週刊ブリーフィング (2017年 11月11日)

By | November 13, 2017

週刊ブリーフィング (2017年 11月11日)

1.真の父母様の動静
2017秋季孝情清平特別大役事 / 孝情カフェオープン記念試食会 / 孝情清平特別大役事 文善進世界会長特別講演
天一国の特別世界巡回師、アジア圏域特別巡回勝利帰国 / 天一国特別世界巡回師、アジア巡回勝利報告会

2. 世界ニュース
– 真の家庭 (韓国:文慶裕忠父様第63周期追慕礼拝)
– 神氏族メシヤ活動 (ジンバブエ:神氏族メシヤ祝福式 / ベナン:超宗教平和セミナー)
– 平和運動(カナダ:世界平和国会議員連合創設式 / アルゼンチン:女性連合純潔教育 / 韓国:宗教協議会 2017孝情宗教平和超宗教アメリカ特別セミナー)
– 青年活動 (フィリピン:青年学生原理修練会 / アルバニア:CARP原理修練会 / ブラジル:親子修練会)
– 主要ニュース (天正宮本部、Vision2020の勝利のための宣教戦略苑ワークショップ / 日本:全国2世圏公職者特別集会 / アメリカ:USA鮮鶴歴史編纂苑創設式)

天一国5年天暦923日(陽11.11)週刊ブリーフィング

 1.真の父母様の動静

孝情天苑が美しい秋の紅葉に染まりました。赤く熟した果実は秋の深まりを知らせ、真のお母様は真のお父様と共にリンゴを収穫された秋の思い出を回想されながら、天正宮博物館に美しく熟したリンゴを収穫されました。真の父母様の手で収穫されたリンゴのように、世界宣教現場の各地でも祝福の実が豊かに実り、真の父母様に喜びをお返しする実りの季節となることを祈ります。

2017秋季孝情清平特別大役事

天一国5年天暦91517日(陽暦11.35)天宙清平修錬苑

天地人真の父母様の愛と祝福の中、HJ天苑では「2017秋季孝情清平特別大役事」が開催されました。

真のお父様天宙聖和5周年聖和祝祭の勝利的な基台の上に、霊界の真のお父様と地上の真のお母様の直接主管の恩賜の中行われた大役事は、57カ国から集った約2万7000人の食口たちが満場をなしました。真の父母様は、特別集会のみ言を通して、誇りを持って進む祝福の子女となることを強調され、天のみ旨と希望が共にする幸せな祝福家庭であることを悟らせてくださいました。

 どこから来ましたか。ここはどこですか。 天一国の聖地、首都です。(拍手)  皆さんは天一国の名誉ある市民です。(拍手)  自負心と動機を持って堂々と、皆さんが誰なのかをこの世の中に知らせなければなりません。

神様の夢、人類の願いも、真の父母様の願いも人類一家族です。父母に侍るひとつの兄弟なのです。世界に200あまりの国がありますが、すべて兄弟の国々です。しかし彼らは中心が分かりません。神様が分かりません。真の父母様が分かりません。世の中に多くの宗教がありますが、始まりは「善良で正しく生きよう」ということで始まりました。しかし結論が分かりません。どこが目的地なのか分からないのです。それで私は真の父母としてすべての人類の前に「天の父母様に侍って生きる天一国の民たちが生きる所はこういった姿である。」というように見せてあげようと思い、この天苑団地を開発しているのです。

私たち家庭連合、これからはこれ以上、夕にいてはいけません。名を世にとどろかせなければなりません。

私が真の父母の立場で、子女たちの美しい話をたくさん聞きたいのです。皆さんが苦労した結果が「民族、国を救った」、「天民として入籍させた」、「天一国の市民として、天一国の民として入籍させた。これだけの人々を」と。皆さんは大きく考えれば考えるほど、天苑は勿論のこと、真の父母の直接的な愛の圏内に入って来るのです。

