HJグローバルニュース (2018年 10月 27日)

By | October 29, 2018


1.真の父母様の動静:2018孝情清平国際希望フェスティバル

聖和・祝福祝祭の勝利の基台の上に、孝情清平・特別修練会を開かれ、全統一家を、新たに復活させてくださった真の父母様!毎週、2万名以上の、大規模な大会を主管され、中断なき前進を重ねておられる中、
秋季・孝情清平・特別大役事、「2018・孝情清平・国際希望フェスティバル」の終始を主管してくださいました。

-天地人真の父母様主管 神韓国家庭連合 日本宣教師会 特別集会
天一国6年 天暦9月11日(陽10.19)天宙清平修錬苑

孝情清平・国際希望フェスティバルの、最初の日程は、神韓国家庭連合、日本宣教師会の、特別集会から、始まりました。日本の婦人宣教師、約1万名を、一堂に呼び集められた、真の父母様は、夫人食口たちに、温かい励ましと愛のみ言を伝えて下さいました。

真の父母様のみ言
家庭において、子女たちが、学校から帰ってくる時に、玄関を開いて、入ってきながら、まず誰を探すでしょうか?母です。お母さんです。皆さんの中には、言うに言えない、多くの事情があるであろうことを私は知っています。皆さんが間違ったためではなく、歴史的な、連帯的な責任を蕩減すべき位置にいるために、皆さんは、想像もできない、困難で大変な事情を多く抱えていることを知っています。きょう、みなさん、私に会えて嬉しいですか?きょう誕生日の人、前に出て来て下さい。一人だと聞いていたのに、たくさん出てきますね。夫に誕生日プレゼントをもらいましたか?もらったことがありませんか。おめでとう、という言葉は聞きましたか。「誕生日おめでとう」と言ってくれましたか?それもありませんでした。今までもらえなかったもの、この8人を通して、皆さんを全て蕩減させてあげます。皆さん日本宣教師たちは、神様の祖国、天の父母様の祖国、真の父母の祖国、真の子女の祖国となるこの国が、天のみ旨の前に、中心を正しく立て、つかまなければならないということを、教育してあげなければなりません。ですから、きょう、わたしは、皆さんを見て希望をもちます。

言語と文化、歴史の障壁を、真の愛で溶かし、過ぎ去りし歳月を、温かく慰労し、抱いて下さった、母の愛!
摂理歴史の真実を明かす、み言を通して、大きな勇気と知恵を与えて下さいました。

孝情文化、心情文化の時間と共に、父母様との忘れられない、ひとときを共に過ごした、日本の婦人宣教師たちは、天と人類のために尽くされる、真の父母様の孝情を相続し、摂理の祖国、神韓国の復帰に向けて、希望の炎を燃やしています。

-世界日報創刊30周年記念「2018世界ドローン・エキスポ」
天一国6年 天暦9月12日(陽10.20)清心平和ワールドセンター

翌日、「孝情・清平・国際希望フェスティバル」は、特別な行事を皮切りに始まりました。
世界日報・創刊・30周年を記念して開催された、「2018世界ドローン・エキスポ!」
第4次産業革命を代表する、ドローン産業のビジョンを、提示する場として設けられた、今回のエキスポには、
大韓民国・陸軍をはじめとする、22の団体がブースが設けられ、国防と農業、航空撮影と建築など、
様々な分野で活用されている、ドローンの活躍が、1万余名の市民に紹介されました。
行事の全体を主管してくださった、真の父母様は、未来の時代をリードしている、世界日報の30周年を
祝賀され、祝福のみ言を伝えて下さいました。

真の父母様のみ言
先駆けて行く、創意力と決断力で、この国はもちろんのこと、全ての世界人の前に、羅針盤となる世界日報として、発展していくことでしょう。

ドローンを活用した様々なパフォーマンスと、文化公演が繰り広げられた、本式行事と共に、
この日、屋外ブースでは、「第1回・ピースカップ・ドローンサッカー大会」が開催され、大きな注目を集めるなど
大韓民国の未来の産業に、新しい可能性を見せてくれる大会として、盛況の内に開催されました。

