HJグローバルニュース (2020年 5月 23日)

By | June 23, 2020

皆さん、こんにちは。天一国の希望のニュースをお伝えするHJグローバルニュースです。

祝福家庭共同体に、「天の父母様聖会」の名を祝福してくださった真の父母様は、天暦425日、全世界の摂理現場が共に参加した、「天の父母様聖会と神統一世界安着のための出征礼拝」で新たな7年路程を出発してくださいました。

今週は、世界本部教会である、天苑宮天苑教会の出征礼拝を中心に、新天宙開門に向けた、希望溢れるニュースを集めてお届け致します。

1.天の父母様聖会と神統一世界安着のための出征礼拝

聖婚60周年記念行事を通じて、天の父母様の下、人類が一つに集まることのできる、天の父母様聖会の名を祝福して下さり、天一国の文化と伝統を子孫万代、人類の人生として根を下ろすことができる、新たな歴史を創造して下さった、真の父母様。

真の父母様のみ言

一人でも、この地に住んでいる民が、天の父母様を知らないということがあってはいけません。真の父母が分からなくてはいけないのです。

ですから私は政界、宗教界、財界、思想界、言うまでもなくすべての人たちが一つの旗の下に集まることのできる『天の父母様聖会』として発表します。天の父母様の大きな傘の下、今まで私たちがして来たすべてのNGO、天宙平和連合、家庭連合、女性連合など、すべてのものが入って120%天の父母様を証さなければなりません。

第60回天の父母の日を迎える2027年には、「神統一世界安着の実体基盤」の上に、「神天宙開門の日」を奉献することを宣布された真の父母様は、天の父母様聖会と、神統一世界安着のための、各圏域および、教会単位の出征礼拝を指示なさいました。

天の父母様聖会と神統一世界安着のための出征礼拝

天一国8年天暦425(5.17)天苑宮天苑教会

新型コロナウイルス事態による、生活防疫を遵守する中で行われた、世界本部天苑宮天苑教会の出征礼拝は、孝情天苑の中心食口約340名が参加する中、鄭元周総裁秘書室長と尹煐鎬世界本部長の司会で行われました。

恩恵ある訓読で、天宙聖婚60周年記念日のみ言にこめられた、真のお母様の心情を共有した鄭元周総裁秘書室長は、死生決断、全力投球で歩んで来られた、真のお母様の涙ぐましい路程を証し、参加者たちの涙を誘いました。

鄭元周総裁秘書室長

私たちが愛する真の父母様は、真のお父様の聖和以降、天宙的7年路程を勝利されるために、本当に残酷なほどに、ご聖体に無理をされながらも、私たちの前に勝利を見せてくださいました。

本当のお母様のその血と涙の滲む路程を、侍る者として見ていることができませんでした。

77億人類のために、そして愛する私たちのために、そのように力を尽くしてくださいました。

尹煐鎬世界本部長は、不可能を可能にして来られた、去る7年路程の勝利と、真の父母様聖誕100周年および天宙聖婚60周年記念行事の意味と価値を共有することで、祝福家庭共同体に与えられた、「天寶」の使命について、説明しました。

尹煐鎬世界本部長

メインは聖誕と天宙聖婚60周年(記念式)でした。なぜ天宙聖婚かというと、天上のお父様と地上のお母様、天上と地上で60周年ダイアモンド婚の意味があったため、天宙聖婚!

天宙聖婚となったので、今や「天宙大家族」が始まるのです。この天宙を束ねていくのが、天寶の使命です。ですからお母様は「実体聖殿が天寶だ!」 天上に民を作り、地上に民を作るのです。

3家庭、12家庭、36家庭、72家庭、124家庭、そして430双を直接見せてくださいましたね。その路程に従っていけば、「氏族のメシヤ、真の父母になる」「それが天寶だ、宗主だ、神氏族メシヤだ」と祝福してくださいましたね。

ですからお母様が今年何と語られましたか?「天寶に登載した祝福家庭は、天一国の民の完成だ。」と。

私たちが果たすべき使命です。

これと共に天の父母様の組織と天の父母様の聖殿、天の父母の日を新たに制定された真のお母様のみ旨と心情を伝え、神統一世界安着のための出征の決意を新たにしました。

真のお母様が、現そうとされているのは、「天の父母様」です。

創造主神様の願いは、地上で独り子、独り娘である真の父母!