独り娘を誕生させた大母様は一片丹心の心で独り娘、メシヤのために全ての生涯を捧げました。女性としてのすべてのものを放棄したのです。それでお父様は『大母』という称号を下さいました。(拍手) 誰よりも真の父母様の環境圏に生きなければならない祝福家庭たちが健康で、父母様の前に孝子、孝女、忠臣になるように願う切実な思いで、天が許諾されて、この清平を中心として聖霊の役事を始めるようになりました。そのような土台の上に基元節を通じた新しい時代、新しい歴史は実体の真の母、独り娘、実体聖霊の役事でこの清平が動いているのです。

ここに来て皆さんが聖霊の役事を受けて、皆さん自身は勿論のこと、皆さんを中心とした三代圏、過去・現在・未来を、健康な天一国の民として傷と垢のない、そのような姿は「皆さんによって成就することができる」という祝福を受けた立場なのです。

まだ世の中は、皆さんの環境は、堕落圏にあるために、皆さんはしばしばここを訪ねて来て、皆さんの心と体を元気にさせなければいけません。

父母の心はそうなのです。子女たちが幸福でお互いに一つになってよく暮らす姿を愛するのです。私たちがこの国を、世界をそのようにつくっていく祝福家庭の主役になりますか。

私がきょうこのように話したことを振り返りながら、そのように傷と垢のない、祝福家庭としての責任を果たす生涯を送ることを祝願します。

 

孝情カフェオープン記念試食会

天一国5年天暦916日(陽暦11.4)孝情カフェ

1970年原聖殿の礎の上に建てられた孝情カフェ!草創期の清平歴史の精誠が込められている孝情カフェを訪問された真の父母様は、オープン記念試食会の時間を共にされました。母の胸に抱かれたように安息を与える孝情カフェで、試食会と和動の時間を共にされた真の父母様は、食口たちが様々な食べ物を楽しむことができるようマグノリアモールと協力するように命じられ、食口たちが真の父母様の愛を感じることができる安息所となることを祈られました。

孝情清平特別大役事 文善進世界会長特別講演

天一国5年天暦915日(陽暦11.3

これに先立ち、文善進世界会長は、食口たちに特別講演のみ言を伝えられました。

真の父母様と一緒ならどんな試練が来ても、立ち上がって勝利することができる」ことを呼びかけながら、文善進世界会長は、食口たちに温かい慰労と激励のメッセージを伝えました。3日間行われた2017秋季孝情清平特別大役事は、恩恵に満ちた多様な日程が続きました。李基誠苑長は開会のみ言を通して、天地人真の父母様は、地上の人類が侍るべき宿命的父母であることを力説し、大役事を通じて真の父母様の新たな創造と歩調を合わせていく祝福中心家庭になることを呼びかけました。その後、統一運動会と万物の木祈祷会、聖地巡礼などの日程を共にした参加者たちは、霊肉共に生まれ変わる恩恵を通して、天の愛を伝える祝福中心家庭になることを誓いました。

– 天一国特別世界巡回師、アジア圏域特別巡回勝利帰国

天一国5年天暦918(陽11.6

天地人真の父母様の祝福と愛を伝える、福の伝令士として立ててくださった天一国特別世界巡回師!

日本に次ぐアジア大陸特別巡回でも、昼夜なき強行軍を行った巡回師は、過去一ヶ月間にわたって行われた「アジア圏域13カ国特別巡回教育」を無事に終え、勝利帰国しました。

史光基 天一国特別世界巡回師

真の父母様の特命を受け、今回、29日間アジア・パシフィック地域を巡回して来ました。

文平来 天一国特別世界巡回師

死生決断、全力投球の精神で、死んでも任地で死のうという覚悟で一生懸命巡回を終えて帰って来ました。

– 天一国特別世界巡回師、アジア巡回勝利報告会

天一国5年天暦921日(陽11.9)天正宮博物館

真の父母様は、天一国特別世界巡回師の苦労をねぎらわれ、勝利報告会を主管されました。真の父母様は、三時間にわたって行われた天一国特別の世界巡回師の報告を通して、アジア大陸摂理現場の知らせを傾聴され、指針となる貴重なみ言を語られました。

創造主・神様!天の父母様を信じる位置ではいけません。信じるだけではいけません。侍る生活をしなければなりません。真の父母様を通じなくては神様の前に進み出て行くことができません。ですから、真の父母様によって祝福を受け、新たに生まれ変わるために、努力しなければならないのです。皆さんが歳もあり、疲れているでしょうが、これが甲斐のある仕事です。

