Monthly Archives: June 2016

愛の勉強部屋 子供が好きな異性の話をしてきた時

~本郷人-2016-06号より 子供が好きな異性の話をしてきた時 タサラン家庭相談所所長 劉貞順 子供がお母さんに好きな異性の話をしたということは、すでにお母さんとの関係性がいい子供です。 「ああ、そうなの。あなたが少し心が惹かれる人ができたのね。そんな話をお母さんを信じて、お母さんにしてくれてありがとう。でもお母さんはその話を聞いた瞬間、ドキッとして少し心配にもなって、あなたと話してみないといけないと思ったわ」。このようにいうのは大丈夫です。 ところが、「それはダメよ。あなたは祝福を受けないといけないのに。二世でしょう。どうしようというのよ!」といったらどうですか? その次から子供は絶対に話をしません。心を閉ざしてしまいます。そうしたら、その後、彼氏、彼女と何をしているのかを知るすべがありません。なぜなら、その時からお母さんと距離を置き、話もせず、どんな報告もしなくなるからです。 子供が初めてそのような感情を感じた時、お母さんは受け入れてあげて、「充分にあり得ることよ。あなたが正常に成長して健康な子供だから、当然、誰か異性に好感を持つようになって、それと共に愛というものを学んでいくのよ。それは悪いことでも間違ったことでもおかしなことでもないのよ」と、まず肯定して、共感して、その次に愛について話してあげて、そしてその次にどうしてお母さんが祝福を受けたのかについて、順序をもって話さないといけません。 初めから何の根拠もなく、「あなたは祝福を受けないといけない」といったらどうですか?「はい、祝福を受けます」と子供たちがいうでしょうか?「もういい、お母さんとは話が通じない」といって話自体をしなくなります。 ですから、子供たちがどんなことをいっても驚かないでください。ショックを受けて理性を失わないでください。「ああ、あなたは最近そんなことを思うようになったのね」といって、そのまま認めてあげなさいということです。そこに自分の立場で判断したり、よい、悪い、いい、いけない、というのは後での問題です。 無条件、「お母さんに話してくれてありがとう。あなたが最近何を悩んでいるか、理解できるから本当にありがとう」と、まず、共感です。その後に、「でもお母さんがありがたい心もあるけど、少し心配にもなるから、あなたと深い話をしようと思ったわ」といえば、子供が、「何の話?」と聞いてくるでしょう。「愛についての話」。初めから、「祝福についての話」といえば、子供たちは、「お母さん、今忙しい」といって聞かずに出ていってしまいます。 「愛についての話」。何の愛ですか?「お母さんの愛についての話」です。それには子供たちも好奇心が湧きます。 実際、お母さんが昔、人を好きになったことがあり得るでしょう。そんな話をしながら、それでもお母さんがどうして祝福を選んだかといいながら、祝福を選ぶ理由とその価値について、少しずつ話してあげるのです。(つづく)

