HJグローバルニュース (2018年 9月 22日)

By | September 28, 2018

1.真の父母様の動静

– 天地人真の父母様招請 み言精選編纂委員 特別午餐会

天一国6年 天暦8月6日(陽9.15)天正宮博物館

真の父母様は、622巻の、真のお父様のみ言選集の、40巻の精選作業を、2020年までに完了することを奨励されている中、み言精選・編纂委員を招請し、特別午餐会の時間を共に過ごされました。

李基誠 神韓国家庭連合会長

み言精選40巻を編纂することによって、622巻のご生涯の全体のみ言を、読むことのできる条件を立てて下さる、驚くべき愛の前に、心から感謝を申し上げます。

真の父母様は、復帰摂理の完結と、天一国・神時代創造の過程と、結果が、はっきりと表現されるよう、み言を探し、千年・万代の道と、真理を明らかにする、精選とすることを、呼びかけられ、激励のみ言を伝えて下さいました。

真の父母様のみ言

私が、お父様の聖和後に、お父様が行かれる道に、本を入れて差し上げたかったのですが、未来を置いて考える時、これらはまだ、未完成です。多く苦心しました。ですから、(天一国経典)平和経の内容、それは、世界巡回を行いながら、公式的に語ったみ言なので、要約して、そのみ言と、原理講論を入れて差し上げました。今、お父様のみ言選集600巻があるといいますが、この父母様の時代に、皆さんは、お父様との近い因縁があるので、そのみ言について理解することでしょう。しかし、未来において、歴史において、この時代に、真の父母に侍ったという家庭、人々、知性人と呼ばれる人々は、考えるべき問題です。

私が言いましたね。お父様のみ言は、原石だと。磨き上げてこそ、その価値が現れるのです。旧約時代も過去であり、新約時代も過去であり、成約時代も過去です。今の時代は、天一国です。ですから、きょう、私が話した内容を、肝に銘じて、一つとなり、一つの心、一つの志で、責任を果たしてくれることを願いながら、一言語りました。

真の父母様との、忘れられない時間を、共に過ごした、編纂委員たちは、み言の中に、貴い宝を発見し、天と人類に対する、天地人真の父母様の愛を誇り、証しする、み言精選を奉献することを誓い合いました。

– 天宙聖和6周年記念 2018神日本VIP食口孝情聖地巡礼

天一国6年 天暦8月2〜8日(陽9.11〜16)神韓国代表聖地10カ所

摂理の祖国、大韓民国と、世界の摂理のために献身してきた、日本の食口たちの精誠!神韓国・家庭連合は、日本食口の苦労と精誠に感謝し、神日本・忠孝家の食口を招請し、天宙聖和6周年記念・孝情聖地巡礼を行いました。釜山ポムネッコルを皮切りに、麗水と漢南洞、青坡洞、坡州原殿に続き、HJ天苑を訪問した、忠孝家の食口たちを、真の父母様は、暖かい笑顔で迎えてくださりながら、愛のみ言を伝えて下さいました。

真の父母様のみ言

「富んでいる者が神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい」と、(聖書では)いいました。自身のものではないものは、皆下ろして、天国に入って来なさいという、聖書のみ言です。しかし、皆さんは、真の父母様にお会いして、祝福家庭となり、真の愛を実践する、富者です。その真の愛の富者は、氏族メシヤを経て、国家メシヤ、世界メシヤへと進んで行くことができれば、より大きな富者となるのです。真の愛を実践する、人類一家族の、真の祝福家庭となるでしょう。

神日本、忠孝家の食口たちは、真のお母様の、格別な愛の恩賜に感激しながら、与えられた使命を、喜びをもって、果たす、真の祝福家庭となることを誓い合いました。

2.特集

– 韓国:天宙平和連合(UPF) 文姸娥 韓国会長就任 および 神統一韓国のための前進決意大会

天一国6年 天暦8月10日(陽9.19)HJ天苑 天宙清平修錬苑

世界平和と、平和統一のための、真の父母様の摂理的経綸の下で、南北首脳会談が行われた天暦8月10日!

HJ天苑で、天宙平和連合・ムン・ヨナ・韓国会長就任、および、神統一韓国・前進決意大会が、天一国の中心指導者と、平和大使・約1200名が参加した中で、行われました。

既存の国連の刷新を目標に、2005年、ニューヨーク・リンカーンセンターで、120カ国の首班たちの、積極的な支持を受ける中で、創設されて以来、真の父母様が、開いてくださった、約150カ国の、平和大使ネットワークを基盤として恒久的な平和世界・建設のために、取り組んできた天宙平和連合!