真の父母様の位相と価値を定立し、HJ天苑を中心とする天一国摂理を伝え、摂理の現場に復興を起こしている天一国特別世界巡回師!世界食口たちを摂理の真の主人として立たせてくださろうとする真の父母様の愛に感謝しながら、喜びで前進する祝福中心家庭となることを祈願します。

2.世界ニュース

 ■真の家庭

– 韓国:文慶裕忠父様第63周忌追慕礼拝

天一国5年天暦915日(陽11.3)忠義愛館

文慶裕(むん・きょんゆ)忠父様 第63周忌追慕礼拝が、真の家庭と元老・親族、中心食口や指導者が参席する中で開催されました。2003年忠母様 35周忌追慕礼拝で、真の父母様の祝祷を通して「忠父(ちゅうふ)」の尊号を受けられた文慶裕忠父様は、愛天・愛人・愛国の精神を自ら実践され、氏族と社会の前に模範となる生涯をおくられました。柳慶錫会長は「忠父様の偉大な人生の伝統を相続しましょう」と追悼の辞を伝え、参加者たちは忠父様の生涯にならい、氏族と国のために生きる祝福中心家庭となることを誓いました。

■神氏族メシヤ活動

 – ジンバブエ:神氏族メシヤ祝福式

天一国5年天暦9810日(陽10.2729

ヨハネス・ウンダンガ大司教 ジンバブエ使徒教会 議会議長

真の父母様の教えを受けて聖書の教えを悟ったので、私は多くの信徒を保有している3千の教会を導いているリーダーとして、世界市民としての責任を果たすことです。

真のお父様天宙聖和5周年期間、真の父母様を証しし宗教団体復帰を宣言したジンバブエ使徒教会の議長、ヨハネス・ウンダンガ大司教が、教団の聖職者夫婦120組をはじめ信徒2千組を復帰する神氏族メシヤ祝福式を開催しました。 この日のためにジンバブエ10州から参加した2千組の夫婦は、感謝と喜びで神聖な祝福に臨み、ウンダンガ大司教はこの日の祝福を皮切りに、10州巡回祝福式を展開し、宗教団体復帰活動に拍車をかける予定です。

一方、ジンバブエ使徒教会、議会の選出議長だったウンダンガ大司教は、祝福祝祭期間に行われた定期議会で終身議長に推戴され、使徒教会の最高指導者として宗教団体を導ことになりました。

– ベナン:超宗教平和セミナー

天一国5年天暦99日(陽10.28

ベナンでは、超宗教聖職者と指導者、伝道のための超宗教平和セミナーが開催されました。市長と市議会議員をはじめとする超宗教指導者たちは、セミナーを通じて真の父母様と祝福の価値を悟り、信徒と市民のための祝福式を開催することを決意しました。

■平和運動

 – カナダ:世界平和国会議員連合創設式

天一国5年天暦912日(陽10.31)国会議員庁舎

カナダでは、現職国会議員21人をはじめとする各界の指導者と平和大使約150名が参加する中、世界平和国会議員連合創設式が開催されました。ジャスティン・トルドー首相は、「世界平和と繁栄のために共に働こう」と祝辞を伝え、真の父母様の平和ビジョンと連合創設目的に感銘を受けた国会議員と指導者たちは、紛争と葛藤の解消のための会議に臨み、平和世界のために心を一つにしました。一方、カナダ統一運動史上、最も多くの国会議員が参加した創設大会のために、祝福家庭食口たちは、投票権がある選挙区の国会議員を直接訪問するなど、40日間の特別精誠活動を行いました。

– アルゼンチン:女性連合純潔教育

天一国5年天暦91112日(陽10.3031

アルゼンチン女性連合は、本性教育に基づいた「純潔教育とエイズおよび薬物防止教育」を進め、学生教育に大きな反響を与えました。計4回にわたって行われた修練会を通じて、青少年300余名が教育を受け、単純な予防を超え、本性を啓発させる討論式参加教育は、青年学生たちにビジョンと希望をもたせました。

