HJグローバルニュース (2018年 9月 15日)

By | September 17, 2018

1.真の父母様の動静 天地人真の父母様主管 神韓国家庭連合公職者 孝情清平特別修練会

天一国6年 天暦7月24〜26日(陽9.3〜5)天宙清平修錬苑

真の父母様と一つとなり、新たに出発する3日路程!「天地人真の父母様主管 神韓国・家庭連合公職者 孝情清平特別修練会」が、神韓国の公職者・約700名が参席する中で、開催されました。

李基誠神韓国家庭連合会長

神霊と真理で生きなさい。「神霊と真理が働くようにしなさい」という意味です。

私たちの頭、私たちの考えではなく、神霊と真理で動き、神霊と真理で働き、神霊と真理で讃美し、神霊と真理で導かれる、私になりなさいという意味だと思います。

その導きの主人公は、実体聖霊であられる、独り娘、真のお母様であられると信じます。

賛美役事と聖地祈祷、徹夜精誠を捧げながら、過去の過ちを深く悔い改め、国家の復帰の勝利に向けた、死生決断と全力投球を、再び心に誓った、神韓国の公職者たち…。

慕わしい心情を胸に抱き、本郷苑の前で、新たな決意を奉献した、指導者たちは、真の父母様をお迎えする中、特別集会の場に臨みました。

天地人真の父母様主管 神韓国家庭連合公職者 孝情特別集会

天一国6年 天暦726日(陽9.5)天正宮博物館

真の父母様の愛と精誠に、報いる、孝情の子女となることを、呼びかけた、鄭元周 総裁秘書室長の、歓迎の辞に続き、尹鍈鎬事務総長は、真の父母様を中心とした、世界の摂理について、感動的に伝えました。

孝情の心情と、悲壮な意志が込められた、公職者たちの決意を受けられた、真の父母様は、暖かい愛と、激励のみ言を伝えて下さいました。

真の父母様のみ言

皆さんの決意を聞いて、私は、力を出さないといけませんね。話を始める前に、良いニュースが一つあります。真の父母様の末娘の情進が、朝方、娘を生みました。それで、「信」の字がトルリムですから、「信飛」に決めました。飛は、「飛翔する」という意味です。

神様の創造理想は、父母です。父母は父だけではありません。母がいなければ、子女が生まれることはできません。そのような点で、今日の皆さんは、とても幸福で、幸運な立場にいるのです。とてつもない運勢をもって生まれたのです。

皆さんよりも、よりいっそう多く苦労した人々がたくさんいます。けれども、彼らは私に会うことができませんでした。しかし、皆さんは私に出会ったのです。私に対して確信が立ったのは、数年にしかならないでしょう。正直に話してみて下さい。私は、許してあげましょう。

これからは変わらなければなりません。独り娘、真のお母様の、真の孝子・孝女とならなければなりません。分かりましたか?私は皆、教えてあげました。皆さんが、死生決断・全力投球で、命をかけた誓いで、実績を収めなければなりません。

※トルリム:家系で同じ世代の子女の名前に、共通して使われる文字

聖霊の役事と、新しい覚悟!神韓国・家庭連合の公職者たちは、真の父母様と、正午定着で、絶対的に一つとなり、国家の復帰と、神氏族メシヤの使命を、必ず勝利することを、力強く決意しました。

– HJ Magnolia韓国財団 および 系列会社社長団 特別集会

天一国6年 天暦726日(陽9.5)天正宮博物館

同日、午後に開催された、HJマグノリア韓国財団・および・系列会社・社長団・特別集会!

真の父母様は、世界基督教・統一神霊協会・維持財団を、「HJマグノリア財団」として、新たに命名してくださり、

勝利のための、体制と秩序、運営方針を再整備してくださり、財団の使命について、再び、しっかりと胸に刻みつけて下さいました。

真の父母様のみ言

皆さんは、環境圏をつくらなければなりません。環境。家庭連合が、国家の復帰をするためには、皆さんが環境とならなければなりません。

時間がないという話です。

心を空にして、一つとならなければなりません。人類一家族。それが天の父母様の願いです。

真の父母様にみ旨に従い、一心一体、一核となることを、誓い合った、指導者たちは、人類と世界の復帰のための、環境創造に向けて、出発しました。

天地人真の父母様招請 天宙清平修錬苑公職者 特別午餐会

天一国6年 天暦727日(陽9.6HJ

天一国・神世界の環境創造と、経綸のために、昼夜を問わず、休みなく精誠を捧げておられる、真の父母様!

