週刊ブリーフィング (2017年 10月7日)

1. 真の父母様の動静
– 天地解怨秋夕節本郷苑参拝式及び朝餐会
– 韓国:天地解怨秋夕節坡州原殿参拝式
– 韓国:天地解怨秋夕節記念晩餐会

2. 世界ニュース
– 神氏族メシヤ活動 (インドネシア:新食口祝福修練会)
– 平和運動(オーストリア:世界平和国会議員連合 創設式 / パキスタン:国連 世界平和の日セミナー / ニュージーランド:国連 世界平和の日セミナー)
– 青年活動 (日本:第17回国際協力青年奉仕隊、パラグアイボランティア活動 / パラグアイ:植樹キャンペーン / 韓国:孝情教育•純潔教育 青年講師養成ワークショップ)
– 主要ニュース (天地人真の父母様主管HJ天苑特別集会 / 孝情清平大役事 アジア、ネパール、タイ巡回集会)

1. 動静
– 天地解怨秋夕節本郷苑参拝式及び朝餐会
天一国5年 天暦8月15日(陽10.4)
韓民族の名節である、天地解怨秋夕節の早朝!
真の家庭を中心とした中心指導者たちは共に本郷苑を訪れ、真の父母様と天の父母様に礼を捧げました。天の父母様と真の父母様に献花と祈祷で感謝の礼を捧げた真の家庭と中心指導者達は今年一年を共にしてくださった天の愛の前に感謝を捧げました。
柳慶錫会長報告祈祷
特別に天一国5年の秋の取り入れ、収穫の季節を迎え、特別に秋夕節、天地を中心とした先祖を迎えるこの聖なる時間に、真の父母様の内に深く内在している、孝情の精神を私たちの胸に刻み、相続、伝承していくことのできる、孝子、孝女、忠臣、烈士となることを懇切に願います。
真の父母様とひとつとなり、天一国5年を勝利することを決意した指導者達は、真の父母様をお迎えし朝餐会を共にしました。
指導者達の報告を受けられた真の父母様は、朝餐会の後すぐに会議を主管され、休むことなく摂理を主管されました。
– 韓国:天地解怨秋夕節坡州原殿参拝式
天一国5年 天暦8月15日(陽10.4)
一方、朝餐会後、真の家庭は、坡州原殿に移動し、元老家庭、指導者をはじめ、中心食口約300名が共に参加する中で、坡州原殿参拝式を主管されました。
文善進世界会長御夫妻のろうそく点火で始まったこの日の参拝式は、パク・キルナム韓国副会長が皆の心を集め、報告祈祷を捧げました。
真の家庭の献花と敬礼が続き、全世界の統一家の食口を代表し、参加者が敬礼を捧げました。
柳慶錫会長は記念の辞を通して、天宙聖和5周年と総解怨秋夕節の意味を伝え、使命完遂のためにひとつとなって進む全体となることを強調しました。
坡州原殿参拝式は、摂理のために忠孝の道を歩まれた、真の子女様と先輩家庭の路程を回顧し、新たな出発を決意する和合と団結の場となりました。
– 韓国:天地解怨秋夕節記念晩餐会
天一国5年 天暦8月15日(陽10.4) 天正宮博物館
天地解怨秋夕節参拝のすべての時間を恩恵の中で終え、摂理の中心指導者と青年学生等、約300名が参加する中で、天地解怨秋夕節記念晩餐会が真の父母様をお迎えする中で挙行されました。
李基誠苑長の報告祈祷で始まった記念晩餐会は、鄭元周総裁秘書室長が天地鮮鶴苑起工式および祝勝会のみ言を訓読し、復帰摂理の実を結ぼうとされる真の父母様の深い心情を推し量る時間を共に過ごしました。
宋龍天日本総会長は、純潔なる心で、ビジョン2020勝利を決意する乾杯を先唱し、皆の心をひとつにしました。
真の父母様は恩恵ある秋夕節を記念し、貴いみ言を伝えられました。
 
真の父母様のみ言
皆さん、食事は美味しく召し上がりましたか?力が出ますよね?
