HJグローバルニュース (2018年 12月 1日)

By | December 2, 2018



1.真の父母様の動静

摂理歴史の真実が明かされるに従い、奇跡の役事が繰り広げられている今日。ジンバブエ政府の支持の下で開催された、「Peace and Family Festival」を勝利へと導かれた真の父母様は、ネルソン・マンデラ大統領家門の王室との、積極的な協力がなされている、南アフリカ共和国を訪ねられ、2018 アフリカ・サミットの場を開いて下さいました。

– 2018アフリカサミット開会式

天一国6年 天暦10月15日(陽11.22)ケープタウン国際コンベンションセンター
世界人権運動の象徴である、ネルソン・マンデラ生誕100周年を迎え、彼の遺産を称えると同時に、
共生、共栄、共義のための、「神アフリカ・プロジェクト」の実践の場を開くために、準備された、2018アフリカサミット!
今回の行事には、神アフリカ圏域の前職大統領14名、国会議長8名、副議長12名、長官18名と、国会議員・約350名をはじめとする、政治指導者たちと、宗教指導者170名と、族長170名など、60カ国の各界の指導者、約千名が一堂に集まりました。
超宗教指導者たちの、切なる祈りで、幕が開かれた、開会式!
トーマス・ウォルシュUPF世界議長と、マンデラ大統領の孫であり、マンデラ王室のチーフである、「マンドラ・マンデラ国会議員」が、主催側の代表として、歓迎の辞を伝えました。

マンデラ王室チーフ マンドラ・マンデラ 国会議員 歓迎の辞

私たちの世界的な英雄、ネルソン・マンデラが、数百万の平和の象徴となっていったように、
真の父母様の天宙平和連合もまた、世界的に良き評価を受けています。
私たちは、真のお母様を、母の都市、ケープタウンに、暖かくお迎えします。
バレカ・ウンベテ 南アフリカ・国会議長と、ロジャー・ヌコド・ダン 全アフリカ議会議長のスピーチに続き、
エリック・フンデテ ベナン国会副議長は、創立者の紹介を通じて、真の父母様を証ししました。

エリック・フンデテ ベナン国会副議長 創立者紹介

真の父母様の生涯と生活の核心は、調和のとれた社会と、世界平和のために
神様を中心とした理想家庭を立ててこられたということです。
1960年に始まった祝福結婚運動は、世界的に数百万人の夫婦に拡散されました。
あふれる歓声の中で登壇された、真の父母様は、摂理歴史の真実を明らかにする、み言を通して、
神アフリカの指導者たちを教育して下さいました。

真の父母様の基調講演

人種を超越し宗教を超越して、70億人類が「私たちの父母様は創造主、天の父母様である。その天の父母様の前に進み出る助けをしてくださるお方が真の父母だ」ということを知らなければなりません。
世界平和統一家庭連合は祝福を最重要視しています。皆さんはどのようにしますか。私とともに、真の父母を通して新しく生まれ変わる祝福を受けた国と大陸として、世界の前に光であり、燈火になるアフリカ大陸をつくりますか。
聖書に「先の者はあとになり、あとの者は先になる」というみ言があります。このみ言こそ祝福を受けた皆さんの立場であることを知って、歴史の真実、摂理史の真実を正しく知り、そのように実践することを願います。独り娘、真の母とともにあることを願います。
続いて、神アフリカ・プロジェクトの契約を結んだ、13カ国の代表者と、追加契約を希望する7カ国の代表たちが、国際平和・高速道路・起工式の場に、真の父母様と共に参席しました。

– 2018アフリカサミット

天一国6年 天暦10月13〜17日(陽11.21〜25)ケープタウン国際コンベンションセンター
共生、共栄、共義を中心とした、10種類の神アフリカ・プロジェクトを具体化させた、4日間のサミット。
世界平和・国会議員連合と、世界平和宗教人連合、世界平和・族長協議会を一つの軸とし、
セマウル運動を母胎とする、神アフリカ運動と、コーヒープロジェクト、医療、福祉の拡充に加え、国際平和高速道路、孝情人格教育、鮮鶴平和賞、真の家庭運動により構成された、神アフリカ・プロジェクト!
60カ国の指導者たちは、真の父母様が提示して下さった、神アフリカ・プロジェクトの祝福に感謝し、天の父母様に侍る、平和、繁栄の、神アフリカのために、互いに知恵を出し合いました。