訓読の恩恵と訓読に臨む心構え-「祝福家庭」2015-秋季号より

~「祝福家庭」2015年秋季号、天一国経典を訓読しよう、座談会より引用(全文はメンバーページに掲載されています)-3 訓読の恩恵と訓読に臨む心構え M:         それでは、訓読の恩恵について伺っていきます。 O:        訓 読の恩恵を考えるとき、マルチン・ルターの「主体と客体の変革をもって読む」という聖書釈義を想起します。聖書を読む際、最初は自分が主体になって読み始 めるのですが、深く読んでいくうちに聖書のほうから「あなたは何者か?」と問われると言います。そこで「自分は罪びとである」といった気づきを得、悔い改 めが始まるというのです。 私は、『真の父母経』を毎日訓読していく中、こういった大きな恩恵を受けました。どういうことかといいますと。私 は「父母様はどういう路程を歩まれたのか?」と関心をもって『真の父母経』を開くわけです。最初は自分が主体になって『真の父母経』を読み始めるのです が、次第にその時々、その場その場のお父様の生き方に出会うのです。 「こういう生き方をしてこられたのか」「神の前に完全なマイナスとなり、神と一心一体となって歩んでおられるんだな」「限界を超え、そして我々を愛しておられるし、我々を許しておられるんだ」と分かってきました。 そして、「このような父母様が、我々の親なんだ。我々を本当に救うために、ここまで開拓して歩んでこられたのか」「本当に完全投入のご生涯だった」という大きな恩恵を頂いたのです。 S:          ある教会の証ですが、「訓読心身浄化精誠」といつて、訓読を通して、自分の汚れを反省し、悔い改め、そして目的を決めて己を磨いていくという実践を続けています。 それができるようになってくると、家族関係がもっと良くなり、さらに家庭同士で交流する際も、良い授受作用ができるようになっているといいます。 T:        先に真の父母様という実体があります。その父母様が背後にある神の心情をかき抱いて実践なさり、そしてみ言を語ってくださいました。 み言訓読を通して、私たちは神の心情に出会うことができるんです。それによって、私たちはみ旨を果たし、さらに真の愛の実体を目指して実践していく力もまた与えられるということです。 M:         お父様が霊界に行かれた今、お父様にお会いすることのない一世や二世たちにとって、この三大経典、特に『真の父母経』は父母様と出会い、父母様を理解するうえですごく重要になってきます。 O:        『真の父母経』一冊で真の父母様の生涯と業績を一望できるわけです。今回、共に『真の父母経』日本語版の編纂に携わったメンバーが話していました。 「『真の父母経』を訓読して、『お父様のみ言を美しい宝石として一つにつなぐ』というお母様のみ言の意味が分かった」と。 S:          真のお母様のみ言があります。 「真のお父様のみ言や、全ての行跡は、原石と同じです。宝石です。私は、その宝石を最高に価値があるものにし、常に間近で愛せるよう、持ち歩きたいのです」(天一国経典『天聖経』十二・四・三・20) 「お父様の業績は、堕落した人類の前に宝石のような真理の『真のみ言』を下さったことです。このみ言が散り散りにならないで美しい宝石になり、天一国経典『天聖経』という本の中に一列に繋がれていることを思うとき、あまりにもうれしく、感謝です」(2013年6月10日) 訓読会から受ける恩恵はたくさんあるのですが、 一つは、真理の探究における出会いです。「悟った」「分かった」という率直な感動です。それから、お父様の生き様を目の当たりにしたところから来る感動…。いずれにしても反復する中に、悟り、つかみ取っていく世界です。 「読書百遍意自ずから通ず」と言われるように、訓読をしていく中でだんだん開かれてきます。 「お父様の生涯の日記だよ」と言われる『原理講論』は、神様から発せられた真理ですから、ある意味、哲学的、形而上学的で分かりにくい部分があります。しかし、繰り返し読んでいくうちに、「ああ、ここではこういうことを言わんとしているな」と分かってくるわけです。 M:         一日何時間とか、何回訓読するといったやり方で恩恵を受けたという証もありますね。訓読の恩恵を受けるようになる、何か心構えといったものがあるのでしょうか? S:          そのときどきの霊的背景や成長の段階で異なってきます。み言に集中できないときは忍耐して読む必要もありますし。先ほど申し上げた「読書百遍…」のよう に、訓読し続ける中で開かれる世界があります。大切なことは、み言の背後にある神様、真の父母様の心情と出会うこと、訓読を通して我々がみ言の実体となっ ていくということなんです。 T:        私の場合、「行」や「条件」で訓読していた時期があり ました。しかし、訓読しながら成長して個性完成をなし、さらに家庭完成、つまり幸せな家庭を目指すには、自分自身が神の心情と出会わなければなりません。 ですから訓読も、そこに流れる神の心情を感じたいという思いで行っています。 恩恵を引き出す効果的な訓読のやり方 M:         どのようにしたら訓読会が恩恵深い、効果的なものになるのか、具体的な内容を伺っていきたいと思います。 O:        訓読会においては、一人で訓読するのもいいですが、やっぱり「導き手」が非常に重要だと思います 例えば、内村鑑三は、聖書研究会を開いて聖書の言葉を解き明かすことによって、多くの人の魂を揺さぶり、後世に大きな影響を与えました。 「み 言」は、あらゆる問題を解決する真理です。お父様は、その「み言」に対し、「原理の本を中心として勉強しなければなりません」(天一国経典『天聖経』二・ 五・五・24)と語っておられます。私たちもみ言を訓読する場合は、『原理講論』をベースにして、理解を深めていく必要があります。 その日の訓読のみ言のポィントは何かを尋ねつつ、『原理講論』をベースに、「このみ言によって、こういう問題が解決される。こういう未来が開かれる」「こういう素晴らしい家庭になる」など、参加者の心に訴え、啓蒙していけるような工夫が必要です。 訓読会に参加する人たちに感動を与えられるよう、導き手は特にお祈りをして、よく準備をしたほうがいいでしょう。 S:         … Read More »

