HJグローバルニュース (2020年 6月 6日)

By | June 23, 2020

皆さん、こんにちは。天一国の希望のニュースをお伝えするHJグローバルニュースです。天の父母様聖会の祝福と共に、天の父母様に侍る天苑宮の聖殿を天一聖殿として命名して下さることにより、天の父母様に侍り、共に生きる天一の民となることを祝福して下さった、真の父母様は、6月4日、天苑宮建立推進のための特別会議を主管し、経過報告を受けられ、推進委員たちを指導して下さいました。今週は、「天地人真の父母様主管 天苑宮特別会議」で伝えて下さった、真の父母様のみ言を中心に、6月1日に行われた、「天地人真の父母様主管孝情宴オープン記念試食会」と、天一国宣教現場の恩恵あるニュースを集めてお届け致します。

1.天地人真の父母様主管天苑宮特別会議
真の父母様の命により、2023年、真の天の父母の日と真の父母の日である、天暦3月16日に、待望の奉献式を控えている、天の聖所天苑宮!天の父母様聖会の祝福と共に、天の父母様をお迎えする、天苑宮聖殿を「天一聖殿」と命名してくださった真の父母様は、天暦閏月4月13日、天苑宮建立推進委員達を一堂に集め、「天地人真の父母様主管天苑宮特別集会」を主管してくださいました。
李基誠 神韓国会長の恩恵ある報告と、鄭元周秘書室長の歓迎の挨拶に続き、分科別推進報告が行われました。建設と展示、芸術と螺鈿チームなど、真の父母様の指導の下、心を一つにした分科推進委員達は、世界にない、唯一無二の聖殿建築のための具体的な進行計画を発表しました。特別に尹煐鎬本部長は、全体の青写真と共に、真の父母様の孝情天苑摂理の意味とビジョンを伝え、キム・ジョングァン建設分科委員長は、孝情天苑の美しい姿を鳥の調和で繰り広げていく、「和鳥苑」造成計画を発表しました。
全体を喜びで傾聴された真の父母様は、熱い愛とみ言で全体を激励してくださいました。
真の父母様のみ言きょうがあることは、皆さん、一世一代において永遠なことです。始まりであり、出発であり、永遠です。この一時しかありません。そしてきょう集まり、各分科別に会議をして、この聖殿を完工するにおいて、過去にもなく、未来にもない、しかし永遠に残る…世界の人々が訪問したいと願い、ここで暮すことを願い、本当に今のこの一時に生命を持って、地上に生きることのできるこの瞬間がどれだけ感謝で祝福された日々であるかを、この聖殿を通して教育を受け、実感することのできる、そんな環境を作ってあげるのです。すなわち天の父母様の夢は地上で人類を抱き、愛したい父母様です。その父母様が成そうとされる、地上天国です。今回新型コロナウイルス感染症の事態で、世界が大きく揺れました。おそらく良心的な人は多くことを悟ったことでしょう。天の父母様がいらっしゃるかぎり、人間を中心とした考えや思想、生活方式では平和な世界は訪れません。一滴の水から始まったこの水の流れ!渓流が渓流で終わってはならず、大きな川の水流と連結しなければならず、その川もまた大海に連結されてこそ生命が維持されるのと同じように、人間の生活も同様です。私たちが行くべき場所!その目的を知らずしては、人類には試練が残るのです。未来を考える、そのような良心的な人々であれば、天のご加護を受けなければこれ以上生きていくことはできないと感じるでしょう。皆さんの人生において、一度しかない偉大な業に同参し、そこに一分野の責任を持って完成させたというこの場!いつでもある場ではない、今日のみなのです。それを知っているので、皆さんは最善を尽くして準備し、また互いに向き合って考え、一つになって、唯一無二の聖殿を作りましょう。決心して進んでいますね?最善を尽くして、最高の作品を作り出しましょう。アーヂュ!
真の父母様の教育と指導を受けながら、恩恵ある午餐の時間を共にした天苑宮建立推進委員達は、孝情天苑を中心に繰り広げられる、天一国太平聖代の夢を描きながら、2023年、奉献日勝利のために熱く決意を固めました。