その勢いで来年の基元節まで一生懸命駆けていきましょう。
豊かな秋の晩餐後に続いた文化公演の時間!
真の父母様と天の父母様を賛美する、韓国、日本、天正宮本部をはじめとする機関等、9チームが華やいだステージを繰り広げました。
優劣をつけることのできない、素晴らしいステージで、韓国CARPの天一国宣教師が銅賞、韓国教会が銀賞、天正宮本部が金賞を受賞し、名誉の真の父母様賞は日本協会が受賞しました。
晩餐会を終え、ソン・グァンソク韓国UPF会長の億万歳三唱で天一国5年下半期の勝利を決意しました。
その後、真の父母様をお迎えして大きな満月を迎える時間を共に過ごしました。
参加者たちは天正宮博物館の真上に美しく浮かぶ、満月を眺めながら、共に歌い和動する時間を持ちました。
皆が心を一つにし、真の父母様のご健康安泰と祝福家庭の健康と幸福、天一国5年の勝利を祈願する、意義深い時間を、美しい孝情天苑で共に過ごしました。
2. 世界ニュース
■ 神氏族メシヤ活動
– インドネシア:新食口祝福修練会
天一国5年 天暦7月26~27日(陽9.16~17)
インドネシアでは、新食口養成のための祝福修練会が行われました。
新たなみ言で伝道され、40日修練会とアジア指導者修練会、韓国で行われたグローバルトップガン修練会に参加した新食口たちは、真の父母様がくださった最も貴い贈り物が祝福であることを悟り、内外の精誠を尽くし準備することを決意しました。
■ 平和運動
– オーストリア:世界平和国会議員連合 創設式
天一国5年 天暦7月25日(陽9.15) ウィーン国際センター
国連が指定した、世界平和の日を迎え、世界各国ではこの日の意味をこめ記念式が開催されました。オーストリアでは、記念式と共に、世界平和国会議員連合の創設式が開催されました。
国連事務局が位置している、ウィーン国際センターで行われた創設式では、ヨーロッパの4カ国の国会議員とNGO代表をはじめ、約200名の指導者たちが万場をなし、大塚克己ヨーロッパ・ユーラシアUPF会長が創設の辞で、真の父母様のビジョンと平和思想を紹介しました。
その後、「社会問題解決と持続可能な平和世界」のための政界と外交界、宗教界の指導者たちの発表がおこなわれ、オーストリア4党を代表した、国会議員たちの主導による、討論会の時間へと続きました。
この日の日程を通して、平和のための政策と観点、また各分野の知恵を集めた参加者達は、平和ビジョン実現のために力を尽くして働くことを決意しました。
– パキスタン:国連 世界平和の日セミナー
天一国5年 天暦8月2日(陽9.21)
パキスタンでも、世界平和の日を記念したセミナーが開催されました。
セミナーには約200名のVIPと平和大使たちが参加し、平和をテーマに政府指導者とイスラム聖職者、女性指導者たちの発表と討論が続きました。
またこの日の意味を心に刻み、真の父母様の平和ビジョンを共有した参加者達は、皆が共に作る平和世界のために和合と協力の場を拡大していく事を決意しました。
– ニュージーランド:国連 世界平和の日セミナー
天一国5年 天暦8月11日(陽9.30)
ニュージーランドで行われた、世界平和の日記念式では、教育者をはじめとする平和大使達が共に集まり、鮮鶴平和賞の紹介と共に、難民統合と教育問題の実質的な解決法案を論議し、代案を提示する意義深い時間となりました。
■青年活動
 – 日本:第17回国際協力青年奉仕隊、パラグアイボランティア活動
天一国5年天暦6月30日〜7月19日(陽8.21〜9.9)オリンポ市