み言に侍る真の父母様の姿勢、真の父母様の生きた証『真の父母経』-「祝福家庭」2015-秋季号より

~「祝福家庭」2015年秋季号、天一国経典を訓読しよう、座談会より引用(全文はメンバーページに掲載されています)-2 み言に侍る真の父母様の姿勢 M:         3つの天一国経典がそろい、いよいよ本格的に基元節の伝統を培っていく時代に入りました。 天の伝統の中心が訓読生活だと思いますが、訓読会について、具体的な内容を伺っていきます。まず、訓読会の目的と意義について伺います。 S:          「訓読」という言葉自体、真の父母様から提示されました。それまでは「拝読する」「学ぶ」などと表現していたのです。「訓読」というと、まず浮かぶのが訓 読会を生命視される真の父母様のお姿です。どんなにお疲れでも、どんなに遅くお休みになっても、あるいは病床にあられた時でさえ、訓読会を欠かされたこと はありません。一心にみ言に耳を傾けていらっしゃいました。 み言を発信したのは、ほかでもない父母様ご自身です。そのみ言の基である父母様が、み言の前に絶対対象の立場に立っておられるのです。父母様が身をもって示してくださったこの「み言に聞く」という姿勢が、私たちにとっても非常に重要です。 M:         み言を絶対的中心として、み言に尋ね、み言に聞く、み言に返るということですね。 ただ訓読会というと、時間を決めて、ある時間にあるみ言を条件的に読む、というのが訓読会だとイメージしている人が多いのではないでしょうか。 S:          大事なことは、訓読しているみ言が言わんとしているメッセージ、み言の本質を見いだすことです。そして、その日、あるいは一週間、ひと月、ひいては一生涯を懸けて追い求め、私たちがそのみ言の実体になっていくことです。 T:        訓読の「訓」はみ言の川と書きます。私は、訓読とは自分の心の中に神様の愛が流れる川を作る作業ではないかと感じています。 私たちの心の中にはいろいろなごみが溜まっています。そのごみを洗い流すための川や堤防を作るのが訓読であり、そのごみをざーっと洗い流してくれるのが訓読の恩恵ではないかと。 神の愛がいつも流れるように、訓読を定着させていくのが訓読生活です。訓読によって、神主義の原点が築かれるんだと思うのです。 M:         訓読によって、み言を実体化させ、神主義の原点をつくり、私たちがみ言の実体になっていくということですね。 真の父母様の生きた証『真の父母経』 M:         O副院長は、『真の父母経』日本語版の編纂で訓読を重ねられたと思いますが、その中で感じられたことはありますか。 O:        読み合わせをする中で、真の父母様の歩みや心情に触れさせていただきました。涙で訓読を続けられないこともしばしばありました。 M:         例えばどういう箇所ですか。 O:        たくさんあるのですが、特に涙したのは、ダンベリーのところでした。 お父様が冤罪によってアメリカのダンベリー刑務所に収監されたのです。普通の人なら落ち込むところでしょう。ところが、お父様は「ダンベリーで神の愛を感じた」とおっしゃるわけです。 刑務所ですから、朝起きる時間から掃除や食事、仕事、寝る時間まで管理されています。睡眠時間もだいたい8時間取るようになっていました。その時間も、お父様は訓読や祈祷をされるなど、天の前に精誠を尽くしておられたのですが。 お父様は、神のみ旨を携えて、長年、不眠不休で人類の救いのため、神の解放のために歩んでこられました。その間、お父様の睡眠時間は、毎日1、2時間あるかないかという状態だったようです。 そのお父様が、ダンベリーの生活はむしろ恵みだったと神様に感謝していらっしゃいました。「こうやって、神様は私に休む時間を与えてくれた」「刑務所に送り込んででも、自分を安らかにさせようとしてくださる神の愛を感じた」と。 このような表現に出会ったとき、我慢しきれなくて嗚咽してしまいました。 S:          『真の父母経』には真の父母様の自叙伝に通ずる世界があるかもしれません。父母様の生きた証といいますか、実際に父母様が体験し、呼吸し、あるいはぶつかってこられた世界が克明に記録されているわけですから。 それ自体が、我々が目指すべき世界ですね。自分自身もそういう道を行かなければいけないという、極めて具体的な教えとなって私たちの霊人体の中に入ってくるのです。 (つづく)

