週刊ブリーフィング (2017年 7月1日)

1. 真の父母様の動静
– ビジョン2020勝利のためのヨーロッパ・東北大陸 天一国指導者特別総会

2. 世界ニュース
– 神氏族メシヤ活動 (韓国:江原教区、2017天地人真の父母天宙祝福式 / ベナン:西アフリカ指導者神氏族メシヤセミナー)
– 平和運動(韓国:南北統一運動国民連合、統一安保トークコンサート / イスラエル:世界平和国会議員連合創設式 / コンゴ民主共和国:世界平和国会議員連合カンファレンス / ブルキナファソ:「平和、安全保障、持続可能な平和カンファレンス」 / ベナン:平和大使会議および任命式 / コートジボワール:世界平和女性連合カンファレンスおよび25周年記念式)
– 青年活動 (パラグアイ:統一武道人格教育修練会 / コスタリカ:純潔運動本部出帆式)
– 主要ニュース (2017希望大韓民国、対国民和合統一市郡区前進大会 / 日本:岡山合同天運相続5000名礼拝 / 韓国:2017統一思想学術大会)

1.真の父母様の動静
– ビジョン2020勝利のためのヨーロッパ・東北大陸 天一国指導者特別総会
天一国5年天暦5月3~6日(陽6.26~29) HJ天苑
摂理の祖国・韓国を皮切りに、日本とアメリカ、アジアとアフリカ、中南米の天一国指導者特別総会に続き、ビジョン2020勝利のためのヨーロッパ・東北大陸天一国指導者特別総会が、真の父母様の精誠の中、HJ天苑で恩恵の中行われました。
大塚克己東北大陸会長の司会で始まった開会式は、66名の指導者が参加する中、アン・ジュンソク ヨーロッパ総使の報告祈祷で、全体の心がひとつとなりました。
鄭元周総裁秘書室長は、夜通し現場のために精誠をささげられる真の父母様の懇切な心情を伝え、趙誠一世界本部長は真の父母様を正しく知り、その心情を相続し、4年路程を勝利として奉献する指導者となるよう強調しました。
ジャック・コリー ヨーロッパ大陸会長と、大塚克己 東北大陸会長は、各大陸の宣教現場報告と戦略を発表し、各国家で活動している指導者たちと共に4年路程を勝利することを誓いました。
毎朝、情心苑祈祷と、訓読を通して、悔い改めと心情一体の時間を持ち出発した指導者たちは、4日間の特別総会を通して、各国家の現況報告と宣教戦略発表を行いました。UPFや女性連合等、機関と部署の報告が続き、ヨーロッパと東北大陸の摂理現場を真の父母様に報告しました。
また、尹鍈鎬(ユン・ヨンホ)事務総長は真の父母様の最近の摂理に対する、特別報告を通して、宣教の現況と戦略を共有し、4年路程の勝利を決意しました。
すべての日程を主管された真の父母様は出征式の前に、特別なみ言を語られ、宣教の第一線で苦労している指導者たちに、激励のみ言を語られました。
神様の夢、人類の願いを叶えることのできる中心に立たれた方は、独り子、独り娘、真の父母です!聖句にこのようなみ言がありますね?「新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ(マタイによる福音書9章17節)」と。皆さんが今まで考え、計画していることが、真の父母様と同一でなければ変えなければなりません。
停滞した水は腐ってしまうのです。流れていかなければなりません。私はとても深刻です。真の父母です。皆さんの家にお父さんとお母さんがいる時、皆さんのことをより思い、尽くしてくれる人は、お父さんですか、お母さんですか?
今日の現状を見て、宗教的に考えなくとも人類はこのように考えています。「男性によって作られた世界には限界が来た」、「女性が立ち上がらなければならない。女性、母が中心とならなければならない。」そうして「すべての面から治癒、改善、開発、方法を見つけなければならない!」これは私が言った言葉ではなく、有名な学者が言った言葉です。
摂理において、ヨーロッパが家庭連合を発展させていく上で、忠臣の役割を果たしました。しかし老いてしまいました。芽が出なければなりません。生命があるということを見せてあげなければなりません。私たちは統一教会である前に、真の父母教です。真の父母!
万民は父母を通さずして、理想世界には行くことができません。再び生まれるようにしてあげるのです。生まれ変わるのです。過去2千年間のキリスト教歴史は、聖霊によって生まれ変わりました。ですが、聖霊は実体ではありません。実体の真の父母によって生まれ変わることのできる皆さんとなったのに、どうしてその立場に行けないのですか?