過去13年間の功績が認められ、今年、天宙平和連合は、国連経済社会理事会から、3000の、民間機関の最上位、150のNGOだけに、付与された、「総合協議資格(そうごう・きょうぎしかく)」が与えられました。

真の父母様は、天暦7月20日、天宙平和連合、UPFを中心に、統一グループに対して、平和と統一、女性、奉仕、宗教、学術など、12の領域の機関が、一致団結して進み、名実共に、アベル国連として、新たに出発する天宙平和連合となることを、呼びかけられる中、ムン・ヨナ韓国会長の就任式、および神統一韓国・前進決意大会が行われました。

司会:兪慶得UPF事務総長

UPFを愛し、支援して下さる指導者の皆様と、新しいUPFの体制で、共に出発する、12の機関と共に、真の父母様が、UPF創設から、願われ、全世界の前に宣布された、真正なる、平和国連体制を実現するために、最善を尽くします。

その最初の出発として、神統一韓国を成就しようとする、平和の路程に立った、天宙平和連合に、温かい激励と積極的な参与をお願いいたします。ありがとうございました。

世界平和・国会議員連合の韓国議長として、共に取り組んでいくことを、宣言した、イム・ジョンソン国会議員の祝辞に続き、ムン・ヨナ 神韓国UPF 新任会長は、就任演説で、真の父母様の、命をかけた、巡回路程を通して宣布された、天宙平和連合の創設メッセージを訓読し、天の呼びかけの前に、新しい決意で受け応えました。

激励の辞を伝えた、ジョン・テイク 韓国外交協会・名誉会長は、南北首脳間の合意文が発表された、特別な日に、UPFの新しい出発がなされたのは、天の摂理が共にあるためであると述べ、国連が、生まれ変わることができるよう、役割を果たしてくれることを期待すると伝えました。

就任式に続く、「神統一韓国・前進決意大会」では、神韓国UPF副会長として任命された、三つの機関の会長たちの決意メッセージに続き、全体の誓いをこめた、宣誓が行われました。

宋光奭 南北統一運動国民連合 会長

李現榮 世界平和宗教人連合 韓国会長

チェ・ヨンソン 世界平和女性連合 韓国会長

私たちは、冷戦終息と、南北の和解と交流のために、献身して来られた、文鮮明、韓鶴子総裁のみ旨を継承し、必ずや、2020年まで、神統一韓国を実現することを、決意する!決意する!決意する!

アベル国連、天宙平和連合の、新たな出発の場に臨んだ、指導者たちは、平和の合水式(がっすいしき)を共に行い、

天と地と人が一つとなった、HJ天苑から、神統一韓国を開いていくことを、誓い合いました。

– 天地人真の父母様主管 神韓国摂理機関公職者 孝情清平特別修練会

天一国6年 天暦8月4〜6日(陽9.13〜15)天宙清平修錬苑

これに先立ち、天宙清平修錬苑では、天地人真の父母様主管・神韓国・摂理機関・公職者・孝情清平・特別修練会が行われました。真の父母様と一つになって、新たに生まれ変わる3日間!天一国指導者と、神韓国・家庭連合・公職者修練会に引き続き、孝情清平特別修練会に参加した、神韓国・摂理機関の公職者たちは、全てのことを、下ろしておいて、真の父母様と完全に一つとなり、一つの心で進んで行くことを決意しました。

– 超宗教祝福運動

– 2108天地人真の父母 チュヒョン教部 教団 天宙祝福式

天一国6年 天暦7月23日(陽9.2)全羅北道益山 チュヒョン教部 大聖堂

独り子、独り娘、真の父母の福音が、宗教と人種、国を越えて、人類一家族の新しい歴史を、創造している今日!

摂理の祖国、神韓国にも、超宗教祝福の役事が、引き続いています。

教団の、復帰の役事が起こった、神韓国4地区・チュヒョン教部・大聖堂!