翌日には、天宙清平修錬苑・公職者たちと共に、午餐会の時間を共にされました。

天一国指導者・孝情・清平特別修練会の後、天宙清平修錬苑を、真の父母様の、直属機関として指定され、アジア、ヨーロッパ、中南米、アフリカの、4つの大陸に、修錬苑・分苑の設立の恩賜を、与えてくださった真の父母様は、天宙清平修錬苑の、公職者たちに、暖かい励ましのみ言を伝えて下さいました。

真の父母様のみ言

4つの地域に、実質的な行動を行う人々を育てなければならないのですが、皆さんが、もっと努力して、多くの良い人材たちを発掘していくことを願います。

重生、復活、永生の祝福を、世界万邦に、広めていくことができるよう、私たちの心と体を、新たに生まれ変わらせてくださり、あらゆる体制と秩序、環境を備えてくださった愛!

天宙清平修錬苑の公職者たちは、永遠に記憶される貴重な時間を共に過ごし、与えられた責任を完遂、完了することを、喜びの心情で、決意しました。

2.特集

 日本:「提言」JAPAN2050ユースフェスティバル

天一国6年 天暦730日(陽9.9)千葉 幕張メッセ

天の父母様に侍り、共に生きる天一国、神世界の到来を、五大洋六大州に叫ばれた、真の父母様!

希望の前進の波が、太平洋神文明の力強い潮流に乗り、孝情文化革命の時代を切り開いている中、神日本では、青年学生1万名・希望前進大会、「「提言」JAPAN・2050ユースフェスティバル」が開催されました。

未来の世代を担っていく若者たちが、今後、訪れる、32年後の、2050年に直面するであろう、社会問題に対する、回答を共に考える場として、準備された、「提言JAPAN2050ユースフェスティバル!」

世界平和・青年学生連合を中心とした、神日本の青年学生たちは、かつて、神奈川県大会を、勝利的に奉献した、幕張メッセで、青年学生1万名大会を開催しました。

「救国救世ののろしを上げよう」と伝えた、松田幸士(こうじ)神日本・世界平和青年学生連合・会長の、歓迎の辞につづき、徳野英治 神日本会長の紹介で登壇した、文姸娥・世界平和女性連合・世界会長は、真の父母様のみ言を代読し、証しを通して青年学生たちの未来を祝福しました。

文姸娥 世界平和女性連合世界会長・神韓国UPF会長

「愛と幸福は、分かち合えば、分かち合うほど、大きくなる」という、韓総裁のみ言のように、共に成長して、新しい日本の未来を、共に生きていく主役となることを心から願います。

地球村に、孝情の光を輝かせる、感動の時間!

青年代表として登壇した発表者たちは、真の父母様が示して下さった、み言と実践をモデルとして、それぞれ自らの創意力を生かし、「温暖化問題、教育問題、共生の社会への道、国家の崩壊を防ぐ・家族保護法の制定」をテーマに皆の心を動かす力強いメッセージを伝えました。

それぞれの発表が終わった後、有識者で構成された審査員の評価と、会場の参加者のインターネット投票により、憲法に、家族保護条項を明記することを訴えた、私立大の女子学生が、グランプリに輝きました。

1万名の青年学生たちは、2050年に迫りくる、社会問題を解決するために、若者の叡智(えいち)と実践を、結集していくことを表明し、大会宣言文を読み上げました。

平和への願いを込めた歌と共に、勝利的に奉献された、「提言JAPAN2050ユースフェスティバル!」

会場には、日本と世界へ向けて、平和のメッセージを発信していく、決意を込めた、ふせん1万枚余りで作成した、メッセージが、世界記録として認定されました。

インタビュー

来る未来の、孝情の世界を思い描いた、神日本青年学生・1万名・希望前進大会!

この日伝えられた、若者たちの、平和のメッセージと、熱い決意は、将来、この世界を、平和理想世界として、築き上げていくことでしょう。

 DON’T LOSE YOUR VOICE! WE WILL STAND FOR JAPAN 2050!

