HJグローバルニュース (2019年 7月 27日)

By | July 29, 2019

from iPeaceTv.com

皆さん、こんにちは。天一国の希望のニュースをお伝えするHJグローバルニュースです。
ビジョン2020、国家の復帰の勝利のための、7圏域・36か国の希望前進大会の熱気が高まる中、神韓国3地区、神忠清国では、「2019 忠清圏 孝情、真の家庭希望フェスティバル」が成功裏に開催されました。今週は、この大会で語られた、真の父母様のみ言を中心に、天一国の希望のニュースをお伝えいたします。
1. 真の父母様の動静
– 2019 忠清圏 孝情、真の家庭希望フェスティバル
天一国7年 天暦 6月19日(陽7.21) 天安市・柳寛順体育館
ビジョン2020国家の復帰勝利に向けた7圏域36ヵ国希望前進の熱気が熱く続く中で、天暦6月19日! 愛国忠節のふるさと、神忠清国では「2019 忠清圏孝情真の家庭希望フェスティバル」が、1万2000の平和市民の歓声の中で開催されました。
霊肉界が共にする賛美役事で天運が相続され…真の家庭天宙祝福式の場に同参した、1万2千人の平和市民たちは、「新たな韓半島の100年を真の家庭文化の拡散を通じて切り開いていくこと」を決意しました。
神忠清国のヤン・スンジョ忠清南道(チュンチョンナムド)知事をはじめとした韓国と日本の国会議員、宗教指導者が共にする中、9つの宗教団体の祝願代表者として登壇した、李基誠神韓国会長は、日韓の平和と神統一韓国時代の開門安着を念願する告天文を朗読しました。
大会の辞を述べた、ソン・イニョン神韓国3地区長は孝情と真の家庭の価値を力説しました。
告天文朗読 李基誠 神韓国家庭連合会長
きょう、この大会で、100年前の独立万歳運動のように、ひとつになるようにしてください!
すべての忠清道の義人たちが、天のみ旨を中心に一つにならしめてください
 
大会の辞 ソン・イニョン神韓国3地区長
100年前に柳寛順烈士の万歳運動が、全国民の心をひとつに集め、全国に拡散したように、本大会を通して真の家庭の価値を高め、対国民和合を成し、誇りある希望大韓民国を作っていきましょう。
特にこの日の行事では、孝情3代家庭賞と孝情多子女賞、地域奉仕に努めた多文化家庭に授与される
孝情模範家庭賞の授与式が行われ、授賞式に続き、祝辞のために登場したヤン·スンジョ忠清南道知事は
真の父母を中心とした真の家庭運動に積極的に参加することをアピールしました。
祝辞 ヤン・スンジョ忠清南道知事
私は世界平和統一家庭連合が追求する価値が、私たちの人類社会に実現する時、大韓民国の社会問題、宗教問題、人類の多くの問題が解決できると思います。私はそのような意味で皆さんが追求する真の家庭孝情文化運動! 私は210万の忠清南道道民の一人として、皆さんが追求する価値と運動に対して積極的に参加し、志を同じくするという点を皆さんに明確に申し上げます。
孝情スピーチを伝えた、金井洋子氏は、真の父母様のみ言に従い、 韓日間の平和のかけ橋となるために生きてきた人生を証し、大きな拍手と歓声を受けました。
全体を喜びで傾聴された真の父母様は、「祝福された選民の使命」について、貴いみ言を下さり、韓日間の未来のビジョンと平和世界の解決方法について提示されました。
真の父母様のみ言
真の父母は、この国が直面している問題について、未来を見据えて、ずっと以前から「交叉交体祝福結婚式」を行ってきました。特に怨讐の国であるという韓国と日本の青年たちを教育し、祝福式を挙行してから30年が過ぎました。
全世界的に190以上の国に、真の父母と共に歩む祝福家庭たちが大勢いるのです。彼らの願いは、天の父母様が抱かれる人類一家族の平和世界です。地上天国です。このことを成就するにおいて、祝福家庭たちが責任を果たすことにより、この夢は、私たち当代で必ず実現できます。
きょう祝福を受けた祝福家庭の皆様と、すべての祝福家庭たちは、この時代に責任を持つべき、人類歴史の完成と天の摂理の完成を成す「選民祝福家庭」です。
選民家庭の前には怨讐となる国があり得ません。すべてが神様と真の父母を中心した一つの兄弟であるため、私たちは、天の父母様に侍り、真の父母のみ言通りに実践躬行する祝福家庭として、祝福の選民として、その責任を果たさなければなりません。そのような「神忠清国」の祝福家庭となられることを祝願いたします。
真の父母様の呼びかけに答えた、日韓の国会議員たちは、真の父母様の生涯と業績を証し、大きな拍手喝采を受けました。
続いて、高鐘元(コ・ジョンウォン)高鐘宇(コ・ジョンウ)詩朗読家は、「白頭山が夢見る統一の夢!」雄飛する、神統一韓国の心意気を明かし、天地人真の父母様に向かう孝情の心情を表現した、神忠清国の約300名の青年学生たちの孝情フィナーレのステージを最後に、神統一韓国のビジョンと真の家庭の旗を掲げ、「2019忠清圏孝情、真の家庭希望フェスティバル」が終了しました。
– KLC 2019 忠清圏 真の家庭希望カンファレンス
天一国7年 天暦 6月18日(陽7.20) 牙山鮮文大学国際会議室
