天一国安着と私たちの永遠の伝統 Vol.2


~本郷人2017-02より抜粋~

天一国安着と私たちの永遠の伝統

Vol.2

詳細はメンバーサイトに掲載してあります。

「私が『3年待ちなさい』といいました」

・・・・誰よりも胸を痛められたのは他でもないお母様ご自身であり、お母様はお二人に対して、「3年待つように」と語られました。それはその後、家庭連合を中心にお母様が成される、天一国実体化のための3年侍墓精誠の摂理をご覧になって、再び母のもとに帰ってくることを誰よりも願われたからでした。お母様は以下のように語られています。

「信じた人が脱線したり、放棄する位置に立つ時、天の父母様の心がどうだったか、想像できるでしょう?私も同じです。私がこの子に『3年を待ちなさい』といいました。『静かにしていなさい』といいました。その言葉は成長しなさいという話です。責任を果たし得る位置に行くことを願いました。息子として、また人間として、侍る方に対するその態度は、そのように出てはいけないのに、一言で口を開いてああだこうだいう資格がありません。私が生きているので幸いです。私がいない後に起こり得ることを、天が皆、整理してくださるのです。…万が一、ああだこうだいいながら『少し助けてあげよう』という人がいれば、そこで摇らいではいけません。助けてあげないことが助けてあげることです」(2015.7.23)

・・・・・・・

「私が母親であるために赦し得るかぎり、すべて赦します。しかし、水位を超えれば駄目です。なぜですか?後代のためにです」(2015.3.18)

・・・・・

2.米国サンクチュアリ教会の主張と動向

・・・・・・・同じ日に「天一国市民権利章典」を発表されました。その文章は、1791年に出された米国の権利章典とまったく同じ内容で、文中の「合衆国」を「天一国合衆国」と変えられただけでした。

特にその10項目の中の第2項目が「人民が武器を携帯する権利を侵してはならない」という、米国の銃所有の権利を保障した、いわゆる「修正第二条」であるわけですが、これについては國進ニムが、「神の国では政府は銃を持たず、神の子女が銃を持つ。天一国の王が我々に銃を持つ権利を与えてくださった」と解説されています。

かつて、カインとアベルの勝利の形について、お父様は以下のように語られていました。

「蕩減復帰原理の立場から、神様がアベルの祭物だけを受けられるようになったその時、アベルが謙虚な心で、兄であるカインに対していなければなりませんでした。ところが、反対にアベルは驕慢な心をもつようになったので、サタンはそれを条件として侵犯し、カインに血気を起こすようにさせ、理性を失うようにして、弟のアベルを殺害するように役事したのです」(2002.4.4)

「公式が何かといえばこれです。アベルが愛の心を持ってカインを自然屈服させなければなりません。強制屈服は駄目なのです」(1986.1.1)

ところが國進ニムは、韓国にいらっしゃった時から以下のように語られていました。

「講義をする時、大部分の講師たちは『アベルがもう少し謙遜になっていれば、たぶん殺されなかっただろう』とこのように教えるのです。本当にそうでしょうか。アベルが本当に謙遜になれなくて死んだのですか?アベルが謙遜であったとしても、カインはたぶんアベルを殺したのではないでしょうか?考えてみてください。カインはなぜアベルを殺したのですか。答えは簡単です。殺すことができたから殺したのです。アベルは弱くカインは強かったので、カインはアベルを殺したのです。もしアベルが銃を持っていたら、アベルは果たして死んだでしょうか?…私たちが数千年間の人類歴史の苦痛の歴史を経験したのは、結局、アベルが銃を持っていなかったからなのです」(2012.1.25)

この言葉の真偽は別にして、なぜ、このような考え方をされるのかということを考えた時に、私たちはそれが米国文化である、ということを考えざるを得ません。これはまさに米国の銃規制反対者の論理であるからです。・・・・