– 2018天運相続孝情奉献式
天一国6年 天暦9月12日(陽10.20)清心平和ワールドセンター

2018・孝情清平・国際希望フェスティバルの、メイン行事である、「秋季・孝情清平・特別大役事」では、62カ国から
約3万7千名の、世界の祝福家庭が参加する中で、「2018天運相続・孝情奉献式」が、恩恵深く、行われました。

李基誠神韓国家庭連合会長 告天文朗読
今や、それほどまでに、願われてきた、ビジョン2020勝利のその日を、474日後に控え、神氏族メシヤの使命を必ず果たすことを、もう一度決意いたしますので、お受けください。

精誠が込められた、孝情奉献書が、天の前に奉献され、
感謝と決断の祈りを受けられた、真の父母様は、全体の決意を一つにまとめて下さいました。

真の父母様のみ言
この世界の76億人類の中には、国と国の間において、氏族間、部族間において、多くの理由で怨讐の関係となっている事情が多くあることでしょう。彼らが天の父母様、真の父母様の愛を知るようになる時、真の父母様の路程に似ようと、祝福の隊列に出て行く時、このような問題が、一瞬の間に、すべて解決されることでしょう。必ずや、私たちはその日を引き寄せる責任を果たす祝福家庭、祝福の子女たちとならなければなりません。

下さった祝福の前に、感謝と喜びで、責任を果たすことを決意した、世界の祝福家庭たち!
62カ国、3万の祝福家庭が共に叫ぶ、神氏族メシヤの使命完遂を誓う、決意の掛け声と共に、
2018・天運相続・孝情奉献式が、恩恵の中、奉献されました。

– 2018第2回世界平和青年学生連合世界総会
天一国6年 天暦9月9〜13日(陽10.17〜21)HJ天苑ほか

これと共に、HJ天苑では、2017年2月、「世界平和青年学生連合 創立総会」に次いで、開催される
「YSP世界総会」が、23カ国・2000名の青年学生が同参する中で、5日間に渡って行われました。
結んで下さった、世界青年学生・コミュニティを基盤に、ピースデザイナー・プロジェクトを通じて、
真の父母様のみ言を、社会的実践運動として展開している、世界平和青年学生連合!

指導者たちの祝辞と激励の辞、主題講演が続いた、世界総会の場では、
韓国と日本を代表する、学生たちによる、ピースプロジェクトが発表され、全体に大きな感動を伝え、
ビジョン2020勝利に向け、7つの圏域の指導者と、青年学生たちは、総進軍の決意を一つにしました。

– 2018世界青年学生 朝鮮半島平和シンポジウム
天一国6年 天暦9月11日(陽10.19)大韓民国 国会図書館

また、南北問題を、韓半島から世界へ拡大、平和談話を展開する、「世界青年学生・朝鮮半島・平和シンポジウム」が開催され、真の愛を中心とした、韓半島の平和運動の、実践を決意する、「YSP平和行動・決意声明」が発表されました。

– 2018 YSP孝情国際青年 平和ミュージックコンテスト
天一国6年 天暦9月12日(陽10.20)清心平和ワールドセンター

祝祭のフィナーレを飾るイベントとして、真の父母様をお迎えする中で、共に和合する 「YSP孝情・国際青年・平和ミュージックコンテスト」が開催され、各大陸の青年たちが、精誠を込めて、準備してきた、様々な文化公演が、舞台を美しく飾りました。
青年たちの情熱と、真の父母様の孝情の心情が、「孝情清平・国際希望フェスティバル」の夜を、和合と統一の場として、美しく彩りました。

秋季・孝情清平・特別大役事、「2018・孝情清平・国際希望祝祭!」
御聖誕、基元節、聖和祝福祝祭、ツツジ祝祭と共に、孝情天苑の4大祝祭として、位置づけられ、
孝情の愛で、天一国の希望を輝かせています。

現場特集
-日本:3地区HJ未来フェスティバル2018
天一国6年 天暦9月13日(陽10.21)名古屋市 愛知県武道館

神日本の3地区では、世界平和・青年学生連合の主催により、「HJ未来フェスティバル」が開催されました。
この日の行事は、神日本・3地区の、9つの県から集まった、青年学生、約4000名が同参する中、未来に希望の光を示していく、青年・学生・1万名・基盤造成を目標に、「ミライメーカー1万人プロジェクト」を宣言する、出発の場となりました。