真の父母を通して天のお父様が、天のお母様の位相を完成され、天の父母様として人類の縦的父母となること、これが天の父母様の願いであられます。

ですから2027年は天一聖殿!天の父母様の聖殿である、天一聖殿で「神の日」ではない、「天の父母の日」を奉献されるのです。実体的礼物を持って!これが真のお母様の地上での最後の摂理です!アヂュです。

皆さん!最後の7年路程をお母様は難しいご聖体で歩んでいこうとされています。

私たちがすべき事は何ですか?今や私たちがお母様の背を押し、両手をつかみ、お母様に侍ってこの7年路程を歩んでいくならば、天の父母様が私たちに役事されると確信します。

全体の熱い決意が集まり、神統一世界安着の聖業を完遂しようという天一国指導者と祝福中心家庭の誓いが、天の父母様の前に伝えられました。

出征決意宣言

神統一世界安着を必ず成し遂げることを決意する、決意する、決意する。

天の父母様聖会と神統一世界安着のための出征礼拝

天一国8年天暦425(5.17)神韓国1地区天福宮教会

同時刻、神韓国5地区でも、天の父母様聖会と神統一世界安着のための出征礼拝が行われました。天福宮礼拝を執り行った、李基誠神韓国会長は、イエス様が果たせなかったみ旨を叶えて差し上げるために、お父様が孤軍奮闘されたように、お父様が地上で果たせられなかった天の父母様のみ旨を完全に叶えて差し上げるために、言い表すことのできない苦難の路程を歩んで来られた、真のお母様の心情を汲み取り、天の父母様聖会時代の天寶人の使命を果たそうというみ言を通して、出征の決意を固めました。

それと共に、各圏域および大陸において、同時に行われた、「天の父母様聖会と神統一世界安着のための出征礼拝」は、新型コロナウイルスの事態により、各現場において、インターネット中継を通して行われました。

神日本

摂理の母国、神日本では、徳野英治会長が、天の父母様聖会時代のみ言を深く伝え、インターネット中継を通して共に参加した、神日本全域の約10万人の食口たちの心情と決意を一つにしました。

神アメリカ

アメリカ大陸50州と、1000都市から共に参加した、神アメリカの約1万人の祝福家庭の食口達は、金起勳会長と、デミアン・ダンクリー会長の恩恵ある説教と賛美により、出征の時間を共にし、特別にコロナ防疫の第一線で尽力している祝福家庭の医療陣を紹介し、彼らの犠牲と献身に感謝し、コロナ終息のための熱い精誠を集めました。

神アジア太平洋

40日オンライン特別精誠により、毎日約2000名の食口たちが精誠を捧げてきた、神アジア太平洋圏域でも、約1万の祝福家庭が共にする中、出征礼拝が恩恵の中行われ、アジア太平洋圏域の食口達は、真の父母様のみ言により、1人が100人、1000人に相対することのできる実力を持って努力することを決意しました。

神アフリカ

公式行事が再開されたことを喜び、オンラインネットワークで新たな出発の決意と誓いを交わした、神アフリカ40カ国、約1万人の祝福家庭の食口たちは、780の地域から同参し、ビジョン2027勝利の決意を一つにし、

神ヨーロッパ

8ヶ国語の同時通訳で、約1万人の食口たちが参加した、神ヨーロッパ出征式には、特別に、イスラムとシーク教、カトリックとキリスト教、仏教など、超宗教聖職者たちが参加し、各宗教が持つ「聖会」の意味について分かち合い、世界経典を訓読し、天の父母様の下に人類が一つに集まることのできる、新時代のための出征の決意を新たにしました。

天の父母様聖会と神統一世界安着のための2020天宙平和連合出征式

天一国8年天暦428(5.20)神韓国1地区 天福宮教会

圏域の出征礼拝が開催されてから3日後の天暦4月28日、文姸娥UPF韓国議長をはじめとした神韓国UPFの11の摂理機関の職員と平和大使、オンライン生中継を通して参加した全国の中心会員約800名は、天の父母様聖会と神統一世界安着のための「2020天宙平和連合出征式」に臨みました。出征式に先立ち、真のお母様の自叙伝「平和の母」の感想文大会授賞式を共にした参加者たちは、真のお母様の生涯が溶け込んだ、真の愛の感動を胸深く刻み、天宙聖婚60周年記念特別集会で語られた、真のお母様の訓読で始まった本式では、李現榮(イ・ヒョニョン)UPF韓国事務総長の特別報告と、文姸娥UPF韓国議長の恩恵あるみ言が続きました。最後に、UPF摂理機関中央会長たちの決意表明の時間を共にした、神韓国 UPFの指導者たちは、天の父母様聖会と神統一世界安着のためにより強く、大胆に進むことを決意しました。

2.世界ニュース

コロナの局面を、真の愛の精神で克服している、天一国宣教現場のニュースをお伝え致します。

n  主要ニュース

HJ天宙天寶修錬苑:第1512回孝情天寶特別修練会実施

天一国8年天暦424(5.17) HJ天宙天寶修錬苑

摂理の祖国韓国では、天宙聖婚60周年記念特別集会として、公式行事が3ヶ月ぶりに再開したのに続き、「第1512回孝情天寶特別修練会」が行われました。新型コロナウイルス感染症生活防疫のために、修錬苑の128名の職員のみが参加する中で、800名の受付家庭の代理解怨及び祝福式が行われた特別修錬会の場!職員たちはいつよりも懇切なる祈祷と賛美で、先祖解怨祝福のための熱い精誠を捧げました。

