HJグローバルニュース (2019年 12月 28日)

By | June 23, 2020

天一国 7年 天暦 12月3日(陽12.28) HJグローバルニュース
皆さん、こんにちは。天一国の希望溢れるニュースをお伝えする、HJグローバルニュースです。国家の復帰を越え、大陸の復帰の宣布の驚くべき奇跡の摂理を天の前に奉呈された真の父母様は、アメリカに入国され、12月28日に開催される神統一世界のための、世界キリスト教聖職者希望前進大会のために、深刻な精誠を尽くしておられます。大会勝利のために、祝福家庭の食口の皆様の精誠と祈祷をお願い致します。今週は、真の父母様の特使として真のご家庭を迎える中で行われた、パラオ希望前進大会と、ドミニカ共和国希望前進大会の現場の恩恵あるニュースを集めてお伝え致します。

1. パラオ・ドミニカ共和国希望前進大会
約340の島々が、青い地球に美しい宝石のように散りばめられた、パラオ。そして創造本然の美しさを秘めた、この地を祝福してくださった真の父母様。
天一国安着のための天宙的カナン40日世界巡回路程を歩んでおられる、真のお母様は、太平洋文明の中心であるパラオを母の愛で抱いてくださいました。

– アジア太平洋令夫人連合サミット2019開会晩餐会天一国7年 天暦11月14日(陽12.10)
真のお母様の特使として、パラオを訪問された、文姸雅 HJ世界平和財団理事長と、文薰淑 世界平和女性連合世界会長。パラオ政府と共同で主催した、アジア太平洋令夫人連合サミットの開会晩餐会で、真の父母様を証しし、今行事を開催することになった背景について紹介の時間を持ちました。
文姸雅HJ世界平和財団理事長 真のお母様のみ言によれば、女性たちが男性たちとともに世界史の主役となり、平和世界のための牽引車の一翼を担わなければなりません。このみ言はすべての創造物に内在された、男性性と女性性の調和と、互いに補完的な属性を強調しています。女性は男性の補助者として創造された訳ではなく、むしろ女性は夫婦として神様の完全な形状を成す上で、男性と同等な同伴者です。
続いて、パラオ外務部長官と、エクナット・ダカール議長の歓迎の辞が伝えられました。特にこの日の晩餐会には、トミー・レメンゲサウ パラオ大統領をはじめとし、アジア太平洋圏域の現職令夫人5名と、前職令夫人3名が共に参加し、意義ある場となりました。
トミー・レメンゲサウ パラオ大統領私は、トミー・レメンゲサウといいます。しかしより重要なことは、私はきょう主催者の招待でここに来ました。令夫人、ありがとうございます。そしてこのような歴史的な行事を準備してくれた、素晴らしいチームにも感謝致します。

– アジア太平洋令夫人連合サミット2019天一国7年 天暦11月14日(陽12.10)アマヨン文化会館
天暦11月14日、パラオ・アマヨン文化会館で開催された、「2019アジア太平洋令夫人連合サミット」。パラオ令夫人をはじめとする8名の令夫人が、36カ国から集まった約300名のVIPたちの歓迎の中で入場し、歴史的なサミットはデビ・レメンゲサウ令夫人の開会の辞で始まりました。
続いて、文薰淑世界平和女性連合世界会長が真のお母様に代わり、創設者の特別メッセージを代読しました。真のお母様の特使としてこの場に参加した、文薰淑世界会長は、太平洋文明圏を中心とした、平和理想世界のモデル的国家建設に対する、真の父母様のみ言を伝えました。
文薰淑 世界平和女性連合世界会長 今回のアジア太平洋令夫人サミットは、アジア・太平洋文明圏定着において、特に重要です。パラオが太平洋圏の関門です。女性指導者たちの中で、特に令夫人を中心として、このサミットが天の父母様を中心とした、太平洋文明圏を実現する土台となることを確信します。真のお父様は自叙伝の中で、「人類の歴史において、女性はいつも抑圧される立場にいました。しかし、これから訪れる世界は女性の母性と愛、親和力が土台となった和解と平和の世界です。女性の力が世界を救う時代が到来するのです(自叙伝「平和を愛する世界人として」P209~210参照)」と言われました。今回のサミットが天の父母様を中心とした、環太平洋文明圏定着に寄与することのできる、貴い段階となることを心より祈願し、全世界に世界平和令夫人連合が拡散することでひとつとなり、指導者の位置にいる女性と母親たちを目覚めさせ、持続可能な変化と平和を実現することができるよう願います。
創設者のメッセージ後、キリバス、ナウル、パプアニューギニア、マリアナ諸島の現職令夫人たちの基調演説が続きました。
基調演説の後、参加者たちは真のお母様が主唱される、母の心情で世界の根本問題を解決していくことを決意する、アジア・太平洋令夫人連合決議文を採択し、真のお母様がくださった世界平和頂上連合のメダルが令夫人たちに授与されました。
また世界の問題解決のための女性指導者の役割と、文化的知恵を通した環境保全という主題でセッションが行われ、今日の女性指導者たちが進むべき方向を新たに定立する時間を持ちました。
北マリアナ諸島令夫人インタビュー韓鶴子総裁、そしてこの世界平和令夫人連合に感謝致します。平和のために準備してくださった今回のサミットは偉大なことだと思います。
ナウル共和国令夫人インタビュー韓鶴子総裁が残された業績は数多くの人々、特に太平洋国家そしてナウル共和国にインスピレーションを与えました。もう一度感謝申し上げ、神様の祝福が共にあることを願います。