真のお母様の偉業、三大天一国経典の編纂-座談会-「祝福家庭」2015-秋季号より

~「祝福家庭」2015年秋季号、天一国経典を訓読しよう、座談会より引用(全文はメンバーページに掲載されています)-1 真のお母様の偉業、三大天一国経典の編纂 M:         まず、3冊の天一国経典が発刊された経緯について伺います。 S:          天一国経典は真のお母様のご指導のもと、編纂されたものです。最初にお母様が指示を出されたのが『真の父母経』ですね。 M:         『真の父母経』が最初ですか。O・教会成長研究院副院長は、『真の父母経』日本語版の発刊に直接携わってこられましたね。 O:        はい。お母様が『真の父母経』の編纂を願われたのが、お父様が入院していらした時でした。それを受けて、2012年8月23日に金榮輝先生を委員長とする編纂委員会が発足したのです。 S:          編纂のご指示は、最初に『真の父母経』、それから聖和後、天一国経典『天聖経』と『平和経』の順ですね。実際に奉呈されたのは、2013年の基元節に韓国語版の天一国経典『天聖経』と『平和経』、2015年の基元節2周年に『真の父母経』です。 M:         基本的なことですが、3冊のそれぞれの意義と特徴についてはどうでしょうか。 O:        当時、八大教材教本『天聖経』が発刊されていたのですが、実のところ、この本には「神様王権即位式」(2001年1月13日)からお父様のご聖和(2012年天暦7月17日)までの期間に語られたみ言がほとんど収録されていなかったのです。 S:          「天地人真の父母定着実体み言宣布天宙大会」のみ言も入っていませんでした。お父様が「生涯全体の結実として宣布したみ言だ」と何度もおっしゃっていたのですが。 O:        ええ。そこで、真のお母様のご指導により、それらのみ言を含めた天一国経典『天聖経』が編纂されることになったのです。 また、お父様は生涯において何百回もの講演をしていらっしゃいますが、それらも未整理のままの状態でした。『平和経』には、178篇の講演文が収録されています。 T:        講演文は、真のお父様が全人類に向かって、真の父母として、万王の王として、公式的に宣布されたみ言ですね。 O:        本当にそうです。『平和経』は極めて重要な、読みごたえのある一冊です。 S:          『真の父母経』には、メシヤであられる真の父母様の生涯路程、そして、そのご業績が体系的にまとめられています。 これら3冊の天一国経典が編纂されたことは、真のお母様にしかできない、偉大な実績だと言えます。 『真の父母経』は三大経典の中心 M:         三大天一国経典の編纂は、み言を未来永劫、正しく伝えていくために、必要不可欠なことだったわけですね。その3冊の中で最も中心になるのは、どれでしょうか。 S:        3冊それぞれに目的がありますが、やはりこの度発刊された『真の父母経』となるでしょう。 み言の結実であり、その実体である父母様ご自身を証していますから。 『天聖経』は、祝福家庭や食口たちが携えて、日々の生活の中でしっかり学んでいくべき基本的な内容ですし、『平和経』は、世界に展開する統一運動における父母様のメッセージの集大成ですね。 O:        『真の父母経』は、人類ばかりでなく天の父母様(神様)までもが、最も読むことを願っておられる本です。神様と人類の最大の関心は、真の父母様の生涯路程とその業績にあるからです。 なぜなら、キリスト教の中心は、どんなに偉大な教皇や神学者が現れたとしても、イエス様であり続けました。ましてや、真の父母様は人類始祖の立場に立たれたお方です。未来永劫、人類の中心存在は、真の父母様しかおられません。 文鮮明・真のお父様、韓鶴子・真のお母様について知ろうと思う人は誰でも、『真の父母経』を学ぶことになります。 T:         私も早く読みたいとずっと待っていましたから、この度の『真の父母経』の奉呈を本当に嬉しく思っています。 S:          『天聖経』や『平和経』を訓読しながら目指していくのは、私たちがみ言の実体となるということですからね。その「み言の実体」が真の父母様でいらっしゃいます。 その意味で、真の父母様の生涯路程を記した『真の父母経』は、自ずと三大天一国経典の中心になりますし、それがゴールであると捉えています。 T:        今のお話を聞いて、『天聖経』と『平和経』のみ言を、具体的に生きた人物の歩みを証したのが『真の父母経』であることを改めて感じました。み言だけではなく、生きた実体がそこにあるんですね。 ユダヤ教、キリスト教、そして統一教会と、神の復帰歴史を担ってきた立場ですが、キリスト教には、イエス様の歩みは、公的生涯以外は詳細な記録はありません。そういう意味でも、『真の父母経』のもつ意義は非常に大きいですね。 (つづく)