世界本部神氏族メシヤアカデミー

2020サイバーリーダースクール」4月から出発

2020年4月から、世界神氏族メシヤサイバーリーダースクールが始まりました。真のお母様の指示により、サイバープラットフォームを通した、神氏族メシヤ教育に突入した、世界本部神氏族メシヤアカデミーは、キル・ヨンファン教育巡回師を中心に、世界1万2000人の食口達に、「サイバーリーダースクール」教育を展開しています。日本語と英語、フランス語、タイ語、スペイン語で提供される「サイバーリーダースクール」は12のテーマの、本教育の前と後、宣教現場での実践に対するコーチングを展開することで、成功する神氏族メシヤになるための現場中心、実践中心の教育を提供しています。

グスタボ・ギリアーノ 神中南米2地区 神氏族メシヤアカデミー院長

サイバーリーダースクールは祝福家庭の神氏族メシヤの使命完遂、三位基台形成と、氏族メンバーの管理について教育するために始まりました。

ウインドソン・モリソン ジンバブエ神氏族メシヤ

オリエンテーションの時間にたくさんのことを悟り、真の父母様が歩まれた道に従い、三位基台を形成し、12家庭、36家庭、72家庭を経て、430家庭を繁殖しなければならないと痛感しました。

サイバーリーダースクールは、各圏域および地区の神氏族メシヤアカデミー院長を通して申し込みが可能です。真のお母様の大きな愛と関心、激励の中で出発したサイバーリーダースクールに世界の祝福家庭と神氏族メシヤ家庭の皆様のたくさんの参加をお願い致します。

世界平和女性連合:母の日記念「ご飯は愛だ、命だ」行事

天一国8年天暦424(5.9)

世界平和女性連合は、母の日を迎え、「愛はご飯であり、命だ」行事を行いました。

インターネットプラットフォームを通して、女性連合指導者約100名が共にする中、真の父母様が好んで召し上がられた料理を試演した文善進主席副会長は、「ご飯は愛である」と語り、人類の健康で幸せな人生のために力を尽くされた、真の父母様の愛を伝えました。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界共同体に、真の愛の精神が要求されているこのとき、天に対する孝情と、人類に対する「真の愛」を相続した、世界の祝福家庭の食口たちの実践的生活が、この世の光となり、希望となるよう懇切に願います。それではまた来週お会いしましょう。
n  主要ニュース

HJ天宙天寶修錬苑:第1512回孝情天寶特別修練会実施

天一国8年天暦424(5.17) HJ天宙天寶修錬苑

摂理の祖国韓国では、天宙聖婚60周年記念特別集会として、公式行事が3ヶ月ぶりに再開したのに続き、「第1512回孝情天寶特別修練会」が行われました。新型コロナウイルス感染症生活防疫のために、修錬苑の128名の職員のみが参加する中で、800名の受付家庭の代理解怨及び祝福式が行われた特別修錬会の場!職員たちはいつよりも懇切なる祈祷と賛美で、先祖解怨祝福のための熱い精誠を捧げました。

世界本部神氏族メシヤアカデミー

2020サイバーリーダースクール」4月から出発

2020年4月から、世界神氏族メシヤサイバーリーダースクールが始まりました。真のお母様の指示により、サイバープラットフォームを通した、神氏族メシヤ教育に突入した、世界本部神氏族メシヤアカデミーは、キル・ヨンファン教育巡回師を中心に、世界1万2000人の食口達に、「サイバーリーダースクール」教育を展開しています。日本語と英語、フランス語、タイ語、スペイン語で提供される「サイバーリーダースクール」は12のテーマの、本教育の前と後、宣教現場での実践に対するコーチングを展開することで、成功する神氏族メシヤになるための現場中心、実践中心の教育を提供しています。

グスタボ・ギリアーノ 神中南米2地区 神氏族メシヤアカデミー院長

サイバーリーダースクールは祝福家庭の神氏族メシヤの使命完遂、三位基台形成と、氏族メンバーの管理について教育するために始まりました。

ウインドソン・モリソン ジンバブエ神氏族メシヤ

オリエンテーションの時間にたくさんのことを悟り、真の父母様が歩まれた道に従い、三位基台を形成し、12家庭、36家庭、72家庭を経て、430家庭を繁殖しなければならないと痛感しました。

サイバーリーダースクールは、各圏域および地区の神氏族メシヤアカデミー院長を通して申し込みが可能です。真のお母様の大きな愛と関心、激励の中で出発したサイバーリーダースクールに世界の祝福家庭と神氏族メシヤ家庭の皆様のたくさんの参加をお願い致します。

世界平和女性連合:母の日記念「ご飯は愛だ、命だ」行事

天一国8年天暦424(5.9)

世界平和女性連合は、母の日を迎え、「愛はご飯であり、命だ」行事を行いました。

インターネットプラットフォームを通して、女性連合指導者約100名が共にする中、真の父母様が好んで召し上がられた料理を試演した文善進主席副会長は、「ご飯は愛である」と語り、人類の健康で幸せな人生のために力を尽くされた、真の父母様の愛を伝えました。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界共同体に、真の愛の精神が要求されているこのとき、天に対する孝情と、人類に対する「真の愛」を相続した、世界の祝福家庭の食口たちの実践的生活が、この世の光となり、希望となるよう懇切に願います。それではまた来週お会いしましょう。