過去に皆さんがしていた方法ではいけません。特に真の父母様が地上におられる間、地上が重要です。そのため私がこの5年間、夜も眠れず走ってきたのです。地上が重要なので・・・。
皆さんが生きる道は、父母様と一つとなり、国家の復帰をすることです。そのためには氏族メシヤの責任を果たさなければなりません。骨深くから滲み出る悔い改めの涙を流さなければなりません。私一個人は単に個人ではなく、天が6千年間待ち望んできた私であるはずなのに、「私がこの程度しか出来ていなくて、本当に申し訳ありません。」、「これからは本当に気を引き締めて一つの方向に向かって行きます。」今まで皆さんが率直な(姿で)会議をしましたが、それに対する意見を私が聞きます。聞いて、心から皆さんが願うならば、その方向に私がバックアップします。私は、お父様が聖和された後に、「教会は24時間明かりが消えてはいけない」と言いました。それは準備された人がいるということです。準備された人を、義を重んじる人を探して・・・そのためには昼夜がありますか?昼夜を超越して、皆さんが精誠を捧げながら探さなければなりません。(天が)育ててきた人がいます。同じ神様の下、人類一家族となるべき国々であり、人々です。真の父母である私は皆さんを信じたいです。 
4日間、真の父母様の直接主管の下で、情熱と信念を持ち、ビジョン2020勝利のための4年路程を出発した、ヨーロッパと東北大陸の指導者たちは、真の父母様の心情と一つとなって進んでいけば、成せないことはないことを確信し、現場へと力強く出発しました。
2.世界ニュース
■神氏族メシヤ活動
– 韓国:江原教区、2017天地人真の父母天宙祝福式
天一国5年天暦閏5月1日(陽6.24)江陵家庭教会
韓国江原(かんうぉん)教区では、2017天地人真の父母天宙祝福式が江陵(かんぬん)家庭教会大聖堂で恵み深く行われました。チョ・ギュジョ江原教区長の司会で進行された祝福式を通して、天の血統に生まれ変わった祝福家庭は、真の夫婦となることを誓い、真の家庭と真の愛の価値を拡散させていくことを決意しました。
– ベナン:西アフリカ指導者神氏族メシヤセミナー
天一国5年天暦5月14〜17日(陽6.8〜11)
ベナンでは、西アフリカ18カ国67人の指導者たちが集まり、神氏族メシヤセミナーを行いました。
指導者たちは、各国家別に神氏族メシヤ活動を報告し、成功事例を共有することにより、ビジョン2020勝利の足場を固め、90日特別活動を決意し、現場へ出発しました。
■ 平和運動
– 韓国:南北統一運動国民連合、統一安保トークコンサート
天一国5年天暦5月21日(陽6.15)江原道華川文化芸術会館
南北統一運動国民連合は創立30周年を記念して「脱北女性たちと共にする統一安保トークコンサート」を開催しました。この日の会場には、江原地域の平和大使たちと華川(ファチョン)郡民など500余名が参席し、チェ・ムンスン華川郡主は、国民連合に感謝の意を伝え、江原道支部は感謝牌を伝達しました。その後、韓国の放送局「チャンネルA」の番組「今会いに行きます」の出演陣が登場し、「私と南北統一」をテーマにトークコンサートを行い、北朝鮮の実状と脱北者(だっぽくしゃ)の韓国に定着するまでの苦労を理解する意味深い時間になりました。
– イスラエル:世界平和国会議員連合創設式
天一国5年天暦5月27日(陽6.21)
イスラエルでは、世界平和国会議員連合創設式がイスラエル国会で開催されました。イスラエルの国会議員12人と国内外の指導者120人が参加しました。創設式は副国会議長の歓迎の辞を皮切りに、世界平和国会議員連合のビジョンを共有し、平和構築のための役割を模索する議論の場が持たれ、イスラエルとパレスチナ間の平和を実現するための方策を議論する貴重な時間になりました。
– コンゴ民主共和国:世界平和国会議員連合カンファレンス
天一国5年天暦5月23日(陽6.17)
今年1月、世界平和国会議員連合の国家単位創設式が行われたコンゴ民主共和国では、現職国会議員の要請で、世界平和国会議員連合カンファレンスが開催されました。この日の会議には、現職国会議員100人をはじめとする指導者200余名が参加し、IAPPの価値とビジョンに感銘を受けた67人の国会議員が、平和大使に任命されました。一方、この日の日程はメディアを通じて報道され、国民と共にIAPPのビジョンを共有する重要な場となりました。