週刊ブリーフィング:2016-06-25

日本語 1. 真の父母様の動静 – 天地人真の父母様の勝利帰国歓迎集会 2. 世界ニュース – 神氏族メシヤ活動 (日本:第21回夏の大讃美・原理大復興会 / コートジボワール:神氏族メシヤ21日特別精誠 / ザンビア:族長を中心とした神氏族メシヤ活動 ) – 平和運動 ( 韓国:国民連合・UPF、統一準備中央委員発足1周年記念式挙行 / ケニア女性連合、国際アフリカ子供の日記念活動 / ドイツ:アンゴラ文化交流行事 ) – 青年活動 (フィリピン:国際平和指導者大学 1年宣教プログラム出発修練会 / ネパール:第136回21日修了式および純潔教育 / ペルー:青年平和大使活動 / アルバニア:3日修練会およびキャンプ / インドネシア、7日、21日、青年指導者修練会 / コスタリカ:2世韓国語教室および原理講座新設 ) – 主要ニュース (日本: 第5回首都圏合同讃美礼拝開催 / 中東大陸:四大聖物伝達式 / タイ:2日祝福対象者セミナー )

「真の父母経」よりCBG-B3-C3-S5:6~11-日本開拓伝道

6     日本とお父様は、一対一で見れば怨讐です。日本統治下で、たくさんの拷問を受けました。しかし、神様は怨讐を打てとは命令されません。怨讐に着る物がなく、食べる物がなければ、「その人のために施しなさい」と言われるのです。ですから、お父様は、日本に崔奉春を宣教師として送りました。日本全体が反対し、韓国自体が反対することを知っていました。しかし、お父様は、数十年後にはそれが韓国のためになり、日本のためになることを知っていました。両国の国民が手を合わせて感謝する日が必ず来ることを知っていたので、いかなることがあっても日本に宣教師を送ったのです。 統一教会に対する弾圧が絶頂にある時、日本宣教師の派遣を決定しました。一人の人手も惜しいその時に、涙をこらえて日本に人を送ることには、誰も知り得ない苦悩があったのです。死を覚悟して成し遂げた業績は、日本の歴史上において消し去ることができない事実です。 今になって韓国は、お父様に対して感謝しています。神様は日本を愛しています。お父様も、日本の歴史上、誰よりも日本を愛しました。日本人以上に日本を愛するのです。神様が愛する日本であれば、日本人以上の心情で日本を愛さなければなりません。 7     日本は私にとって怨讐ですが、私が日本をどの国よりも愛することによって、今後、アジアで神様のみ旨を展開できる相対的基準になり得るのです。そのようにしなければ、主体国の前に、相対的国家を探し出すことはできません。日本には歴史的にそのような使命があるので、誰よりも愛する心をもち、日本を救うために借金しながら宣教師を送ったのです。それは、日本のためでした。 8     私たちが日本の宣教事業を開拓した時が一九五八年です。その時は自由党の政権下にあり、韓国と日本の国交正常化に激しく反対していた頃でした。そのような状況で、大韓民国が生き残るためには、どのようにしなければならないのでしょうか。 北朝鮮は、金日成主席を中心としてソ連と中国が後援する立場にあることは間違いないので、この難局を解決する一つの突破口を開くためには、日本を通していかなければならないと考えました。ですから、日本に宣教師を派遣して活動させたのです。その当時は日韓の間に外交関係がなかったので、大韓民国の統治下にある一国民として、日本に宣教師を派遣することは困難な時代でした。 9     私たちのみ旨が世界的なみ旨ならば、隣国の日本にもみ旨を展開すべき責任があり、世界の各国にもみ旨を展開すべき責任があります。ですから、私たちは受難の道を経ながらも世界に宣教師たちを送らなければなりません。世界的な責任を果たすにおいても、食べて余ったり、使って余ったりするからするのではありません。厳しい中でするのです。