統一運動情報 天譜苑奉献式、「天譜苑奉献および祝勝会」開催される

By | August 29, 2018

~from Blessed Life

2018.08.29 12:00

https://www.kogensha.jp

統一運動情報
天譜苑奉献式、「天譜苑奉献および祝勝会」開催される

8月28日午前9時過ぎ、韓鶴子総裁(天地人真の父母様)を迎えて、数多くの教会員、祝福家庭たちが見守る中、天譜苑奉献式(韓国・清平)が行われました。
奉献式ではまず、天譜苑の玄関の前で韓鶴子総裁(真のお母様)の祝祷とテープカットが行われ、その後、館内で聖別式がなされました。

▲天譜苑

▲テープカットの前に祝祷される韓鶴子総裁

続いて午前10時少し前には、天宙清平修錬苑の大聖殿に真のお母様を迎えて、「天譜苑奉献および祝勝会」が開催されました。

▲ケーキカットをされる韓鶴子総裁と文善進世界会長

▲祝勝会で歌を披露するセイコ・リーさん

以下に、祝勝会で語られた真のお母様のメッセージの一部を抜粋して紹介します。(翻訳、文責:編集部)

一言だけ話しましょう。希望はありますか? 夢はありますか? (氏族的メシヤを)できますね?(はい!) だったらいいです。(拍手)

新しい摂理歴史、天一国時代を開き、天一国に向かって全世界祝福家庭の食口たちが氏族的メシヤの責任を果たし、世界的に天一国を安着させるために進んでいます。私たちの目標ははっきりと定められています。

▲祝勝会でメッセージを語られる韓鶴子総裁

「私たちは一つだ」という言葉を簡単に使っています。一つの心、一つの志、一つの行動。
実際のところ、皆さんには心と体があります。私の心はこのように願うのに、体が言うことを聞かない……。そうですか? そうではないですか?

どのようにして、私個人における心と体を統一することができますか。
全てのことを下ろさなければなりません。私が過去にどんなことをした、今現在何をしている、私が考えている知識の水準がどれくらいだ……。

これらの全ての内容を下ろして、無から、どのようにして心と体が統一された位置に歩んでいけるか、そのことを努力しなければなりません。

各自が違う心と体を持った皆さんが、どのようにして独り娘である真のお母様と一つになれるか、努力しなければなりません。

父母様の考えは、全体のための考えです。父母様が成そうと決意したそのみ旨を成し遂げなければならないというのが、責任者たちの持つべき考えです。自分の考えが入っていてはいけません。私が何かを命令したら、そこに応じる心で響かなければなりません。何の話か分かりますか?

私はお母さんです。聖書にありますね。
「だから、あなたがたに言っておく。人には、その犯すすべての罪も神を汚す言葉も、ゆるされる。しかし、聖霊を汚す言葉は、ゆるされることはない」(マタイによる福音書‬ 第12章31節)

皆さんの生涯、人類歴史を懸けて私と一つにならなければなりません。私と一つにならない考えを持っている人には、希望がありません。分かりましたか?
皆さんは純白になり、完全に純金にならなければなりません。

▲韓鶴子総裁と文善進世界会長