HJグローバルニュース (2019年 1月 5日)

By | January 7, 2019

1.真の父母様の動静

 – 神統一韓国時代開門 汎国民祈祷会

天一国6年 天暦11月26日(陽暦2019.1.1)清心平和ワールドセンター

天一国、神世界のビジョンを、全世界に宣布された、2018年!すべての勝利の基台の上に、神統一韓国のビジョンを叫ばれた、真の父母様は、2019年を出発する新年集会を主管され、己亥年(つちのといどし)の新年を出発して下さいました。

趙萬雄 元老牧会者・会長

天上のお父様と地上の摂理を経綸される真のお母様と、完全に一心・一体・一和となり、前進を重ね、必ずや、勝利させて下さい。

鄭元周 総裁秘書室長

人種を超越し、宗教を超越して、70億人類が、私たちの父母様は、創造主、天の父母様であり、天の父母様の前に進み出て行けるよう、助けて下さる方が、真の父母であることを知らなければなりません。

チョ・マヌン 元老牧会者・会長の報告と、チョン・ウォンジュ 総裁秘書室長の訓読を皮切りに開かれた、新年集会の場!天一国の指導者と平和大使、神韓国の中心食口・約2万名は、元旦に先立って、行われた、特別報告の時間を共に過ごしました。

尹鍈鎬 天正宮本部 事務総長

真のお母様、真の父母様と一つとなれば、天の父母様と天上の真のお父様が、私たちに奇跡と恩寵の祝福を施されることを信じます。アーヂュ。

ユン・ヨンホ事務総長は、2018年の、急進展を遂げた、奇跡のような摂理の結実を共有し、神韓国の地区長たちは、神統一韓国開門のための、全体の決意を集め、力強い決意表明を行いました。神韓国の特別報告を行った、イ・ギソン 神韓国会長は、真の父母様の指針に従って、挑戦し、勝利する一年となった、2018年に感謝し、全体の決意を奉献しました。

李基誠 神韓国家庭連合 会長

私たちが心を一つにして祈れば、天の門が開かれるでしょう。成せないものは、無いでしょう。2019年に、み旨を成し遂げるべき我々です。

この日のようすは、PeaceTVのインターネット中継を通して、190カ国の世界の食口たちが視聴する中、特に、神日本家庭連合・本部との、二元生中継を通して、指導者たちの新年のメッセージが伝えられました。

徳野英治 神日本家庭連合 会長

神日本家庭連合は、韓国の神氏族メシヤの勝利圏を相続し、勝利することによって、その土台の上にネパールのように、国家的勝利圏を立てます。真のお母様、愛しています。韓国の食口の皆さん、愛しています。世界の食口の皆さん、愛しています。神日本、必ず勝利します。勝利します。勝利します。

時空を超えた、世界の食口たちの熱い決意が、天に届けられ、2013年以来、7年ぶりに行われた、新年集会の元旦を主管して下さった、真の父母様は、神統一韓国のビジョンを宣布され、己亥年(つちのといどし)の新年を出発して下さいました。

真の父母様の祝祷

天の父母様!数多くの逆境と患難の中で、この民族を掴んでこられた限りない愛と恩賜の前に感謝申し上げ、ありがたく存じます。今や2020に、1年を残したこの己亥年は、十干十二支の最後の年として、新しい庚子(かのえね)年を出発できるその時に向かって、この民族が必ずや天の祝福を受け入れて責任を果たすことのできる、「私の愛する息子娘のいる、私の祖国だ」と言えるこの国にならなければなりません。天の父母様!限りなくあなたの大きな恩賜の前に不足でありますが、最善を尽くし、あなたの夢を必ず成して差し上げる大韓民国になることを、天の父母様とこの民族と全世界の前に祝願・宣布いたします。

天と人類の前に、み旨成就の願いをこめて、宣布をされた真の父母様!