私たちが日本を開拓する時もそうでした。当時、借金をして宣教師を日本に送りました。なぜなら、日本を誰よりも愛したという条件を立てなければならないことを知っていたからです 宣教師を送り出す時、「あなたは滅びたとしても、日本を救わなければならない」と言いながら送りました。「死んでも行かなければならない」とせき立てたのが、ついきのうのことのようです。足もとに火がついて、自分の生活も厳しいのに、借金をしてそのようなことをするので、理解ができないというのです。このように、み旨の道は、良い時に平坦な歩みをするのではありません。 10    お父様は、日本に出発する宣教師に、「あなたが無事に到着するまで、眠らずにあなたのために祈り、あなたのために精誠を尽くすつもりだ。死んでも任務を果たすまでは戻ってきてはいけない」と言いました。 彼は、釜山を通って日本に着くなり捕まって、広島の吉浦拘置所に拘留されました。その後、いくつかの収容所を転々とさせられ、韓国に送還される身となりました。しかし、お父様から切符をもらい、命を懸けて行った男として、たとえ死ぬようなことがあったとしても、帰ることはできません。送還のために下関に向かう途中、列車から飛び降りようとしたのですが、速度が速く、トンネルも多かったので、それはできませんでした。そうして下関に着いて、送還されるのを待つだけという状況になりました。送還されればすべてが崩れてしまうのです。ですから、知恵を絞って、断食をしました。 一週間、十日間と断食をするので、熱病のようなものにかかって、医者から心臓病と診断されたのです。そうして治療するために病院に入院しているときに、逃げ出してしまいました。その後、伝道をして、日本統一教会の勇士たちをつくり上げたのです。 11    お父様は、日本に宣教師を送りました。天運は、人間がつくった制度と法を超越したところから訪れるのです。私は天運を知っているので、そこに備えようとするため、常に死が交錯し、苦痛が交錯し、迫害が交錯するところを歩んできました。人が望むままにしていれば、何の迫害があるでしょうか。そのようなときは相いれません。遮る時には遮るのです。ですから、統一教会員たちは、このような道を行くのです。 (CBG-B3-C3-S5:6~11)

真の父母経より:CBG-B3-C3-S4: 11~13-韓国での開拓伝道

11    韓国で開拓地に行って伝道した当時は、一日働いた稼ぎで一日暮らすのが大変でした。一日働いた稼ぎで、一食食べて暮らすのが大変な時だったのです。若い人たちが道を歩きながら、足がもつれることがいくらでもありました。伝道師たちがある町に開拓に行ったのですが、食べる物がないとき、その町で働こうとすれば、町にうわさが立って迫害がひどくなりかねないので、仕方なく十里以上離れた所に行って働いた人たちがたくさんいます。 伝道師たちが本部からお金を持っていって伝道したのではなく、そのような事情の中で開拓伝道をしたのです。それでも、絶対に食口たちに自分の事情を話しませんでした。ですから、食口たちは分かりません。六ヵ月たち、一年たってからそれを知っては、痛哭するのです。そうして、指導者に弁当を持ってきて食べさせてあげる運動が起きました。ですから、その御飯を食べなければならない指導者の心はどれほど悲惨でしょうか。また、弁当をくれたその学生が、学校に行って昼食を抜くことを考えざるを得ないのです。このような中で、互いにそれを克服しながら、「私たちは死んでもみ旨を成し遂げよう」と言って、心情的な連帯感に浸っていたのです。


Fatal error: Call to undefined function twentytwelve_content_nav() in /home/koda5c35/public_html/wp-content/themes/iconic-one/archive.php on line 52