– 韓国:宗教協議会 

2017孝情宗教平和超宗教アメリカ特別セミナー

韓国宗教協議会は、韓国仏教太古宗(たいこしゅう)と韓国イスラム教、キリスト教などの会員宗教団体の宗教指導者約30名とともに、2017孝情宗教平和 超宗教アメリカ特別セミナーを実施しました。指導者たちは、バチカン国連大使とUPF世界会長をはじめとするACLC聖職者と、国連超宗教セミナーを開催し、NGOを通じた持続可能な発展と世界的次元の宗教の役割について議論し、ブリッジポート大学とワシントンタイムズ、モニュメント広場など真の父母様の足跡をたどり、アメリカで成してこられた業績を目撃した韓国の宗教指導者たちは、超宗教平和時代のために共に働くことを約束しました。

■青年活動

 – フィリピン:青年学生原理修練会

天一国5年天暦9911日(陽10.2830

フィリピンでは祝福子女会とCARP2世の主催で、青年学生伝道のための原理修練会が開催されました。

メンバーたちはアベル的な友人を修練会に導き、100余名の青年学生が参加し、原理講義を土台に様々な体験プログラムが設けられ、神様の真の愛を中心に兄弟愛を体恤する恵みの場になりました。修練会で復興した参加者たちは、天の父母様の真の愛とCARPのビジョンに感謝し、7日修練会参加を希望しました。

– アルバニア:CARP原理修練会

天一国5年天暦9810日(陽10.2729

青年伝道が熱く行われている特別戦略国アルバニアでも、新規対象者伝道のための全国単位CARP原理修練会が行われました。グローバルトップガン修練会をモデルに構成された修練会には、全国から集まった新規対象者約50人とCARPメンバー約60人が参加し、参加者たちは真の父母様の生涯と心情を体恤する相続と発展の時間を共にしました。

– ブラジル:親子修練会

天一国5年天暦99日(陽10.28

路傍原理講義と奉仕活動などを通して、真の父母様の伝統を相続し、未来のリーダーとして成長し続けているブラジルの成和学生は、成長と証を共有する親子修練会を行いました。参加者たちは、天の父母様の貴い子女であることを悟り、孝情の光で世界を照らす真の子女となることを誓いました。

■主要ニュース

 – 天正宮本部、Vision2020の勝利のための宣教戦略苑ワークショップ

天一国5年天暦91415日(陽11.23

天正宮本部では、ビジョン2020の勝利のための宣教戦略苑ワークショップが行われました。

真の父母様が立ててくださった特別戦略国を中心に、摂理現場への理解を深めた指導者たちは、伝道と伝道環境創造、未来の人材育成の3大戦略目標を基に、国家の復帰勝利のための具体的な実践方案を模索しました。

 – 日本:全国2世圏公職者特別集会

天一国5年天暦1112日(陽9.1314)一心特別教育院

1万人大会奉献で復興の波が起きている日本では、全国2世圏公職特別集会が開催されました。

徳野英治日本会長は、真の父母様を中心に、揺るぐことの無い2世圏指導者となることを呼びかけ、真の父母様の命で日本に派遣された趙誠一 対外協力室長は、真の父母様の最近の摂理の動静を伝え、父母様の願いをなして差し上げる指導者となってほしいと激励しました。真の父母様が日本に下さった実体的愛を中心に、初の2世圏公職者特別集会をもった指導者たちは、過去と未来をつなぐ2世圏のアイデンティティを自覚し、真の父母様の夢に整列する貴重な時間を共にしました。

 – アメリカ:USA鮮鶴歴史編纂苑創設式

天一国5年天暦914日(陽11.02

1972年から始まった真の父母様のアメリカ摂理の遺産と資料を保存し、記録するために、アメリカでは、USA鮮鶴歴史編纂苑を創立しました。金起勳米国総会長は、真の父母様の遺産と伝統を維持すべきアメリカの役割と責任を強調し、編纂苑の局長に任命されたマイケル・ミックラー博士は、USA鮮鶴歴史編纂苑のビジョンと戦略を共有し、「アメリカ社会に真の父母様の生涯とビジョンを知らせよう」と、就任演説を行いました。