より大きい公的なものの前に立つときは、謙遜でなければなりません

善なる行いをするためには、血と汗を流しながら精誡を尽くし、温柔謙遜で、兄弟に対する友愛をもち、地を愛さなけへればなりません。誰が反対しても、善をもって向き合うようにすれば、一〇〇パーセント、屈服するようになります。ですから、驕慢になってはいけません。まず与える人が主体です。

12    善なる行いをするためには、血と汗を流しながら精誡を尽くし、温柔謙遜で、兄弟に対する友愛をもち、地を愛さなけへればなりません。誰が反対しても、善をもって向き合うようにすれば、一〇〇パーセント、屈服するようになります。ですから、驕慢になってはいけません。まず与える人が主体です。お父様はすべてのことに対して、アベル的な責任を果たしてきました。これが私の生活哲学です。

より大きい公的なものの前に立つときは、謙遜でなければなりません。思想的な面で、お父様は霊界でも闘い、地上でも闘いました。商業的な面から見ても、精誠を尽くした面が大きくなければなりません。工場の基盤を備えるときまで努力しなければなりません。私たちがいまだ、そのように努力すべき部分が残っているので、天のみ前に「お金を稼がせてください」とは祈らないのです。

(「真の父母経」第十篇、第一章、第三節より)(1967/03/04)