2.天地人真の父母様主管HJ天宙天寶修錬苑「孝情宴」オープン記念試食会
山川草木が青々と広がる、孝情天苑の夏!世界の万民が往来することの出来る名所として、孝情天苑団地を造成しておられる真の父母様は、6月1日、孝情カフェ4階にオープンした、「孝情宴」の記念試食会を主管してくださいました。
天地人真の父母様主管「孝情宴」オープン記念試食会天一国8年天暦(閏)4月10日(陽6.1) 孝情カフェ 
去る2017年、原聖殿の地に位置する孝情カフェ4階に、誰でも立ち寄ることのできる、韓食レストランとして新装オープンした孝情宴!約80名を収容することのできるホールには、天一国指導者約30名が集い、文姸娥 天の父母様聖会UPF韓国議長の恩恵ある報告と、スイセンチームの楽しい祝賀公演の舞台が続きました。
文薰淑 世界平和女性連合・世界会長の勝利提議で始まった、午餐の時間!
文薰淑 天の父母様聖会 世界平和女性連合世界会長天の父母様聖会!ビジョン2027!勝利、勝利、勝利!
真の父母様は霊肉を満たしてくださる、愛のみ言を伝えて下さいました。
真の父母様のみ言スイセンのオープニングソングが皆さんの心を浄化させ、オープンすることとなりました。これがアピタイザーです。(肉身のために)今日のために、精誠を尽くして作った料理なので、美味しく食べて、また肉の糧を食べたので、霊の糧もまた食べなければならないでしょう。
ご飯は愛だと語られた真の父母様のみ言に従い、現代人の健康に合う、お母様の水刺御膳を精誠で研究し、真のお母様と天一国指導者に初めてお披露目した場!
孝情宴の新たな出発を祝賀する、孝情トリオの賑やかな舞台が繰り広げられ…この日特別に、「神統一韓国の聖業を成しなさい」というみ言を受けた、天の父母様聖会 神韓国家庭連合 李基誠会長の決意表明に続き、天一国指導者の力強い歌声が会場いっぱいに響き渡りました。
李基誠 天の父母様聖会 神韓国家庭連合会長死生決断、全力投球、実践躬行で神統一韓国時代を必ず成し遂げます
一食の食事をとられる時も、天と人類を思われた真の父母様の心情を思いながら、霊肉の糧を分かち合う、貴い時間!天一国指導者達は2027勝利のために、億万歳を叫びながら、宣教現場に向かう、力強い一歩を踏み出しました。

3. 世界ニュース天の父母様聖会の名を輝かせている、天一国宣教現場の恩恵あるニュースを集めてお伝え致します。

 主要ニュース
天寶家庭教会安着のための牧会者ワークショップ天一国8年天暦(閏)4月13~14日(陽6.4~5)家庭連合ビル
神韓国では、「天寶家庭教会安着のための牧会者ワークショップ」が、予備天寶家庭教会長と、所属教会牧会者等、100余名が参加する中で開催されました。今回のワークショップは、天の父母様聖会出発による、正午定着の基台造成と、ビジョン2027勝利および国家の復帰の使命完遂のための、天寶家庭教会出発の決意を目的に開催されました。この日、李基誠会長はみ言を通して、天の父母様が安着される最後の終着点が家庭教会であることを前提とし、天の父母様が直接治める、神統一韓国時代を迎えるために、天寶家庭教会を必ず安着させようと強調しました。それと共に、今回のワークショップでは、神氏族メシヤ430家庭の祝福活動以降、本格化した家庭教会摂理が、各地域でどのような形態、方式で根を下ろしているのか、そのモデル事例が重点的に報告され、参加者達はこれに対する家庭教会の多様な形態と発展方案を深く討議し、天寶家庭教会安着を固く決意しました。

神韓国UPF:2020孝情統一奨学証書授与式天一国8年天暦(閏)5月8日(陽5.30) 国会議員会館第1会議室
南北統一運動国民連合と、ユン・サンヒョン国会外交統一委員長が共同で開催した、「2020孝情統一奨学金授与式」が国会議員会館で開かれました。激励の辞で文姸娥理事長は、「真の父母様は、奨学生の皆さんが、天の父母様に侍り、天の父母様の子女として共に生きることを願う」と伝え、歓迎の辞を述べた宋光奭(ソン・グァンソク)会長は、「真の父母様の期待に応える、統一時代の主役になることを願う」と強調しました。全国の脱北者子女50名に約500万円の奨学証書が授与された今回の行事は、孝情世界平和財団と統一部、統一教育協議会などが後援し、ムン・フィサン国会議長とキム・ヨンチョル統一部長官の書面の祝辞が伝達されました。