今日の大韓民国を存在せしめた、3‧1独立運動と、大韓民国・臨時政府・樹立・100周年を迎える、新年の出発に際し、神統一韓国のビジョンを掲げ、雄飛する、摂理の祖国となることを祝願されながら、食口たちに対して、懇切な願いを込めたみ言を伝えられました。

真の父母様のみ言

愛する祝福家庭の皆さん!愛しています。 私たちは必ずや天の父母様の夢を成して差し上げ、人類の願いを成し遂げるのに先頭に立つ、誇らしい祝福家庭であることを宣布します。 神様は全知全能の方です。始まりと終わりが同じ方です。必ず勝利しなければなりません。 堕落した人間の中で、勝利したという真の父母が出てくるまで、6000年待ってこられました。その待つ中心に、韓半島、この大韓民国を祝福されました。そうだとすればこの大韓民国が真の父母の祝福を受ける民にならなければなりませんね。 私たちに与えられた時間は1年です。分かりますか。この己亥年に必ず国家の復帰、天一国の民としての資格を備える、この大韓民国になるように皆さんが突き進んでください。

神様の太初の願いと、祝福家庭の、時代的使命について諭され、「伝えれば悟るであろう」と、希望を下さったみ言。

神統一韓国の扉を開く、打鐘(だしょう)と、「神統一韓国時代・開門安着!」という、新年の特別指針を下さいました。

新しい時代を照らす、神霊と真理の光を掲げながら、統一の歌を共に歌った時間!

神統一韓国のろうそくを伝授された、2万名の祝福家庭・食口たちは、神統一韓国の安着の日を思い描きながら、総進軍の決意を固めました。

続く二部、神統一韓国時代開門、汎国民祈祷会の場は、神氏族メシヤと、未来の人材として、模範となる、祝福家庭の青年学生たちに、孝情賞が授与されることを皮切りに、孝情奉献書・奉献と、新春・特別賛美を通して、霊肉界が、共に臨む、復興の場となりました。心の中に横たわる、エリコ城を打ち崩し、ビジョン2020の勝利を願う心情で、一つになった、徹夜祈祷の時間!

朴榮培 神韓国家庭連合 第5地区長

天の父母様!私たちの信仰をご覧下さい。私たちがお父様の前に、駆けつけて行きます。主よ来たれ!

李基誠 神韓国家庭連合 会長

約束の勝利の盤石を、私たちのものとさせて下さい。お父様が持たれた、お母様が持たれた、絶対信仰、絶対愛、絶対服従で、侍り、進み、必ずや勝利しますので、役事なさって下さい。

天に向かう切実な叫びが響く、通声祈祷により、孝情天苑の、極寒をも凌ぐ、熱い熱気に満ち溢れ、その現場は、まるで初代キリスト教の、マルコの屋上の間(おくじょうのま)で起こった、聖霊復活の役事を再現するかのようでした。

新たなビジョンと希望を胸に、出発した元旦。

真の父母様が祝福して下さった、新年集会を通して、2019年の勝利の決意を集わせた、食口たちは、神統一韓国安着の日に向けて、感謝と喜びで邁進して行くことを誓い合いました。

– 真の父母様招請機関長新年朝餐会

天一国6年 天暦11月26日(陽暦2019.1.1)天正宮博物館

新年の希望に満ちた朝!

真の父母様は、神韓国の中心公職者と、摂理機関長・30余名を招請され、神統一韓国時代開門・汎国民祈祷会の勝利を祝う、朝食の時間を共に過ごされました。

世界の祝福家庭を代表する、天一国指導者たちから、新年の敬拝を受けられ、雑煮を分かち合われながら、勝利する新年となることを、祝福して下さった真の父母様!

