で行われました。
「神霊と真理で真の父母様と一つになろう」というテーマで、開かれたこの日の定期総会では、祝福記念式と共に、
古希を迎えた食口たちに対する祝賀の宴が設けられ、感謝と喜びがあふれました。
李基誠会長は、この日、み言を通して、実体聖霊が働かれるこの時代に、1800家庭が、国家の復帰の勝利に向かって、積極的に先駆けることを呼びかけ、参加者たちは、天の期待と願いに応えて行こうと、決意を固めました。

– ボリビア:中心指導者の投獄の困難乗り越え、教会成長

中南米圏域のボリビアでは、さがわ・せいいちろう国家メシヤと、ネリー協会長をはじめ、中心指導者4人が、無実の罪で起訴され、法廷攻防を続けてきた中、2年間の拘束収監生活を最後に、無罪判決を宣告されました。
指導者たちは劣悪な獄中生活の中でも、六度の獄苦を真の愛で勝利された、真の父母様の心情を自ら体恤し、釈放のために精誠を捧げ、心情を一つにしたボリビア食口たちは、6つの教会を開拓し、食口在籍数2.4倍化を実現し、
世界平和国会議員連合を中心に、国会議員二名を伝道して、国会や上院議員70余名を連結するなど、大きな成長を遂げました。

– 韓国:鮮鶴韓国語学校新入生募集

鮮鶴韓国語学校が国際祝福子女の新入生を募集します。
真の父母様が、1982年に設立されて以来、34カ国1500余名の海外祝福子女 修了生を輩出した、鮮鶴(そなく)韓国語学校は、円母平愛財団と連携して、海外の祝福子女たちの韓国留学をサポートしており、摂理の本郷である韓国のHJ天苑で、韓国語教育をはじめ、聖地巡礼と、韓国文化体験教育を進めています。進学を控えた学生の父兄の皆様の、多くの関心をお願い致します。

資格要件
1. 12〜15歳の祝福家庭2,3世
2. 2018年9月基準、小学6年生以上の卒業者
3.精神的・肉体的に健康で、明確な動機を持つ者
4.英語の疎通が可能な者

プログラム
1.期間:2018年8月〜2019年6月
2.カリキュラム:韓国語会話、リーディング、ライティング、文法/韓国文化/英語、数学、社会科/原理教育/月1回聖地巡礼/
清平大役事など、真の父母が主催する行事に参加

ニュースレター「日本統一運動Newsletter VISION2020」の第124号(3月31日号)

ニュースレター「日本統一運動Newsletter VISION2020」の第124号(3月31日号)を発行しました。

今回は、以下の内容を取り上げています。(👇クリック)

1. 二世圏祝福推進のための「全国責任者ネット会議」開催
2. 信仰二世の祝福推進、第5地区の取り組み
3. 第5地区と群馬教区で出発決断式
4. 東日本大震災から7年、UPeaceの取り組み
5. 研修会で分派問題の深刻さを共有
6. 「2018 新任牧会者研修会」を開催
7. 各地のニュース
沖縄で「希望の家庭講演会」
熊本教区でファミリーフェスティバル
「東東京教区父母会コンファレンス」を開催
南福岡教区で「書写春祭り2018」
西北東京教区が「500名書写大会」
愛媛・新居浜で1200名大会
「ピュアラブマーチ2018西大阪」を開催

 

“ニュースレター第124号PDF版”