週刊ブリーフィング:2017-07-22

1. 真の父母様の動静
– アメリカ和合統一前進大会および孝情文化祭
– 文善進世界会長 孝情ワークショップ特別講義
– UPF国連セミナーおよび女性連合講演
2. 金起勳世界平和家庭連合アメリカ会長インタビュー
3. 世界ニュース
– 神氏族メシヤ活動 (コンゴ民主共和国:神氏族メシヤ祝福式 / ブルキナファソ:平和会議および祝福式)
– 平和運動(タイ:アジア指導者カンファレンス)
– 青年活動 (韓国YSP、第1次ピースデザイナーPDワークショップ / 日本:CARP、2017政策立案コンテスト)

1.真の父母様の動静
ビジョン2020勝利に向かって前進している希望4年!
天一国の環境を創造するための真の父母様の精誠は今日も休みなく続いています。太平洋文明圏摂理時代の中心であり、父母国家である韓国と日本の強固な勝利の基盤を備えてくださった真の父母様は、アメリカと世界のために第一歩を踏み出されました。
歴史的なマディソン・スクエア・ガーデン大会の知らせに、世界食口の精誠が集まり、大会の勝利のための特別活動を展開してきたアメリカの食口たちは、猛暑と悪天候にもかかわらず、大会前日まで勝利のための精誠の礎を築きました。
– アメリカ和合統一前進大会および孝情文化祭
天一国5年天暦閏5月22日(陽7.15)マディソンスクエアガーデン
天一国5年天暦閏月5月22日、アメリカ、ニューヨークの中心、マディソンスクエアガーデン!
アメリカ和合統一前進大会と孝情文化祭が2万人の歓声と共に開幕しました。この日、マディソンスクエアガーデンには、アメリカの政治指導者などの要人(ようじん)をはじめ、キリスト教とユダヤ教、仏教、イスラム教など超宗教指導者と信徒、43カ国の祝福家庭の食口、市民約2万人が場内を埋め尽くしました。
司会を務めたジョージ・スターリングス大司教とマイケル・バルコムアメリカ協会長は、場内の雰囲気をより一層高め、グラミー賞受賞者ヘゼキア・ウォーカー(Hezekiah Walker)牧師のリードで、70の教会から集まった2千人の超宗教連合聖歌隊の合唱が熱く繰り広げられました。
天上のハーモニーが皆の心を優しく開き、アメリカ・トランプ政府の福音主義諮問委員長であるポーラ・ホワイト牧師は、「今この場に集まった人々は、全世界を代表する人々であり、今、私たちには何らの障壁もない」と叫びながら開会祈祷を捧げました。
金起勳世界平和家庭連合アメリカ会長は歓迎の辞で、「241年前に建てられた神の国、アメリカが天の祝福を受けたことを忘れてはならない」と述べ、アメリカ家庭と社会の痛みを癒す天のメッセージを伝えるために、真の父母様が来られたことを強調しました。
続く連合聖歌隊の荘厳で聖なるメロディーは、真の父母様の登壇前に、会場内を美しく聖別しました。
神様イエス教会センターのT.L.バレット牧師夫婦の紹介で登壇された真の父母様は、再びアメリカと世界のための希望のメッセージを伝えられました。
尊敬する内外の貴賓、平和大使、学界、政界の指導者、ACLC聖職者の皆様!家庭連合の祝福家庭食口の皆さん!未来の指導者として成長している青年連合の学生の皆さん!私はきょう、祝福をうけたアメリカの責任について話そうと思います。
 
天は「また来る」とおっしゃられた再臨のメシヤの基盤を準備する祝福した国としてアメリカを立てられました。建国から200年という短い期間に世界の強大国となりました。天の祝福があったがゆえに可能でした。イエス様は「また来る」と言われました。霊的にのみ来られては、人類の真の父母となることができません。肉身をまとって来られなければならないのです。
 
再び来て「小羊の婚宴」をするというので、キリスト教文化圏内から独り娘が誕生しなければなりません。天はこの独り娘の誕生のための準備を始められます。アジアに韓民族を選ばれました。キリスト教基盤を中心として、1943年に独り娘を誕生させました。天はこれ以上待つことのできない世界の問題を解決するためには、真の父母の顕現が必要でした。そうして1960年に真の父母が誕生しました。しかし、キリスト教圏が(真の父母の)基盤となることができませんでした。底から這い上がってこなければなりませんでした。
 