神韓国・家庭連合の主催で、初の宗教教団の祝福の場が、開かれました。

李教父 チュヒョン教部 教団代表

この全てのものが、統一教会の儀式です。その儀式を私たちとみ意のままに行って下さい。全てに従順に従います。どのような儀式でも、皆行って下さい。そのとおりにします。私たちは、そのとおりに行きます。儀式一つにも、意味があり、必ず、その中に生命があるということを、皆さんが知り、貴く思いながら、きょう、この行事に臨んで下さることを願います。

真の父母様を、心からの信仰をもって、告白した、李教父(イ・きょうふ) 教団代表。

神氏族メシヤの使命を、喜びと感謝で受けいれ、この日の祝福を受けた、教団代表と、新規食口家庭は、敬虔な姿で祝福式の場に臨みました。

李基誠 神韓国連合会長

天の父母様と、天地人真の父母様と、天宙と世界の前に、聖婚が成立したことを宣布します。勝利された、天地人真の父母様、億万歳!真の父母様、愛しています。天の父母様、愛しています。

– 神韓国世界平和宗教連合結成大会

天一国6年 天暦1月4日(陽2.19)

これと共に、韓国の12の教団と、超宗教平和運動を展開している、韓国宗教協議会は、2月、神韓国・世界平和・宗教連合の結成式を持ち、地区単位の結成式を展開しながら、地域の宗教を糾合、伝道環境創造の基盤の上に、超宗教・祝福運動に拍車をかけています。

– 成均館儒林、超宗教孝情天宙祝福式

天一国6年 天暦5月16日(陽6.29)

各教団の本部と、聖殿で行われている、超宗教祝福式!

成均館儒林(そんぎゅんぐぁん・じゅりん)の本部では、真の父母宣布と共に、信徒500名の祝福が奉献され、

– 大韓天理教、超宗教孝情天宙祝福式

天一国6年 天暦5月21日(陽7.4)

大韓天理教(だいかん・てんりきょう)の本部では、イ・スンフン教統をはじめとする、超宗教指導者・約300名の祝福式が行われました。

– 太古宗、超宗教孝情天宙祝福式

天一国6年 天暦6月1日(陽7.13)道明寺

また、神韓国2地区では、太古宗・道明寺(たいこしゅう・どうめいじ)で、超宗教・祝福式が奉献されるなど、孝情の価値に対して悟りを得た、聖職者たちの、祝福の波が続いています。

真の父母の福音が、人類一家族の、新たな歴史を創造している今日!

ビジョン2020の、勝利の日の、夜明けを告げる太陽が、昇りつつあります。

3.世界ニュース

■神氏族メシヤ活動

– 韓国:神氏族メシヤ430家庭祝福完了宣布式 活発に展開

▲天暦7月29日

ムン・メンホ、チョン・スンジャ / カン・インギル、イ・ウィチュル / ムン・ギョンイル、チョン・ヒェスン家庭

▲天暦8月6日

ムン・ヨンヒョン、ファン・ヨンニョ / メン・ワンソプ、コン・チョンフイ / イム・ジョンフン、キム・スンフイ / キム・トゥギュ、ユン・フィボク / ソン・チュンギョン、マエダ・アキコ / ソン・チュテク、コミブチ・タカコ / チョン・ユンギ、ヤン・スミン / イ・ウォンチャン、キム・チヒョン家庭

▲天暦8月7日

ソン・ヨンチョン、イ・ヘオク / チョン・ヒョンスン、ヒラタ・ナミ / チョン・キジュ、セギネ・フジコ / チェ・ニョンス、ヒロセ・ジュンコ/ コ・ヨングン、オオタ・マユミ / パク・ピョンチョル、コイケ・ミチヨ / イ・キシク、ハセガワ・キヨミ家庭

神韓国では、国家の復帰の、勝利の礎となる、神氏族メシヤ・430家庭祝福の、勝利宣布式が、毎週、地区全域で活発に展開されています。神氏族メシヤ祝福・勝利宣布式は、430家庭祝福完了と、完成に向けた、第一のステップであり、神氏族メシヤ家庭は、霊の子女家庭の、信仰指導と養育に、精誠を尽くすことを、堅く決意しました。

– コートジボワール:神氏族メシヤ430家庭祝福完了宣布

天一国6年 天暦7月30日(陽9.9)

コートジボワールでは、6千双家庭の、ガブリエル・ゾゾ家庭と、3万双家庭の、ブロ・ポール家庭の、神氏族メシヤ430家庭祝福完了・宣布がなされました。二家庭は、神氏族メシヤ専門チームとして活動し、コートジボワール全域で、巡回活動を展開する中、神氏族メシヤ祝福を完了しました。