– パラオ 孝情真の家庭祝福式天一国7年 天暦11月15日(陽12.11)アマヨン文化会館
2日目の天暦11月15日、サミットの勝利的土台の上で、歴史的な国家主管の祝福式の朝が明けました。ロバート・キットルYSP顧問の祝福教育に続き、山田豊地区長の聖酒式で始まった祝福式。
宗教団体を代表する宗教指導者たちによる祝願の時間がもたれ、真の父母様を代身し、龍鄭植アジア太平洋圏域総会長夫婦の主礼により、参加した約430名の夫婦の上に天の祝福が与えられました。
特に祝福式のすべての日程は、パラオ大統領夫妻とサミットに参加した令夫人たちが参加する中で行われました。
祝福式の後、文姸雅理事長は、パラオ大統領にグッド・ガバナンス賞を授与し、真のお母様から出発した、太平洋神文明を拡散する聖火の火花が、太平洋の中心、パラオに伝えられました。

– パラオ 世界平和青年学生連合総会天一国7年 天暦11月15日(陽12.11)
その後、未来世代の主役たちが一堂に集まり、平和ビジョンと希望を共有する、世界平和青年学生連合大会をフィナーレに、パラオ希望前進大会のすべての日程が終了しました。

2. ドミニカ共和国希望前進大会
続く希望前進大会の聖地は、真の父母様の新たな希望と精誠が深く染み付いている地!中南米大陸 ドミニカ共和国です。

– 中南米・カリブ海サミット2019天一国7年 天暦11月18~19日(陽12.14~15)サンティアゴ州政府庁舎・ホデルパ グラン アルミランテホテル
ドミニカ市民警察協議会(ASONAPOMURES)と158の市連合である、ドミニカ市場連合(FEDOMU)の後援で開催された、中南米・カリブ海サミットの場には、中南米の前・現職首相18名と中米・メキシコ・カリブ海の9カ国の国会議長フォーラムである「FOPREL」、中米議会(PARLACEN)議員など、約40名の現役議員と市長、警察幹部など、中南米・カリブ海33カ国を含めた、43カ国の各界の指導者約500名が満場を成しました。
梁昌植UPF中米議長の歓迎の辞に続き、ダニーロ・メディーナ ドミニカ大統領の公式代行者として参加した、アナ・マリア・ドミンゲス サンティアゴ州知事の歓迎の辞、ジミー・モラレス グアテマラ大統領の祝辞が続きました。
祝辞 ジミー・モラレス グアテマラ大統領私たちを本サミットに招待してくださった、UPFの指導者たちに感謝を捧げ、私としては光栄に思います。平和に関心を持ち、平和活動に時間を投入してくださった、ここにお集まりの皆さんに感謝致します。
創設者の紹介を行った、マリア・フローレス 元ニカラグア大統領令夫人は、真の父母様の生涯の業績を詳しく紹介し、皆の注目を集めました。