– 第3回鮮鶴平和賞受賞者発表

天一国6年 天暦10月15日(陽11.22)ケープタウン国際コンベンションセンター
特に今回のサミットでは、第3回・鮮鶴平和賞・受賞者が発表され、注目を集めました。

ワリス・ディリー モデル兼割礼撤廃人権活動家
アキンウミ・アデシナ アフリカ開発銀行総裁

数千年間続いた、女性割礼の暴力性を世界に知らしめ、悪習を終息させるための、国際法の制定に先立ち、数億人の少女を救い出した、「ワリス・ディリー」人権活動家と、農業経済学者として、過去30年間、アフリカの農業を革新し、数億人の食料安全保障を改善した、「アキンウミ・アデシナ」博士!
二人の義人を選定した、鮮鶴平和賞・委員会は、「アフリカの人権と開発」を、人類共通の運命のための、未来の平和アジェンダとして提示し、アフリカ・サミットのビジョンと価値を、さらに輝かせました。

ウングム・フレイ コンゴ民主共和国 国会議員・コンゴ民主共和国 IAPP会長

私たちは、UPFを通して、より高い基盤に到達しました。私たちは、国会議員と伝統族長、宗教指導者が、共同で働くことで、各国の政府に影響を与えることができるでしょう。

ティトゥス・スワラ 元スワジランド国会議員

私たちがしなければならないことは、マンデラ大統領と、真の父母様から知恵を得て、前に進むことです。
何も私たちを妨げることはできません。

– 天地人真の父母様主管 2018南アフリカ共和国 超宗教平和祝福式
天一国6年 天暦10月17日(陽10.24)ケープタウン国際コンベンションセンター

アフリカ・サミットのビジョンと、決意が集まった、天地人真の父母様主管・2018・南アフリカ共和国・超宗教・平和祝福式!約60カ国の超宗教指導者、三千双・六千余名が、祝福事前教育と、聖酒式の後、祝福式に参席し、この祝福は、南アフリカ・43万双の一次祝福として、奉献されました。
重生の感謝と喜びに染まった、祝福の場。4万名の信徒を率いる、南アフリカ共和国・黙示録教会の創立者である、サムエル・ハデべ預言者は、堂々とした口調で、真の父母様を証ししました。

サムエル・ハデべ 南アフリカ共和国・黙示録教会創立者 歓迎の辞

私は形式的な言葉ではなく、心情から溢れ出る言葉を語る人です。
すべての宗教を一つに集めることが、真の父母様が行われていることです。
南アフリカ共和国に、独り娘、真のお母様をお迎えすることができたことは、本当に喜びであり、光栄です。
この祝福の日は、永遠に記憶される日であり、絶対消えることはないでしょう。
この日の主礼であられる、真の父母様が登壇され、神聖な祝福の儀式を主管して下さった真の父母様は、神アフリカの未来を祝福してくださいました。

真の父母様の祝祷

きょう、祝福を受ける善男善女たちから、新たな歴史が出発するこの瞬間であることを、天の前に無限の感謝と賛美と頌栄を捧げ、彼らが責任を果たすことによって、各氏族のメシヤとなり、国家のメシヤとなり、世界のメシヤとなることのできる資格を備えることのできる、祝福家庭となって、地上のみならず、今まで地上を経て行った霊界の先祖たちまでも再祝福、解放することのできる、偉大な祝福家庭となり得る資格を得たということを肝に銘じることを願います。隣人を、私の氏族を、国家を、世界を愛するために生きる、真の愛を実践する天一国の民としてのあらゆる資格を備える家庭となり、未来の後代に責任を持つことのできる、我々の2世、3世たちが、平和で幸福な世界で生きることのできるその日を、その日の環境圏を広げる父母としての責任を果たす、きょう、祝福を受ける家庭となることを、真の父母の名によって祝願し、宣布致します。アーヂュ。