これまで家庭連合は世界120カ国以上に祝福家庭を誕生させました。堕落した人類として、神様の前に帰って行くことはできません。人間のうちで勝利した真の父母によって生まれ変わらなければならないということです。それが家庭連合で行う祝福です。この祝福家庭たちがこの国に満ち溢れ、世界に満ち溢れる時、その時、まさに神様の夢、人類の願い、真の父母様の願い、人類一家族の夢が実現されるのです。その日は遠くありません。摂理の中心である韓国と日本と、真の父母様によってアメリカを長子国家として祝福しました。
 
この三カ国が一つとなり、孝情の心情文化革命を基盤とし、アジア太平洋文明圏時代を開き、五大洋六大州に祝福家庭たちの足取りが、青年連合の若者たちが、世界の前に灯火、光となる時、世界74億人類がその光に向かって一つに集うことの出来るそのような環境を作っていかなければなりません。真正なる自由・平等・平和・統一・幸福な世界は遠くにあるのではありません。きょうここに集まった皆さんが真の父母と一つとなり、ために生きる真の愛を、皆さんの周辺で、氏族で、教会で、国で実践する時、一つの世界は必ずや私たちの手で作ることができます。この場に集まった皆さん!私と一つとなり、世界の灯火となり、暗き世の中を照らし神様の懐に導く皆さんとなることを願います。神様が祝福されたこのアメリカが、まちがいなく「God Bless America!」その本質を忘れず、皆さんが勇気百倍で世の中の光となることを祝願いたします。
アメリカと世界を代表する2万人の参加者たちは、天の祝福の価値を悟らせて下さった真の父母様のみ言に熱い歓声と拍手で応えました。
イヴェット・クラーク米連邦下院議員は、真の父母様のみ言を喜んで受け入れ、真の父母様のビジョンを中心に、今まさに平和のために立ち上がる時であるとしながら、「全体の決意を集めよう」と呼びかけ、ダン・バートン元米連邦下院議員は最近、ワシントンDCで進行された、世界平和国会議員連合の議員たちの活動のニュースを伝え、「平和を強く主張すること」を呼びかけました。
続く孝情文化祭!アップルヘブンと2世約700名が繰り広げた国際ダンスチーム、4度のグラミー賞に輝いたヨランダ・アダムスの公演は場内を決意と復興のエネルギーで満たしました。
恩恵溢れる賛美により、マディソン・スクエア・ガーデン全体に歓喜があふれ、アメリカと世界を代表する超宗教信徒と、43カ国の市民が共に臨んだ祝祭の場を通して、神様の下の人類一家族の夢が描き出され、神聖に奉献されました。
2.真の家庭およびアメリカ主要行事
– 文善進世界会長 孝情ワークショップ特別講義
天一国5年天暦閏5月21日(陽7.14)
和合統一前進大会と孝情文化祝祭を中心に新たな復興期を迎えたアメリカでは、ビジョン2020勝利を牽引する様々な活動が展開されました。
文善進世界平和家庭連合世界会長は、アメリカの青年のための孝情ワークショップ瞑想特別講義を開催しました。
訓読瞑想で孝情の心情を共有した、文善進世界会長は、質疑応答と心情共有を通して真の信仰者の姿勢を指導してくださり、青年学生たちはこの日の特別講義を通じて天地人真の父母様が願われる真の子女となることを誓いました。
– UPF国連セミナーおよび女性連合講演
天一国5年天暦閏5月21日/22日(陽7.14/15)
和合統一前進大会の勝利圏を拡散するUPFと世界平和女性連合の活動も続きました。UPFは国連で韓国、日本、アメリカの国会議員と大使など政府の指導者120人と共に、「世界の危機状況の克服と平和実現」のためのセミナーを開催し、世界平和女性連合は「私の中の平和」をテーマにした講演会を開催し、地域社会の市民に深い省察と悟りの時間を提供しました。
3. 金起勳世界平和家庭連合アメリカ会長インタビュー
アメリカの食口の皆さん!私たちはやり遂げました。私たちは去る土曜日7月15日、天の父母様を中心に真の父母様を中心にマディソンスクエアガーデンの行事を勝利的に成し遂げました。これは国家的・世界的な行事であるのみならず、宇宙的・天宙的な、神様を中心とした霊的な覚醒でした。
多くの国際指導者たちが真の父母様を中心に、その日の大会に参加し、指導者たちは、「ああ、アメリカとアメリカの教会は本当に真の父母様を中心として一つとなっているのだな!アメリカはやり遂げたのだ!」という内外の支持を送ってくれました。次世代のために、新しいアメリカのために大きな基盤が立てられたことに感謝いたします。
 