創設者紹介 マリア・フローレス 元ニカラグア大統領令夫人真のお母様は独り子・イエスのように神様を愛する上で、誰よりも天の父母様を愛される独り娘として、絶対愛・絶対信仰の模範を見せてくださる、偉大な女性指導者であられます。
真の父母様の代身者として壇上に立った、文善進 世界平和女性連合・世界主席副会長は、マリア・フローレス元令夫人に、あたかも、真の父母様の15番目の子女であるような心情で、真の父母様を証してくれたことに感謝の挨拶を伝え、サミットに参加した指導者たちに真の父母様の深い愛とみ言を伝えました。
善進様のみ言「ラテンアメリカとカリブ海の人々を抱擁し、ただ愛したい」ただそれだけを願われるお母様です。
真の父母様のみ言代読私の夫と私は、パンタナール地域の環境保護に特に注目し、理想共同体造成のために、中米にたくさんの歳月を費やしてきました。2005年度から2006年度には、中南米とカリブ海のすべての国家を巡回し、UPFを出帆し、持続可能な発展と神様を中心とした家庭の平和ビジョンを伝えました。今回のワールドサミットを通して構築された、私たちの関係が持続的な平和を維持する上で重要な寄与ができるよう祈ります。また皆さんが平和のために活動しているすべての努力について天の父母様が祝福されるでしょう。
平和の原理を解き明かす、真の父母様の愛のみ言に、会場からは熱い拍手と歓声が湧き上がり、ジミー・モラレス グアテマラ大統領とダニーロ・メディーナ ドミニカ共和国大統領に、グッド・ガバナンス賞が授与されました。
ドミニカ共和国議員連合は、真のお母様に「平和の母」国家議決感謝牌を奉呈し、真の父母様の代身者として参加した文善進主席副会長に感謝牌を伝達しました。
続いて、中南米・カリブ海世界平和頂上連合創立式のフィナーレを飾った会場!アンソーニ・カルモナ 元トリニダード・トバゴ共和国大統領をはじめとする、元大統領たちの熱い支持演説が続きました。
ダン・バートン 世界平和国会議員連合共同議長の提言で立ち上がった、前・現職首脳たちが、世界平和頂上連合創立決議文に対する心を同じくし、世界平和頂上連合のメダルが首脳たちに授与されました。15世紀に、新大陸で最初の都市が建設されたドミニカ共和国から、中南米へ新たな摂理の環境創造がなされました。

– 第8回 グローバル女性平和ネットワーク天一国7年 天暦11月19日(陽12.15)ホデルパ グラン アルミランテホテル
共生・共栄・共義の価値に立脚した、中南米大陸の協力の場が開かれたサミットに先立ち、平和のための世界女性指導者たちの交流と協力の場として定着した、第8回グローバル女性平和ネットワークが成されることにより、中南米大陸の約100名の女性指導者たちは、平和のために献身する、真なる時代の女性像を確立し、これを広く拡散する意義深い場を共にしました。

– ドミニカ共和国 家庭平和フェスティバル天一国7年 天暦11月19日(陽12.15)グランアリーナ・デルシバオ競技場
ドミニカ共和国 希望前進大会のフィナーレを飾った、家庭平和フェスティバル!
ドミニカ自治警察(Policia Municipal Republica Dominicana)の特別警護により行われたフェスティバルには、サミットに参加した前・現職首脳、国会議長、長官、国会議員、宗教団体長が共に参加し、ドミニカ自治警察4000名とドミニカ国立警察600名、158の市場連合代表を含めた、約2000名の人々が満場を成しました。
カトリックとバプティスト、ユダヤ教、イスラム教など、超宗教指導者たちの合水儀式に続き、聖なる祝福の儀式が行われ…真の父母様を代身した文善進主席夫妻の主礼で、健康な家庭を中心に神ドミニカ再建を決意する、各分野の国家指導者たちに天の祝福が宣布された現場!
祝福家庭たちの新たな未来を開いてくださった真の父母様に、感謝の礼物を奉呈し…文善進副会長夫妻は真のお母様を代身し、35,000名の国家警察と、13,000名の市民警察の中から、2019年、英雄として選ばれた10名に英雄牌と特別賞を授与しました。
最後に、ジミー・モラレス グアテマラ大統領の祝辞が、祝福式の場をより輝かしいものとしました。6000双の祝福家庭は天地人真の父母様の前に、祝福家庭として召命を受けた祝福の恩賜に感謝し、選民祝福家庭としての新たな人生を出発しました。

– ドミニカ共和国希望前進大会 祝勝会天一国7年 天暦11月19日(陽12.15)ホデルパ グラン アルミランテホテル
神様の下、人類一家族の世界が目の前に現実として近づいているきょう!同日午後、文善進主席副会長夫妻と指導者、中心食口、青年学生たちは、中南米希望前進大会の勝利的な開催に感謝する祝勝会を共にし、天地人真の父母様に感謝と栄光を捧げました。

天一国安着のための、天宙的カナン40日路程を通して、天一国神世界を創造しておられる、真の父母様!PeaceTVでは、40日路程のフィナーレを飾る、「神統一世界のための世界キリスト教聖職者希望前進大会」を生中継する予定です。世界各国から約3万人の超宗教聖職者たちが、世界の縮小体である、アメリカ・ニューヨークに集まり、WCLC世界キリスト教聖職者連合を創設される、歴史的な現場の感動の瞬間にご同参下さい。また来週お会いしましょう!

神統一世界のための世界キリスト教聖職者希望前進大会2019.12.29(日曜日)午前5時言語:韓国語、日本語、英語、スペイン語、フランス語、中国語視聴方法:PeaceTVホームページ、モバイルアプリケーション、カカオトーク、フェイスブック