3地区の青年学生を紹介する、竹内啓晃(たけうち・ひろあき)・YSP-japan副会長の、主催者挨拶に続き、
天の父母様から頂いた、創造性を生かし、真の父母様から頂いた、み言と実践に、自らの創意力を加え、演劇や歌、スピーチや音楽など、皆の心を動かす、様々なパフォーマンスで、未来時代のビジョンを伝えました。

青年学生たちの熱気で、場内が沸きあがり、
徳野英治 神日本会長の紹介で登壇した、文姸娥 神韓国・天宙平和連合・会長は、
真の父母様のみ言を代読し、青年学生たちの未来を祝福しました。

文姸娥 世界平和女性連合世界会長・神韓国UPF会長
真の父母様の教えである、ために生きる真の愛を実践し、人類の前に孝情の光となって下さい。

続いて、口田孟(くちだ・たけし) ワールドCARPジャパン中部ブロック長により、「ミライメーカー1万人プロジェクト宣言文」が読み上げられました。

私の第一歩を踏み出し、地域、国家、世界に希望の光を示す、ミライメーカー1万人プロジェクトのスタートを宣言します!

神日本・3地区では、2019年10月に、4万名大会の開催を目指し、ビジョン2020勝利に向けた、総進軍の決意を固めている中、この日、一つのビジョンと夢を共有した、参加者たちは、青年学生・1万人基盤の勝利のために、力強く出発しました。

心情文化と、孝情文化の光を掲げ、皆の心と決意を、一つにまとめた時間。
青年学生の、平和へのメッセージと、熱い決意が、天一国、神世界に希望を与えています。

3.世界ニュース
■真の家庭
-韓国:文慶裕忠父様第64周期追慕礼拝
天一国6年 天暦9月15日(陽10.23)忠義愛館

真のお父様の父君(ちちぎみ)であられる、文慶裕(むん・ぎょんゆ)忠父様(ちゅうふさま)、第64周期・追慕礼拝が、元老・親族、首都圏の公職者など、200余名が参加する中、ソウル・忠義愛館(ちゅうぎあいかん)で行われました。
2003年、真の父母様から、「忠父」の尊号を受けられた、文慶裕 忠父様は、愛天・愛人・愛国の精神を、自ら実践され、氏族と社会の前に、見本となる、生活の標準を残されました。
この日、ムン・ヨンヒョン会長は、真のお父様に対する、忠父様の、切なる愛情を証しし、李基誠会長は、忠父様をはじめとする、絶対・善霊界と一つとなって、ビジョン2020、神統一韓国時代を、切り開いていく、韓国教会となることを呼びかけました。

■神氏族メシヤ活動
-ニュージーランド:神氏族メシヤアカデミー2日修練会および勝利決意式
天一国6年 天暦9月5〜6日(陽10.13〜14)オークランド市

オセアニアの、ニュージーランドでは、神氏族メシヤ・2日修練会、および、勝利決意式をもちました。
祝福家庭・約50人が参加した、今回の修練会では、神氏族メシヤ活動の定着のために、宣教現場を巡回し、講義を行っている、ヨン・ジノン 神氏族メシヤアカデミー苑長の講義が続き、食口たちは、真の父母様を誇り、証しする神氏族メシヤとして、新たな出発を決意する、恵みの時間となりました。

■平和運動
-インドネシア:IAPP・YSP共同創立式
天一国6年 天暦9月7日(陽10.15)国会

アジアのイスラム教国、インドネシアでは、世界平和・国会議員連合と、世界平和・青年学生連合の、国家単位・創立式が、インドネシア国会で開催されました。
この日の創立式には、アジア6カ国の国会議員をはじめとする、各界の指導者と、青年学生約500名が参加しました。
オスマン・サプタ、インドネシア上院議長の、積極的な支援の中で、UPFとの共同主催で行われた、この日の創立式では、UPFを支持する上院議長と、下院議長の基調講演が行われ、真の父母様を中心とした、IAPPと、YSPのビジョンと、純潔の価値が紹介され、イスラム国家の復帰への、希望の扉を開く、意義深い場となりました。