 3.世界ニュース

 ■神氏族メシヤ活動

 韓国:神氏族メシヤ430家庭 祝福完了宣布式 活発に展開

▲天暦7月12日

ハ・ジョンホ、ナカガワ・ナオミ / イム・ジョンピル、イ・インオク / イ・ジュヨン、キム・ゴフン家庭

▲天暦7月24日

チョン・チャンジュ、パク・ウンジャ家庭

▲天暦7月29日

チョ・ハンボク、オク・マサエ / チェ・サン、イ・ウンギョン / チョン・ヨンチュル / チャン・ミンギョン家庭

神韓国では、神氏族メシヤ430家庭・祝福完了宣布・家庭が、900家庭を突破した中、祝福運動が地区全域で熱く続いています。

神氏族メシヤ祝福・勝利宣布式は、430家庭祝福完了と、完成に向けた、第一のステップを踏みだすことです。

神氏族メシヤ家庭は現在、霊の子女の家庭の信仰指導と、育成のために精誠を尽くしています。

各国で2018天地人真の父母孝情天宙祝福式開催

これと共に、各圏域の大陸と国家では、天宙聖和6周年記念・天地人真の父母・孝情天宙祝福式が行われ、重生復活、永世の人生を出発する、恵みと復興の場となりました。

アメリカ:5地区 「世の中と私、人生の話」トークコンサート

天一国6年 天暦71日(陽8.11)カリフォルニア州 ロサンゼルス

神アメリカ5地区では、「世の中と私、人生の話」という名前で、神氏族メシヤ・伝道プロジェクトが、スタートしました。

トーク・コンサートを取り入れた、原理セミナーには、専門分野で活躍している、祝福家庭と、平和大使のパネリストが参加し、対象者たちの成長を促し、祝福結婚と、真の父母の価値を、人生の根本的な問題につなげ、この原理セミナーは、参加者たちの熱い関心と好評を受け、継続的な参加への希望が寄せられました。

■平和運動

 韓国:韓国宗教協議会、第82018宗教平和ピースカップ

天一国6年 天暦722日(陽9.1)河南総合運動場

韓国の宗教協議会は、宗教間の交流と、親善のための、第8回目の、宗教平和ピースカップを行いました。

国際クリスチャン・宣教連合会と、「大韓天理教」、「大巡(てすん)真理会」など、7つの宗教団体10チーム、約500人の応援団は、丸いボールを通して、超宗教和合の時間を共に過ごし、韓国宗教協議会は、今後、音楽とダンス、グルメなど、様々な分野で、宗教間の交流の場を拡大していく計画です。

サンマリノ共和国:第4回ピースカッププロジェクト

天一国6年 天暦71821日(陽8.2831

サンマリノ共和国では、中東平和のための、ピースカップ・プロジェクトが、サンマリノ・サッカー連盟と、UPFの主管で、行われました。ピースカップ・プロジェクトには、ユダヤ教とイスラム教の青年たちが参加し、文化や宗教、国籍の違いを超えた友情を深め、中東平和に向かう道を切り開く、意義深い場となりました。

 オーストラリア:オセアニア指導者カンファレンス

天一国6年 天暦78日(陽8.18)平和大使館

アジア大陸の勝利で、相続と発展が成されている、指導者カンファレンスが、オセアニア大陸でも開催されました。

この日、統一運動に同参してきた、50余名の平和大使たちは、摂理の真実を明かす原理教育と、祝福教育を通じて、統一運動の核心について確認し、新たな人生をスタートする、孝情祝福の場に臨みました。

 ■青年活動

 コンゴ民主共和国:世界平和青年学生連合出帆式

天一国6年 天暦71日(陽8.12YMCAスタジアム

コンゴ民主共和国では、世界平和・青年学生連合の・出帆式が、政府の指導者をはじめとする、各界の指導者と、青年学生・約1200名が、参加する中、盛大に行われました。国連が指定した、世界青年の日を記念して行われた、この日の出帆式は、約60年前、ベルギーからの独立を果たした、コンゴ民主共和国・独立運動の出発地、YMCAスタジアムで行われ、青年平和運動に対する、青年学生たちの決意を結集する、意義深い場となりました。

