HJグローバルニュース (2020年 4月 25日)

By | June 23, 2020

皆さん、こんにちは。天一国の希望のニュースをお伝えするHJグローバルニュースです。今回のワールドサミット2020は、既存の政治家や宗教家を主軸として行われたサミットで、学者やジャーナリスト、経済家達の公論の場が作られることにより、真の父母様の平和ビジョンが多角度から世界各地に拡散されることができる足場が作られました。それとともに真の父母様は、天一国の主役となる、神青年達をグローバルリーダーとして成長させるために、世界平和青年学生連合をワールドサミットの場に招待してくださいました。今週は、世界平和青年学生連合の活躍とともに、ワールドサミットYSP総会の映像を準備いたしました。未来世代の夢と希望を感じられる、貴い時間をお過ごしください。

新たな創造が成される天一国時代。神統一世界安着に向かう偉大なる夢のために、未来の世代を先導する青年たちがつどう場所、まさに、世界平和青年学生連合です。
平和世界創建のためのグローバル人材育成世界平和青年学生連合
きょう、ここに集まった皆さんが真の父母様に侍り、天一国世界化の環境創造のために努力すべき精鋭部隊、勇士であることを自覚して下さい。
天一国5年天暦1月、真の父母様のみ言により、天一国の世界化のための青年運動団体として、創設された、世界平和青年学生連合。未来の人材育成のための真の父母様の愛は、青年学生運動に火を灯し、去る3年間、世界7圏域のYSPの青年たちは、平和世界のビジョンと解決策を提示する「シナジー」プログラムと、地域社会の変革を先導する、「ピース・デザイナー」プログラムを展開するなど、
世界平和青年学生連合の名で、全世界約60ヵ国から、救護及び奉仕活動、青少年の純潔と、家庭回復運動、人格教育を展開することにより、神様の下、一家族社会建設に貢献してきました。特にUPFと政府間におけるMOUが締結されたタイにおいては、77州で大々的な純潔運動が展開されてきた中、アジア太平洋・世界平和青年学生連合 創立式を開催。
タイの主席副総理と、教育部長官をはじめとする、オーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島の教育部長官と大学総長、国会議員など、35ヵ国の教育界の指導者と、約15000名の青年学生たちの決意が集まる中、アジア太平洋・世界平和青年学生連合の大陸単位のネットワークが構築されました。
また、政府との協約により、人口の75%である14万名の青年学生に対する孝情人格教育が行われる、サントメプリンシペでは、歴史上、最大規模の4万名の青年学生が参加する中、ピースフェスティバルが開催されました。
アグア・グランデ 首都サントメ市長をはじめとする、青年部と教育部、文化部など、長官5名と首相令夫人、首相代行者が参席する中行われたフェスティバルでは、シナジーコンテストと、統一武道の演舞、孝情文化公演などが行われ、この日の祝祭は7時間の長時間にわたり国営放送で生中継されるなど、大々的な青年意識の覚醒運動が起こりました。
また、清算されずにいた歴史の現場で、和解の場を開いた青年学生たち。約1200名の日韓の青年たちは、「ソウル平和宣言」を発表、同じような悲劇が繰り返されない、東北アジアの平和構築のために、民間次元の持続的な活動を展開することを宣言しました。
これに対し、政治界からも外交部長官と国会議員の歓迎のメッセージが伝えられ、韓国社会とメディアの注目を集めるなど、国境と人種、宗教を超越した青年学生たちの平和運動が、世界中に拡散されてきました。平和は、私から始まることを呼びかけ、大々的な青年学生運動を推進してきた、世界平和青年学生連合。
ワールドサミット2020の場に集まった、約200名の世界の青年学生の代表たちは、教育、環境、青年分野のリーダーと共にフォーラムを開催、真の父母様の「共生・共栄・共義」のビジョンを相続し、恒久的な世界平和と韓半島統一の先頭に立つ決意を誓約し、新千年の主役となる神青年となることを決意しました。翌日、78ヵ国の青年学生 約5000名が参席した、2020 世界平和青年学生連合・総会の場で、世界平和青年学生連合のフォーラムで採択された宣言文を受けられた真の父母様は、熱い愛で、青年学生たちの未来を祝福して下さいました。