– ブルキナファソ:「平和、安全保障、持続可能な平和カンファレンス」
天一国5年天暦5月23日(陽6.17)
ブルキナファソでは、「平和、安全保障、持続可能な平和」をテーマに会議を開催しました。
部族長、国家機関長、宗教指導者など約500人が参加する中、すべての社会階層で神氏族メシヤの活動を出発するために、真の父母様のビジョンとみ言を伝え、60人のVIPを平和大使として任命しました。
– ベナン:平和大使会議および任命式
天一国5年天暦5月18日(陽6.12)沿岸州
ベナンUPFは平和大使会議を開催しました。特にこの日の会議では、国民からの信頼が厚いモデスト・トブラ 沿岸州(えんがんしゅう)知事の平和大使任命式が行われ、100人の州政府公職者たちが参加し、真の父母のビジョンを共有しました。モデスト・トブラ 沿岸州知事は、神様を中心とした平和と霊的な価値について発表し、全体日程が国営放送を通じて報道されました。
– コートジボワール:世界平和女性連合カンファレンスおよび25周年記念式
天一国5年天暦5月24日(陽6.18)
コートジボワールでは、現職長官と国外議員など指導者300余名が参加する中、世界平和女性連合カンファレンスおよび25周年記念式が開催されました。指導者たちは、「平和は概念ではなく、実践」であることを共有し、平和のためのネットワーク活動に積極的に参加することを決意しました。
■青年活動
– パラグアイ:統一武道人格教育修練会
天一国5年天暦5月17日(陽6.11)
パラグアイ武道連合は統一武道人格教育を行いました。この日の修練会では原理を中心とした人格教育を土台に「いじめの予防と治療」のための教育が行われ、ために生きる真の愛の文化を広める青年学生となるよう促しました。
– コスタリカ:純潔運動本部出帆式
天一国5年天暦5月24日(陽6.18)コスタリカ協会
コスタリカでは、純潔運動本部出帆式が行われました。指導者たちは、神氏族メシヤ活動の環境創造と青年学生の性倫理に対する意識を高めるために純潔運動本部を出帆させ、大々的な純潔運動を通して青年学生伝道を拡大していくことを互いに誓い合いました。
■主要ニュース
– 2017希望大韓民国、対国民和合統一市郡区前進大会
韓国では希望大韓民国!和合統一市・郡・区前進大会が、全国の愛国市民と地域の指導者たちが参加する中、各地で開かれています。市郡区前進大会は、真の父母様の愛と精誠により、5大圏域別の前進大会の勝利圏を相続して、統一時代に備える210万対国民意識教育の場として行われています。愛国市民と市郡区の指導者たちは、内外の危機克服のための対国民和合統一宣言を採択し、韓半島の平和統一と世界平和の実現に向けて積極的に同参することを決意しました。
– 日本:岡山合同天運相続5000名礼拝
天一国5年天暦閏5月2日(陽6.25)
日本家庭連合では、「世界平和祈願 幸せを呼ぶ自叙伝心の書写 2017岡山合同天運相続5000名礼拝」が大盛況の中で行われました。全国で教区として初めての5千名礼拝であり、当日は、19人の議員を含む多数の来賓とゲストも参加し、会場はたくさんの人々でいっぱいとなりました。
徳野会長は「幸せの土台は家庭であり、家族の絆を深めるのが愛です。」と、人生の意味と価値を伝え、また、書写を通して、家族の絆、社会の平和を強く感じるようになったという学生の証しが感動を伝えました。
さらに、書写の実践を通して真の父母様のみ言を心に刻み、感動的な文化公演を通して和合の時間を共に過ごした参加者たちは、平和と幸福が家庭と社会を越え、全国に溢れることを祈願しつつ、ビジョン2020の勝利を決意しました。
– 韓国:2017統一思想学術大会
天一国5年天暦5月21日(陽6.15)鮮文大学校
2017統一思想学術大会が「社会統合の原理と統一思想」というテーマで開かれました。この日の学術大会には、鮮文大学の教授と学生、各界の研究者など約120名の聴衆が参加しました。チン・ソンベ孝情学術苑苑長は、「混乱したこの時に、真の父母様の統一思想の観点から社会統合の原理を議論することは、時宜(じぎ)にかなうものであり、意味が大きい」と伝えました。2017年夏季統一思想学術大会では、神学、哲学、政治学などの多くの学者たちが集まり、韓国社会が直面している分裂と葛藤を解決し、統合するために、実践的次元で多くの関心を集めました。