神韓国:真の愛平和学校 第5回卒業式および第6回入学式天一国8年天暦(閏)4月8日(陽5.30)
神韓国では、多文化青少年代案学校である、真の愛平和学校の第5回卒業式および第6回入学式が行われました。6名の卒業生と11名の入学生が参加し、父兄と教師、牧会者たちが参加したこの日!在学期間に内外両面で成長した卒業生達は、父母に感謝のお辞儀をした後、感動あふれる感想発表が続き、新入生は、天の父母様の子女として成長することを誓い、新たな出発の時間を持ちました。2015年に開校した真の愛学校は、様々な体験活動と国家認証資格の取得、検定試験の検証、大学入学はもちろん、人格教育と霊性啓発、生活原理を指導しながら、多文化青少年達を未来人材として成長させることに力を注いでいます。

神中南米4地区:天の父母様聖会出征礼拝天一国8年天暦4月25日~(閏)4月2日(陽5.17~24)
神中南米4地区では、天の父母様聖会出征礼拝が行われました。インターネット網で連結され、真の父母様のみ言と天の父母様聖会の祝福で一つとなったメキシコとコスタリカ、ホンジュラスなど神中南米4地区の祝福家庭は、神氏族メシヤの使命勝利に対する決意を集め、希望溢れる新時代を出発しました。

ブラジルIAYSP:第1回ピースデザイナーオンライン大会天一国8年天暦4月17日(陽5.9)
神中南米 世界平和青年学生連合は、「夢を持って世の中を変化させることのできる若者となろう」という主題で、第1回ピースデザイナーオンライン大会を行いました。大会は、中南米地域のIAYSPおよび指導者達の協力で準備され、オンライン会議形式で300名のピースデザイナーが参加し、生中継で1000名以上の視聴者が共に参加する中で、81の社会的プロジェクトが始まりました。今回の参加者の中で30%はオイコスや、メディアチャンネルを通して、IAYSPを知った学生達で、今回の大会を通して、真の父母様を中心としたIAYSPの活動に同参するようになりました。

ペルーIAYSP:平和な未来のための孝情青年大会天一国8年天暦4月10日(陽5.2)
またペルーIAYSPとCARPは、オンライン会議を通して、孝情青年大会を行いました。純潔は私たちの希望という主題で、200名以上の青年達が参加し、原理を中心とした純潔の重要性、IAYSPのビジョンを紹介し、活動に同参するように導き、真の父母様の心情と愛を共に分かち合う時間を持ちました。

WFWP Giving for Goodプロジェクト支援のための聖物オークション行事天一国8年天暦(閏)4月8日(陽5.30)
世界平和女性連合は、地球環境の保存と未来世代の福祉のためのGiving for Goodプロジェクトの一環として、聖物オークションを実施しました。文薰淑世界会長と文善進首席副会長をはじめ、17カ国の指導者及び会員90人余りが参加した中で行われた聖物オークションを通じて、約1000万円余りの義援金を用意した女性連合は、新型コロナウイルス感染症により、追加支援が必要な人道主義的プロジェクトに義援金を支援する予定です。

神日本第1地区  真のお母様自叙伝感想文コンクール表彰式天一国8年天暦(閏)4月9日(陽5.31) 新宿家庭教会
神日本第1地区では、真のお母様自叙伝感想文コンクールの表彰式が行われました。田中地区長は、自叙伝の訓読と感想文コンクールを通して、心情復活がなされ、新たな希望と決意が溢れる現場の雰囲気が伝えられ、続く感想文朗読の時間では中学生と高校生、大学生と社会人部門の受賞者代表の朗読が行われ、参加者からも涙する姿が見られ、感動が伝えられました。

天一国の千年体系を見据えられながら、永遠に残る天一国の文化と伝統を立てて下さった真の父母様。世界万民が押し寄せ、真の愛の世界で共に暮らそうと、歌うことのできるその日のために、与えて下さった環境を新たに創造し、拡大していくことのできる、天の父母様聖会の祝福家庭の皆様となられることを祈ります。それではまた来週お会いしましょう。