本大会に先立って行われた「KLC2019忠清圏 真の家庭希望カンファレンス」の場には、忠清圏の国会議員や言論人をはじめ各界指導者と平和大使約250人が満場を成しました。「神統一韓国! 真の家庭が希望だ!」をテーマに神統一韓国のビジョンが提示された現場! 対内外の指導者たちは真の家庭運動を通じて、健全な社会の具現と対国民和合を通じた、神統一韓国国民連合の安着で、韓民族の新たな100年を切り開いていくことを決意しました。
– 日韓国会議員懇談会および記者会見
天一国7年 天暦 6月19(陽7.21)
これと共に、硬直した日韓関係の回復と、神統一韓国ビジョンの拡散のための、日韓国会議員懇談会や記者会見が開催されるなど、神韓国3地区希望前進大会は、神忠清国の政治家と平和市民の心を一つにし、神統一韓国の希望に満ちた未来を切り開きました。
– 2019 忠清圏 孝情真の家庭希望フェスティバル祝勝会
天一国7年 天暦 6月19日(陽7.21) 牙山鮮文大学本館
孝情真の家庭希望フェスティバルの祝勝会の場!
ソン・イニョン地区長の恩恵ある勝利報告と、鮮文大学のク·マンウォンジュ総学生会長の感動的な感想発表が続き… 真の父母様は日韓祝福家庭の労苦をねぎらわれ、孝情朗育成のゆりかご、鮮文大学の神忠清国の未来を祝福してくださいました。
真の父母様のみ言
2020年には鮮文大学が少し変わります。私が神学科を士官学校に成長させます。それでこの時代を生きている全世界の祝福家庭の2世たちが、最も来たいと思う鮮文大にしてみせます。 鮮文大の神学科を卒業すれば、天一国の太鼓判が押されるのです。取っておいて100%永久な、市民証をもらうことになります。わかりますか? 全世界190カ国を超える国々に、祝福家庭がすべています。 彼らに私が直接に力を与えるために、大陸別に祝福行事を行っています。 それで私が「独り娘だ」と宣布するようになると、まず最初にイスラム教徒が受け入れました。ですから、いまや続けてイスラムの国々まで、祝福行事が続くでしょう。世界の至る所から、天一国の民として入ってくる国々を続けて教育できる人材育成! 必要ですか、必要ではありませんか? 真の父母様と絶対的に一つになった誇らしい二世の孝情郎をたくさん輩出すべきですが、どうすればよいですか? きょう、韓日祝福家庭たち、これまで理解されなかった難しい環境の中で、み言にしたがって真の愛を実践した皆様を、私が称えます。
勝利の喜びと感謝、賛美であふれた祝勝会の場!神忠清国の祝福家庭の食口たちは神様を父母として侍り、南北が一つとなる神統一韓国時代!韓国と日本が和合し、世界の人々が一つの兄弟姉妹となる、天一国安着の日のために、喜びで前進することを希望しました。
2.世界ニュース
実体天一国安着の日の到来を早めている、宣教現場の希望のニュースをお伝えいたします。
■神氏族メシヤ活動
 – ネパール:神氏族メシヤ祝福式
西部地域で7月1ヶ間、3回にわたり盛況の内に開催
昨年12月に、ネパール全域の市長夫婦700組の祝福で、実体的な地域社会の復帰と、真の家庭・祝福運動が行われているネパールの神氏族メシヤ祝福が熱く展開されています。忙しい農繁期、強風と豪雨が襲った悪天候にもかかわらず、ネパールの西部地域で、3回にわたり行われた祝福式には、有名なジャーナリストや宗教指導者など、平和大使と市民1300双が満場をなしました。祝辞を述べた、ダル・バアドゥル・スナル 元国務長官は、神ネパールの人々の人生に大きな変化をもたらしてくださった、真の父母様を証しし、真の家庭・祝福運動に積極的に参加することを表明し、祝福の場は、新たな生命を得た喜びと感謝が溢れました。
– 神中南米4・5地区:UPF、中央アメリカおよびカリブILC
天一国7年 天暦5月30日〜6月4日(陽7.2〜6)IPEC
神中南米4地区と5地区のUPFは、ラスベガス国際平和教育センターで、中央アメリカおよびカリブILCを行いました。
真の父母様の愛の基盤で、原理のみ言と孝情文化、真の家庭の祝福の価値を悟るようになった、国会議員と聖職者をはじめとする、7カ国の各界の指導者43人が、神聖な祝福の場に同参し、所属国家と地域社会に真の家庭の祝福運動を拡散することを誓い合いました。
– 台湾:天寶摂理特別説明会および希望前進大会決意式
天一国7年 天暦6月11日(陽7.13)
台湾では、真の父母様の祝福により展開されている、天寶摂理の特別説明会が行われました。430代先祖祝福と430家庭祝福完了、43家庭を在籍食口化した、神氏族メシヤに与えられる「天寶」の恩賜!神韓国では、2020年2月、天寶入籍祝福の恩賜が与えられる予定であり、台湾の食口たちは、神氏族メシヤの使命完遂と天寶入籍で、11月に行われる、1万3千名・神台湾・希望前進大会を勝利的に奉献することを決意しました。
■平和運動
 – コートジボワール:内戦犠牲者追悼のための祈祷会および聖和式
天一国7年 天暦6月12日(陽7.14)アビジャン市庁
コートジボワールでは、「内戦犠牲者追悼のための祈祷会および聖和式」が行われました。2002年から10年間続いた内戦と南北対立により、5200余名の犠牲者が発生したコートジボワール!