マハマヌ・ウスマン 元ニジェールの大統領は、全体を代表して、真の父母様に感謝の挨拶を捧げました。

マハマヌ・ウスマン 元ニジェール共和国大統領

この偉大な祝福式を、南アフリカ共和国で、開くことができたことを、真の父母様に感謝致します。
未来において、この偉大な祝福の日を振り返ってみた時、人々に新しい価値観と理想、希望を与えた、歴史的な時間であったことを、知るようになるでしょう。
過去と未来をつなぐ、祝福中心家庭として、霊肉界全体を祝福してくださった愛!
6千名の参加者たちは、真の父母様の愛に応える、祝福家庭となり、神アフリカの未来を輝かせることを誓い合いました。

– 神アフリカ希望前進大会および祝福式 祝勝会
天一国6年 天暦10月17日(陽11.24)国際コンベンションセンター

神ジンバブエ、神南アフリカの、新しい出発に感謝する、祝勝の場!
全体の決意と報告を、喜びで受けられた真の父母様は、祝福家庭全体を、摂理の主役として立ててくださり、知恵と勇気を与えて下さいました。

真の父母様のみ言

南アフリカは、アフリカ大陸において、最も南端に位置しています。皆さんは、ケープタウンから火を付け、全アフリカ大陸に火を付けますか。私が今回、南アフリカと、ジンバブエを大きく祝福しました。種を蒔いたので、早い時期に実を結ぶようにしなければなりません。ではこれから、皆さんを信じて、ありがたく感謝する心で、私はまた、次の目的地に向かって明日出発します。
神国家、神大陸の祝福が輝いた、祝勝の日!
祝福中心家庭たちは、一つの世界に向かって進んで行く、この歩みが、新たな歴史となることを確信し、真の父母様の、み言の主人となることを、固く決意しました。

2.世界ニュース

■神氏族メシヤ活動

– 韓国:パク・ポヒ・ユンギスク家庭神氏族メシヤ430家庭祝福完了宣布
同伴:パク・チュンヒョン、チェ・ヒョンスク家庭 / パク・ジョンヒョン、ヤン・パニム家庭 / チョン・インスン、キム・オッキ家庭
天一国6年10月16日(陽11.23)リトルエンジェルス芸術会館
天の孝情の人生を完成させていく、神氏族メシヤ祝福式!
神韓国では、36家庭パク・ポヒ、ユン・ギスク 元老家庭の、神氏族メシヤ・430家庭祝福の・勝利宣布式が行われました。この日の祝福式には、パク氏の氏族をはじめ、新しい霊の氏族・約350名が同参し、天の摂理の一線で最善を尽くしてきた、パク・ポヒ会長家庭の、神氏族メシヤ・430家庭祝福の、勝利宣布を祝いました。

– 韓国:1地区、仁川教区 神氏族メシヤ430家庭祝福勝利宣布式
天一国6年10月11〜18日(陽11.18〜25)

▶仁川教会29家庭、富川教会12家庭、南富川教会12家庭、江華教会13家庭
西区教会23家庭、朱安教会22家庭、富平教会7家庭、桂陽教会12家庭
これと共に、神韓国1地区、仁川教区では、神氏族メシヤ活動のために、各地の教会が連帯、
一週間に渡って、130家庭の、神氏族メシヤ・祝福勝利・宣布式が行われ、地域の復帰のための、希望の火を灯しました。

▶韓国:1地区、ソウル南部 衿川教会(陽11.22)
キム・スンギュ、キム・ブンナム家庭 / キム・ジノ、ハダ・フミコ家庭 / チョ・ヨンドク、キム・クムジャ家庭
キム・ヨンホ、イデタ・フミコ家庭、チョン・チャムン、イ・ウェソン家庭 / イム・イング、ナニカワ・ミドリ家庭
宣布式をもった、これらの家庭は、新しい霊の氏族の、教会定着の重要性について深く認識し、
今後、信仰教育に徹していくことを決意しました。