中央アフリカ共和国:世界平和青年学生連合出帆式

天一国6年 天暦722日(陽9.1)バンギ市

中央アフリカでも、世界平和・青年学生連合の・出帆式が、共和国の首都・バンギ市の、副市長を中心に行われ、主要メディアと放送を通じて、連合の価値と、ビジョンが紹介されました。

アメリカ:神アフリカ青年指導者および教育者カンファレンス

天一国6年 天暦7112日(陽8.1122)ワシントンDC、ニューヨーク市

神アメリカ家庭連合と女性連合、青年学生連合の協力で、ワシントンDCと、ニューヨークでは、「神アフリカ青年指導者、および、教育者カンファレンス」が行われました。この場には、コートジボアールをはじめとする、神アフリカ4カ国の、高位教育公職者と、指導者30余名が参加し、参加者たちは、孝情人格教育のビジョンと、価値を相続することによって、段階的教育システムの導入と、具体的な実行計画を確定しました。

■主要ニュース

 韓国:文鮮明天地人真の父母 天宙聖和6周年記念 指導者招請晩餐会

1地区 天暦7月24日(陽9.3)ソウル蚕室ロッテホテル

3地区 天暦7月27日(陽9.6)清州ラマダホテル

4地区 天暦7月29日(陽9.8)麗水ジ・オーシャンリゾート

5地区 天暦7月30日(陽9.9)釜山ロッテホテル

神韓国では、天宙聖和6周年・記念事業が続いている中、「神韓国・指導者招請晩餐会」が、

地域内のオピニオンリーダーと、団体長、宗教指導者などの、主要人物が参加する中、各地域で開催されました。

各会場に参加した、文姸娥・孝情・世界平和財団・理事長と、文薰淑・ユニバーサル文化財団・理事長は、人類の救いのための、意志と、暖かいまなざしを、一生の間、大切にされた、真のお父様の生涯を深く証しし、尹鍈鎬事務総長は、ご夫妻の崇高な生涯の業績を紹介し、そのビジョンに同参することを呼びかけました。

韓国:世界平和宗教連合 ソウル・仁川圏結成大会

一方、1地区の行事では、韓国宗教協議会を中心とした、世界平和宗教連合・結成大会が、併せて行われ、ソウル・仁川(いんちょん)圏の、超宗教和合の場となりました。

韓国:文鮮明天地人真の父母 天宙聖和6周年記念 心情讃美祭

天一国6年 天暦722日(陽9.1)天福宮大聖堂

また、神韓国では、真の父母様の崇高な生涯と、孝情の伝統を、賛美し、証する、「心情讃美祭」が開かれました。

「孝情の音色、全世界に讃美となり」をテーマにした、この日の舞台では、聖歌賛美活動を展開してきた、九つの教会の聖歌隊と、特別ゲストたちが参加し、真の父母様の生涯を賛美する、美しいメロディを披露しました。

韓国:YSPCARP会長 離・就任式

天一国6年 天暦728日(陽9.7HJ天苑

神韓国では、世界平和青年学生連合と、CARP会長の、離・就任式が行われました。

真の父母様の、直接の愛と関心を伝えた、鄭元周秘書室長の祝辞に続き、李基誠神韓国・会長は、天一国・青年学生の文化と運動を導いてきた、前任会長の功績を称えました。

キム・ドンヒョン神韓国YSPおよびCARP・新任会長は、就任演説で、信仰を中心とした組織であるCARPと、み言の社会的実践を行うYSPは、性相・形状の関係として、一つとなっていくという、運営方針を伝え、粉骨砕身(ふんこつさいしん)する、決意と覚悟を伝えました。

韓国:鮮文大学校、発展基金伝達式

天一国6年 天暦81日(陽9.10

鮮文大学校では、二人の子女と、娘婿(むすめむこ)の母校である、鮮文大学に、1億ウォンを寄付した、祝福家庭 ヤン・チェヒョプ、ユ・インオク夫婦による、発展基金伝達式が行われました。ヤン・チェヒョプ、ユ・インオク家庭は、恵まれない境遇のなかでも、約20年前に、卒業した子女たちが、模範的な社会人として、成長できるように、教育を施してくれた、鮮文大学に、感謝の意を表し、発展基金1億ウォンを寄付しました。