経済首都アビジャン市庁で行われた聖和式の場には、国会議員と族長、有名ジャーナリストなど、各界の指導者をはじめとする犠牲者遺族・約400名が参列し、聖和式を通して遺族の苦しみを慰労し、国運を高めた、コートジボワール家庭連合とUPFの指導者たちは、参加者と共に赦しと和合、平和の新世界を切り開いていくことを誓いました。
■青年活動
 – 神日本:2019年夏季成和学生特別修練 Japan TOP GUN Junior 開会式
天一国7年 天暦6月20日(陽7.22)鮮文大学校
神日本トップガンジュニア!2019夏季成和学生特別修練会の開会式が鮮文大学で行われました。摂理の祖国、神韓国を訪れた神日本の139人の成和学生たちは、「心情解放と兄弟姉妹一体化」をテーマとする開会式を皮切りに、14日間の修練会の日程を出発し、真の父母様が祝福してくださった天一国の「孝情郎」になることを決意しました。
■主要ニュース
 – 神韓国:5地区、第4期孝情アカデミア 真の父母思想指導者育成課程
天一国7年 天暦6月14〜15日(陽7.16〜17)神慶尚国本部
鮮文大学校と国際統一思想研究院が主催、神韓国5地区が主管する、第4期孝情アカデミア・真の父母思想・指導者・育成課程が、神慶尚国(しんきょんさんこく)の公職者130人を対象に行われました。深刻な現実問題の解決の鍵となる、真の父母様の思想を中心とした講演を通して、神慶尚国の1041の地域社会の指導者たちを持続的に教育していくための回答を得た、神慶尚国の公職者たちは、神マウル共同体を定着させ、天一国の主権と民、領土を拡大していくことを誓いました。
–  HJ天宙天寶修錬苑、1482回孝情天寶修錬会
天一国7年 天暦6月18〜19日(陽7.20〜21)
HJ天宙天寶修錬苑では、1482回孝情天寶修錬会が行われました。2020年の基元節まで、430代先祖解怨と祝福完了を許諾して下さった、真の父母様の特別恩賜として、修練苑には約8000名の食口たちが訪れ、開会の辞で、李基誠 神韓国会長は、「聖霊が働かれる善なる人」をテーマに、天寶摂理の重要性を強調し、先祖解怨式と1代から378代の先祖祝福式、霊肉界祝福式が恵み深く行われました。
– エクアドル:HJ天宙天寶苑 分苑巡回孝情天寶修錬会
天一国7年 天暦6月11〜12日(陽7.13〜14)首都キト
神中南米圏域、エクアドルでも、120人の祝福家庭が参席する中、HJ天宙天寶苑・分苑巡回・孝情天寶修練会が開催されました。霊肉界の障壁のない、天一国時代の霊的な復興と実体の役事が、分苑摂理を通じて続いています。
韓国で三国統一を成し遂げた、「花郎道(ふぁらんど)精神」は、分断の現実を生きている今日の韓民族にも、大きな教訓として伝えられています。このように、統一家の二世圏が、新羅(しらぎ)の「花郎」を凌駕する、神統一韓国の「孝情郎(ひょじょんらん)」となることを祝福して下さった、真の父母様。統一家の二世、三世たちを、天一国の真なる指導者として育成するための、真の父母様の限りない愛と、環境創造の恩賜に感謝しながら、千年万代、永遠に輝く天一国の未来のために、きょうも喜びで前進する祝福中心家庭の皆様となられることを祈ります。また来週お会いしましょう。