– タイ:神氏族メシヤ指導者学校

天一国6年 天暦8月1〜3日(陽9.10〜12)ノンブア区

タイのノンブア区では、神氏族メシヤ、ケリムサク家庭の主催で、「神氏族メシヤ指導者学校」修練会が行われ、神氏族メシヤ祝福を通して連結された、祝福家庭・約100名が参加しました。

2012年から、神氏族メシヤの活動が行われてきた、ノンブア区では、継続的な信仰教育と実践活動により、神氏族メシヤ運動の定着が成されつつある中、修練会を通じて、真の父母様の夢と一つになった、参加者たちは、神氏族メシヤとなり、ノンブア区を、モデル地域として、探し立てることを、決意し合いました。

– 日本:1・3地区、自叙伝書写・ファミリー・フェスティバル

天一国6年 天暦8月7/9日(陽9.16/18)

神日本では、都道府県における、1万名基盤の奉献のための、書写大会や講演会、文化公演、オープン礼拝などが、各地区、各教区、各教会単位で活発に展開されています。

3地区・西静岡・磐周教会の、食口の精誠で行われた、自叙伝書写ファミリーフェスティバルには、国会議員と市議会議員をはじめとする、約300名が参加し、約400名が参加した、1地区・群馬教区の、書写奉納伝授式は、69回にわたり継続され、新規食口伝道の窓口となっています。

■平和運動

– スリランカ:PeaceRoad2018

天一国6年 天暦7月1日(陽8.11)

スリランカの、PeaceRoadは、スリランカ政府とUPF、世界平和・青年学生連合が、共同主催する中、政府の指導者と、青少年100余名が共に、4km(キロ)平和行進を行い、

– インドネシア:PeaceRoad2018

天一国6年 天暦7月1日(陽8.11)セラン市、ジャカルタ市

インドネシアでは、仏教とキリスト教、イスラム教の、モスクをつなぐ、超宗教・平和行進と、合水(がっすい)儀式が行われ、宗教和合と、平和の道を開きました。

– ザンビア:PeaceRoad2018

天一国6年 天暦7月8日(陽8.18)首都ルサカ

約300名が参加した、ザンビアのPeaceRoadは、ザンビア有数のメディアを通じて、放映され、国民的な関心を集め、

– カメルーン:PeaceRoad2018

天一国6年 天暦7月16日(陽8.26)首都ヤウンデ

カメルーンで行われた、市街行進では、「平和は、単語ではなく、生き方」という歌で、平和のメッセージを伝え、首都・ヤウンデ市民に、大きな感動を伝えました。

この他にも、メキシコ、スイス、マリなど、世界120カ国で行われている、ピースロードプロジェクト!

世界の人々の、平和への念願は、世界平和への道を、明るく照らしています。

■青年活動

– 中華大陸:第1期STF修了式

天一国6年 天暦6月20〜25日(陽8.1〜6)

台湾では、中華大陸・STF1期・団員の、修了式が行われました。

台湾と香港、中国から集まった、約70名の家族の前に立った、STF団員たちは、1年間、万物復帰を通して、体恤した、天の愛と、心情を共有し、子女たちの変化と、み旨に対する決意を感じた、父母たちは、熱い涙を流しながら、新しい出発の祈りを、共に捧げました。

– 韓国:2018全国成和ピースカップ

天一国6年 天暦8月6日(陽9.15)鮮文大学校

真のお父様・天宙聖和6周年・聖和祝祭の一環として、神韓国では、2018全国成和ピースカップが行われました。

地区別の予選を通過した、6つのチームが出場、トーナメント方式で、手に汗を握る、激戦を繰り広げた結果、京畿(キョンギ)南部教区が、優勝の栄誉に輝きました。ピースカップによる、喜びと、和合の時間を共に過ごした、成和学生たちは、心身を鍛え、天のみ旨の成就のために、より力強く、進むことを誓い合いました。

■主要ニュース

– 日本:神氏族メシヤ勝利のための出発決意礼拝

天一国6年 天暦8月7日(陽9.16)全国各地の教会

「神氏族メシヤ勝利のための出発決意礼拝」が、神日本の、全国教区と教会において、同時開催されました。

日本の食口たちは、来年2月の、基元節6周年までの、「神氏族メシヤ勝利のための、160日特別路程」出発のための、3日路程の最終日に、決意礼拝を持ち、使命完遂を誓う、決意書を奉献し、総進軍の決意を固めました。