-ベナン:超宗教指導者原理教育
天一国6年 天暦9月1〜2日(陽10.9〜10)ダサ市

ベナンでは、12の教団の指導者・54人が参加する中、「超宗教指導者・原理教育」が行われました。
天の役事が臨んだ、修練の場では、摂理歴史の起源を明らかにする、「真の父母の福音」を通して、
互いを分け隔てる、あらゆる障壁を崩した、指導者たちは、平和決議書に署名し、祝福に同参することを誓約しました。

■青年活動
-カンボジア:統一武道 第3回総会
天一国6年 天暦8月27日(陽10.6)プノンペン

カンボジアでは、王立政府の全面的な支持と支援の中で、「統一武道・全国大会」が組織され、
3回目を迎える、統一武道・総会が行われました。この日の総会に参加した、王立政府の指導者と、青年学生たちは、統一武道・2期修了式に参加し、孝情人格教育の、価値とビジョンを共有しました。

-コロンビア:世界平和青年学生連合セミナー
天一国6年 天暦9月1〜7日(陽10.12〜15)

中南米圏域のコロンビアでは、世界平和・青年学生連合のセミナーが行われました。
孝情人格教育と、純潔教育に基づいて、未来の人材の青写真を描く、真のリーダーシップ教育と、原理講義まで、コロンビア全域から集まった参加者たちは、様々な講義や体験活動を行い、青年活動のための、YSPネットワークを組織しました。

-アメリカ:GPA2次路程出発式
天一国6年 天暦8月15〜18日(陽9.24〜27)

神アメリカでは、献身者の研修プログラムである、GPAの2次路程・出発式が行われました。
1次、万物復帰路程を通して、真の父母様の心情と、事情を体恤した、献身者たちは、3日修練会を通じて、み言の中に生きておられる、天の父母様のみ旨と計画を感じ、11月12日に開催される、真の父母様主管による、アメリカ大会の勝利のために、2次路程・勝利の決意を固めました。

■主要ニュース
-第18回殉国烈士精神宣揚大会および日韓合同慰霊祭
天一国6年 天暦9月13日(陽10.13)西大門独立公園 独立館

神韓国では、解放73周年と、日韓国交・正常化53周年を記念して、北東アジアの和合と平和、南北統一を願う「第18回・殉国烈士・精神宣揚大会・および・日韓合同慰霊祭」が開催されました。
この日の会場には、日韓両国の政治家と宗教人をはじめとする、多国籍の留学生と、平和市民700余名が参加し、殉国先烈の精神を受け継ぎ、韓半島の平和統一と、北東アジアの平和の、新時代を開いていくことを誓い合う、意義深い場となりました。

-韓国:6500双家庭 祝福30周年 日韓合同総会
天一国6年 天暦9月13日(陽10.21)天宙清平修錬苑

天宙清平修錬苑では、6500家庭の、祝福30周年、日韓合同総会が開かれました。
鄭元周総裁秘書室長と、李基誠会長は、交叉・交体祝福を受け、多くの困難を克服し
世界平和の実現の先頭に立ってきた、6500家庭の苦労に敬意を表し、真の父母様の切なる愛を伝えました。
祝福30周年を迎えた、6500家庭はこの日、30年間、変わらない愛と、恩賜で導いて下さった、
真の父母様に感謝し、実体天一国の安着のために、より力強く進むことを誓い合いました。

-韓国:元老牧会者会長 離・就任式
天一国6年 天暦9月10日(陽10.18)天宙清平修錬苑

神韓国家庭連合では、真の父母様の命により、元老牧会者会・会長の、離・就任式が行われました。
鄭元周総裁秘書室長と、李基誠会長は、真の父母様に向けた、忠孝のモデルを立てるために、尽力した、ヤン・ジュンス会長の労苦に、感謝を伝え、今後の、多くの摂理的課題の前に、元老牧会者会が、
趙萬雄新任会長と共に、中断なき前進で、進んでいってほしいと、呼びかけました。

一方、特別報告を行った、尹鍈鎬・世界本部・事務総長は、太平洋文明圏・摂理を主導して行かれる、
真のお母様の、主要計画と方向について伝え、深い感動を与えました。
この日、ヤン・ジュンス会長は、真のお母様に侍ってきた、一日一日が、幸せな日々だったと回顧し、
趙萬雄新任会長は、ビジョン2020、国家の復帰の勝利のために、孝情の精神で、全力投球することを固く誓いました。