皆さんは、未来を導いて行く指導者たちです。ですから休んでいてはいけません。動き続けて、走って行かなければなりません。そうしますよね?地上に顕現した真の父母の息子・娘になるのですから、最高とならなければなりません。ありがとう。愛しています。一生懸命にしてください。
文ヨナ 孝情世界平和財団理事長は、今年、8回目を迎える鮮鶴奨学証書授与式を主管し、未来の人材育成のための真の父母様の愛を伝えながら、世界78ヵ国から選抜された、約2500名の奨学生代表に、奨学証書を授与しました。
松田幸士 IAYSP世界会長の歓迎の辞と、パラマンド・ジャ ネパール元副大統領の祝辞を皮切りに始まった、孝情ビジョンコンサートの舞台に上がった青年学生代表たちは、天の父母様と真の父母様に向かう孝情の心情を文化と芸術として…。世界を変化させることのできる「共生・共栄・共義」のメッセージを表現し、78ヵ国約5000名の孝情郎たちの心情を一つに集めました。
松田幸士 YSP世界会長真の父母様の青年たちに向かう限りない愛と関心の中で出発した、私たち、世界平和青年学生連合は、これから、次のような三つの目標を持って活動します。まずはじめに、世の光となりうる真の愛の人格と責任感を備えた青年学生を世界各地に多く育成し、二つ目に、平和と孝情文化の拡大のために、社会と国家に貢献する教育活動を推進し、三つ目に、模範的な国際青年団体となり、天の父母様の下、人類一家族の平和世界実現に寄与します。このような目標を実現するために、皆さんと共にいつも力強く走って行く世界平和青年学生連合となります。
このような実行目標のために、世界平和青年学生連合は、去る天暦3月24日、鮮鶴UP大学院大学校と、清心国際青少年修錬院との教育連携業務の提携式を行いました。
キム・ジェヒョン YSP世界副会長これから、私たち世界平和青年学生連合は、全世界の未来の世代たちに、真なる真理と愛の価値を教育し、天の父母様と真の父母様に侍る、孝情の統一文化圏を成すために、核心的事業を選定し、効率的、統一志向的な、組織を構築します。また、真の父母様を中心とする摂理機関との業務提携と共助を基盤に、天一国の未来人材を育成するにおいて、政治、経済、文化、芸術、教育など、全分野において、孝情の人材の発掘、育成に努めてまいります。真の父母様の真なる真理と愛の価値を、実体的に国家に実現することができるよう、最善の努力を傾けてまいります。
世界平和青年学生連合は、世界の希望と未来です。私たちは、愛と純潔と感謝で平和と幸福を作っていきます。
私は、世界平和青年学生連合で父母様と国の希望となるという意志と情熱を持つようになりました。
私は世界平和青年学生連合で、より大きな夢を探し、実践するようになりました。
真の愛の生涯を身をもって見せて下さった真の父母様の「共生・共栄・共義」のビジョンを相続し、「神様の下、人類一家族」の夢が、子孫万代、青年たちの歩みへと続いて行くことができるよう、世界平和青年学生連合が、未来世代の希望を切り開いて行きます。

– 神統一韓国のための大韓民国キリスト教聖職者協議会(KCLC)祈祷会天一国8年 天暦3月28日(陽4.20) 韓国宗教協議会 講堂
天一国安着のために力を合わせてきた大韓民国キリスト教聖職者協議会は、神統一韓国の月例祈祷会を再開しました。新型コロナウイルス感染防止のため、代表聖職者だけが参加した中で行われたKCLC祈祷会では、神統一韓国と新型コロナウイルス克服、KCLCとWCLCのための一心祈祷を捧げた、聖職者たちは、不幸を幸福に変化させ、栄利を道理に従わせ、矛盾した世の中を合理的な世の中に作り替える、宗教の役割を振り返り、天の父母様のみ旨成就のための熱い願いを集わせました。

100年の遺産、1000年に向かう神青年たちの決意が美しく輝いています。天の父母様との約束を胸に、生涯を青年の心情で生きてこられた真の父母様とともに、世界の祝福家庭の皆様も青年の夢と気迫で、感動の一日一日を創造していかれるよう願います。それではまた来週お会いしましょう。