レダプロジェクトに情熱を注いできた日本南北米福祉開発財団は、青年学生伝道と教育のための「第17回国際協力青年奉仕隊 パラグアイボランティア活動」を行いました。現地の中学、高校と、市庁の協力で行われた環境浄化活動と共に、農作物の収穫や釣りなど、レダ摂理の現場を体験した参加者たちは、真の父母様と草創期の食口の足跡をたどり、未来のリーダーとして成長する貴重な時間を過ごしました。
– パラグアイ:植樹キャンペーン
天一国5年天暦7月19日/ 8月2日(陽9.9 / 21)イタ市
パラグアイの環境保護のため、現地の食口たちの活動も熱く続きました。パラグアイ青年連合はイタ市と共に、三回にわたり植樹キャンペーンを行い、千本の木を植樹し、市長をはじめとする地域社会のリーダーたちの賛辞と歓迎を受けました。地域社会青年約300人が参加した植樹キャンペーンは、真の父母様の生涯とビジョンを証しし、青年学生を連結するための新しい伝道の窓口となっています。
– 韓国:孝情教育•純潔教育 青年講師養成ワークショップ
天一国5年天暦8月3〜5日(陽9.22〜24)鮮文大学校
韓国青少年純潔運動本部は幼児と成和学生の孝情教育と純潔教育のための青年講師養成ワークショップを行いました。ワークショップには、鮮文大学神学純潔学科専攻のサークル「ヘボルム」の所属学生が参加し、孝情および純潔教育の企画から講議案作成と講義演習まで、実践講義のためのカリキュラムが設けられました。全過程を修了した参加者たちは、首都圏の教会で成和子女教育に投入され、30回の無償教育を行う予定であり、韓国青少年純潔運動本部は、継続的な講師養成を通じて教育地域を順次拡大していく予定です。
■主要ニュース
 – 天地人真の父母様主管HJ天苑特別集会
天一国5年天暦8月13日(陽10.2)
天地人真の父母様主管HJ天苑特別集会が、文姸娥HJ世界平和財団理事長をはじめとするHJ純水苑入居機関の公職者と、HJ天苑公職者たちが共に集まる中、開かれました。この日の集会には李現榮(イ・ヒョニョン)世界平和青年学生連合韓国会長の報告祈祷を皮切りに、鄭元周(チョン・ウォンジュ)総裁秘書室長は、天地鮮鶴苑起工式に奉献された真の父母様の祝祷訓読と、侍る生活についてメッセージを伝えました。趙誠一(チョ・ソンイル)世界本部長は、真のお父様天宙聖和5周年と孝情天宙祝福式を奉呈するために苦労した公職者全員に感謝と激励の挨拶を伝え、崔允起(チェ・ユンギ)統一グループ理事長は、HJ天苑が世界文化遺産として定着できるよう聖域として作り上げていこうと伝え、全体の決意を集めました。
続く特別報告でユン・ヨンホ事務総長は、真のお父様天宙聖和5周年と真の父母様の摂理の経綸を伝え、李基誠(イ・ギソン)清平修錬苑苑長は孝情清平特別大役事を中心とした清平摂理を報告し、全体を復興させました。真の父母様を中心とした摂理の結実を共有したHJ天苑の公職者たちは、力強い覚悟と決意で2017年後半期路程を出発しました。
– 孝情清平大役事 アジア、ネパール、タイ巡回集会
現在熱く続いている天宙清平修錬苑の主催による2017アジアツアーが、ネパールとタイでも恵みの中で開催されました。ネパールのカトマンズ・アヌパーム・フードランドで行われたネパールの清平大役事は、500余名の祝福家庭と平和大使たちが共に参加しました。タイのパクチョン修練院で行われたタイの大役事は、神氏族メシヤの活動に連結された政府と社会の指導者をはじめとする祝福家庭約一千人が一堂に集まり、地元2世賛美チームの賛美と共に、役事と先祖祝福式が恩恵の中行われました。これと共に清平摂理の恩賜と孝情天苑プロジェクト、天一国市民の生活のための特別講義が設けられ、真の父母様の摂理を中心に祝福家庭の生活を確立する恩恵深い大役事となりました。天宙清平修錬苑の世界ツアーは、アジアを経て、10月13日から、アフリカ大陸ツアーとして継続されていく予定です。