私たちは天の父母様と真の父母様を中心に動いていけば全てのことが可能です。また、145カ国の国際食口の皆さんにも感謝いたします。韓国からも35日祈祷精誠を捧げたといいます。この行事は、アメリカの大会に留まらず、世界の全ての祝福家庭の大会でした。多くの国からもPeaceTVの生中継のモニターを通して視聴し、とても素晴らしかったと伝えました。全てが真の父母様!再臨主メシヤを迎えるための完璧な精誠でした。全世界の食口の皆様に心より感謝を申し上げます。
4.世界ニュース
■神氏族メシヤ活動
– コンゴ民主共和国:神氏族メシヤ祝福式
特別戦略国家コンゴ民主共和国では、神氏族メシヤ活動がグループ単位で活発に展開されている中、NGOパームツリーチームをはじめとするエサンガ、リボグループなど計9つの地域の祝福式で800組が祝福を受けました。
パームツリーチームはエンゲバ地域の族長連合会長と事務総長を祝福に導き、地域の族長50人の教育が実現されるなど、天の役事の中で神氏族メシヤ活動が熱く続いています。
– ブルキナファソ:平和会議および祝福式
天一国5年天暦5月14日(陽7.7)ボボ・ディウラッソ
ブルキナファソでは、「家庭は愛の学校」というテーマで、平和会議および祝福式が開催されました。
この日の会議にはアフリカ5カ国から500人の族長と指導者が参加し、祝福式の恩恵ある日程が国営放送を通じて全国に報道されました。ブルキナファソ食口は祝福式後の夫婦講座と原理修練会を通じて新食口家庭の正食口化教育を進めており、平和会議と祝福式を13圏域で展開していく予定です。
■平和運動
– タイ:アジア指導者カンファレンス
天一国5年天暦5月14〜17日(陽7.7〜10)
タイでは、アジア指導者カンファレンスが開催され、国会議員と、元長官、大学総長、放送局PDなど、アジア5カ国の指導者約50名が一堂に会しました。特に今回のカンファレンスでは、マーダブ・クマール ネパール元首相が出席し、「政府と国会議員、社会の役割」をテーマに特別講義を行い、エクナット・ダカール議員が世界平和国会議員連合のビジョンを伝え、指導者に大きな感動を伝えました。4日間行われた会議を通じて、真の父母様の平和ビジョンと真の家庭の価値を受け入れた指導者たちは、祝福式を通じて、新たな人生を出発し、平和大使の使命を果たすことを決意しました。
■青年活動
– 韓国YSP、第1次ピースデザイナーPDワークショップ
天一国5年天暦閏5月15〜16日(陽7.8〜9)鉄原
韓国世界平和青年学生連合はピースデザイナーPDワークショップを行いました。
今回初のPDのワークショップは、「希望大韓民国和合統一青年学生大会」で出発したピースデザイナー養成を目的に、社会活動のための能力強化トレーニングが重点的に行われました。イ・ヨンヒョンYSP(世界平和青年学生連合)韓国会長は「固定観念や限界を超えて、自分だけの考えや夢を描くピースデザイナーになることを願う。」という言葉を伝え、参加者たちは、戦略的思考の特別講義と夢の発表、鉄原(チョルォン)一帯の安全保障踏査(とうさ)を通じて、朝鮮半島の平和と統一の意味を振り返る意義深い時間を共にしました。
– 日本:CARP、2017政策立案コンテスト
天一国5年天暦5月15日(陽7.8)
日本CARPは、「2017政策立案コンテスト」を開催しました。現代の社会問題を解決するための創造的な政策を立案して発表するこのコンテストには、7つのチームが参加し、教育や医療、文化、福祉などさまざまな分野の斬新な政策を発表しました。日本のCARPは、真の父母様のビジョンと夢を具体化させるこのような活動を通して、共生・共栄・共義社会を作る、天一国の真の指導者になることを決意しました。