指導者たちの新年の決意と、計画について、一人一人、傾聴され、統一の歌を共に歌った、新年の朝を出発され、必ず勝利する2019年となることを祝福して下さいました。

2.世界ニュース

■神氏族メシヤの活動

 – カナダ:神氏族メシヤ祝福式

天一国6年 天暦11月8日(陽12.15)トロント

北米圏域、カナダの、神氏族メシヤ祝福が熱く展開されています。

様々なアウトリーチ活動により、スリランカ移民者コミュニティの、会長団との交流の扉が開かれた、カナダの食口たちは、祝福教育を通じて、約500名の新規食口を祝福に導き、モントリオールでは、平和大使の祝福式が奉献され、バンクーバーでは、ネパールとバングラデシュの移民者コミュニティの祝福が行われるなど、カナダでは、国家や人種を超越する祝福結婚の場が、続いています。

– ベナン:ササキ・タツオ、エツコ家庭 神氏族メシヤ430家庭祝福完了

天一国6年 天暦11月13日(陽12.19)

ベナンでは、ササキ・タツオ、エツコ家庭の、神氏族メシヤ・430家庭祝福・完了宣布がなされました。

1975年から宣教師を天職と考え、海外宣教路程を歩んできた、佐々木家庭は、ベナンの特使として献身し、神氏族メシヤ伝道チームを育成、指導者の復帰を中心とした、祝福活動を展開し、430家庭の祝福を完了しました。

– ベナン:神氏族メシヤ祝福式

天一国6年 天暦11月9/16日(陽12.15/22)

これと共にベナンでは、家庭訪問伝道と、族長の復帰活動が、全域に広がり、祝福の熱気が高まっています。

 – リベリア:神氏族メシヤ祝福式

天一国6年 天暦11月10日(陽12.16)

リベリアでは、キリスト教会の、復帰の役事が、なされつつあります。真の父母の福音に共鳴し、神氏族メシヤ祝福に同参した、キリスト教牧師たちは、自らの信徒たちを、原理のみ言に導き、約400名が同参する、超宗教祝福を奉献しました。

– ニカラグア:神氏族メシヤ祝福式

天一国6年 天暦11月9日(陽12.15)マナグア

この他にも中南米圏域、ニカラグアでは、UPFと連結された平和大使に、原理教育を実施し、神氏族メシヤ祝福の場が奉献され、

 – 台湾:HJ聖地巡礼と新婚旅行教育プログラム運営

天一国6年 天暦11月9日/11月12〜16日(陽12.15/12.18〜22)

台湾では、VIP伝道のための、HJ聖地巡礼と、3日行事のための、新婚旅行の教育プログラムが運営されるなど、世界の神氏族メシヤの活動は、各圏域で、神文明と文化を創造しています。

■平和運動

 – ヨーロッパ:UPFカンファレンス

天一国6年 天暦11月6日(陽12.12)EU議会議事堂

国連の、「世界人権宣言」70周年を記念し、神ヨーロッパUPFは、フランスにある「EU、欧州連合議会・本部議事堂」でUPFカンファレンスを開催しました。各国の大使と議員など、ヨーロッパ大陸の、各界の指導者・100余名は、1950年に採択された、人権宣言の意味を再確認し、「ヨーロッパの人権と未来」をテーマに、白熱した議論と発表を行い、権利と責任が、相互依存をなした、調和のとれた、社会づくりのために、家庭の役割を強化し、心と体、宗教と政治の均衡を回復する、原理に基づいた、ヨーロッパの未来を開いていくことを誓い合いました。

■青年活動

 – フィリピン:統一武道世界武芸大会

天一国6年 天暦11月8〜10日(陽12.14〜16)IPLC大学体育館

神アジア圏域のフィリピンでは、「統一武道・世界武芸大会」が開催されました。

アジアとアフリカ、ヨーロッパなど、全7カ国の選手、約500名が参加した、この大会では、統一武道とテコンドー、空手、フィリピンの伝統武芸の選手たちが、演武と競演を繰り広げ、言語と国境を越え、武道の礼式と法度で、疎通する、和合の場となりました。

– カンボジア:統一武道全国大会

天一国6年 天暦11月7〜10日(陽12.13〜16)首都プノンペン

これと共に、カンボジア国立オリンピックスタジアムでは、カンボジアの青年教育スポーツ部と、世界統一武道連盟との共催で、「統一武道全国大会」が開催され、孝情人格教育に基づいた、心身の訓練の成果を競い合う、意義深い場となりました。