– アフリカ:2地区、ベナン神氏族メシヤ祝福式
天一国6年 天暦10月3/4日(陽11.10/11)カンディ / パラコ
神アフリカ、2地区ベナンでは、超宗教指導者・祝福式が行われました。
協会長夫婦と、特使などをはじめとする、ベナンの指導者たちは、超宗教指導者の復帰のための
ブック・ベナン希望前進ツアーを実施し、カンディと、パラコ地域の聖職者たちを、祝福に導きました。

– アフリカ:2地区、リベリア神氏族メシヤ祝福式
天一国6年 天暦10月3/4日(陽11.10/11)パインビルズ市
神アフリカ・2地区・リベリア家庭連合と、青年学生連合は、街頭行進と、路傍伝道を通じて、連結された対象者を
7日修練会に導き、真の父母の福音を宣布し、神氏族メシヤ祝福を奉献しました。
– 中南米:4地区、ニカラグア神氏族メシヤ祝福式
天一国6年 天暦10月10日(陽11.17)首都マナグア
神中南米・4地区、ニカラグアでは、平和大使基盤の復帰のための、原理セミナーを推進し、
地域社会の指導者と、指導者の支持基盤を、祝福に導いています。
– 日本:3地区、ファミリーピースフェスティバル
天一国6年 天暦10月16日(陽11.23)新発田市
神日本・3地区、新発田(しばた)市では、地域住民の復帰のための、アウトリーチプログラムの一環として、「ファミリーピースフェスティバル」が開催されました。国会議員と県議会副議長、新発田市長など、各界の指導者と、市民700名が参加した、この日の大会では、真の家庭の価値を証しする講演と、書写実践、パネル展示などが行われ、地域の復帰に向けて、希望をもたらしています。

■平和運動

– インド:IAPP・IAPD・YSP発足式
天一国6年 天暦9月26日(陽11.3)首都ニューデリー
インドでは、世界平和・国会議員連合と、世界平和・宗教人連合、世界平和・青年学生連合の、国家単位・創立式が行われました。
インドの国会議事堂で行われた、この日の創立式には、インド・内務省次官と、国会議員、宗教指導者をはじめとする、各界の指導者、約250名が参加し、天宙平和連合のビジョンと、価値の下に集まった指導者たちは、各連合の創立セッションに同参し、平和統一運動のための、連帯と組織、ネットワークを強化しました。

– アルゼンチン:ピースロード2018
天一国6年 天暦9月20日/9月27日(陽10.28/11.4)首都ブエノスアイレス/ゴルドバ市
ピースロード2018、アルゼンチン大会が、首都ブエノスアイレスと、ゴルドバ市で行われました。
交通部長官をはじめとする、多数の市民社会団体が参加した、アルゼンチンのピースロードでは、
地域の観光スポットを拠点とした、街頭行進が行われ、ピースロードの価値とビジョンを拡散する、意義深い場となりました。

■青年活動

– 韓国:韓国統一武道協会、2018下半期昇級・昇段審査
天一国6年 天暦10月4日(陽11.11)仁川統一武道本部道場
韓国・統一武道協会は、2018年度・下半期・昇給、昇段審査を行いました。
この日、昇給・昇段審査に参加した2世、3世の修練生たちは、統一武道の修練に精進(しょうじん)してきた
1年間の努力の結果を披露し、孝情の心情を備えた勇士となることを決意しました。
摂理歴史の真実が明かされるに従い、奇跡の役事が繰り広げられている今日。ジンバブエ政府の支持の下で開催された、「Peace and Family Festival」を勝利へと導かれた真の父母様は、ネルソン・マンデラ大統領家門の王室との、積極的な協力がなされている、南アフリカ共和国を訪ねられ、2018 アフリカ・サミットの場を開いて下さいました。