HJグローバルニュース (2020年 7月 4日)

By | July 6, 2020

皆さん、こんにちは。天一国の希望のニュースをお伝えするHJグローバルニュースです。

天暦57日、天一国国立大学未来指導者特別総会を主管してくださった真の父母様は、「6000年ぶりに真の父母と子女に出会うことのできる夢の日である」と語られ、「天の父母様に侍って暮す地上生活の価値」を強調されました。

今週は、天地人真の父母様主管天一国国立大学未来指導者特別集会のニュースと共に、天一国の宣教現場の希望溢れるニュースを集めてお伝え致します。

1.真の父母様の動静

天と人類のための孝情の生涯で、ついに天一国安着の日を宣布された真の父母様

真の父母様 天一国安着宣布

2020天一国安着を宣布いたします!

神統一世界に向けた、ビジョン2027!7年の大長征を出発され、鮮鶴UPAと新たに立てられた、鮮文UPAの入学式を主管された真の父母様は、真のお父様天宙聖和以降、奨学財団を作り、未来の人材育成とともに天一国安着へと進み行く摂理を経綸されたように、天の父母様聖会の名で、新たな7年路程が出発する中、未来世代の指導者養成に大きな精誠を捧げておられます。

天地人真の父母様主管 天一国国立大学未来指導者特別集会

天一国8年天暦57(6.27) 孝情文和苑

真の父母様は、天暦5月7日、鮮文UPA生徒をはじめとする、神学科の在学生と、鮮鶴UPA生徒計284名を「天一国国立大学未来指導者」の名で束ねられ、特別集会を主管してくださいました。

真のお母様のみ言に先立ち、最近の摂理の特別講義を行った尹煐鎬世界本部本部長は、世の中の光となる指導者になるためには、天のみ旨を中心に、世界の秩序を正しく見ることのできる、未来指導者達となることを願いました。

尹煐鎬世界本部本部長

指導者がすべき、最初の(条件)は、私たちが侍っている真の父母様を正確に知らなければなりません。そして真の父母様に侍り、世の光となるためには、世の中を正確に知らなければなりません。

私が持つすべてがあるとすれば、私の考え、私の主観、すべてを後にして、お母様のためにこの道を歩んでいくと決断する皆さんにならなければなりませんね?同意しますか?同意するならば、これからお母様に侍り、この7年路程を勝利しましょう。

夏休みもなく、霊性啓発のための21日特別精誠に臨んだ、天一国国立大学の未来指導者達は、熱い賛美で、真の父母様を壇上にお迎えし、この日を待ちわび喜びで迎えられた真の父母様は、天との心情の因縁を結んでくださる愛のみ言で、天一国国立大学の未来指導者達を祝福してくださいました。

真の父母様のみ言

皆さんにとても会いたかったです。6000年ぶりに、真の父母様の摂理の60年目にして、きょう出会ったのです。多くの(記念)日がありますが、この日を何の日と命名しましょうか? (日本語で語られながら)「ゆめのひ(夢の日)」です。

天の父母様の夢と真の父母様の夢を成して、地上で天の父母様に侍り、愛と喜びと頌栄の子女として、 本来天の父母様が願われた夢を成し遂げたといえるそのような地上天国をつくって差し上げなければならないことが、真の父母は勿論であり、祝福家庭、特に皆さん二世・三世の願いにならなければなりません。

それではどのようにしなければならないでしょうか? アダム・エバが成長期間に自分を中心とした考えで堕落をしましたが、皆さんは独り娘・真の母とひまわりのように一つになった位置で立派に成長して、平和と統一の環境圏をつくり出さなければならないのです。

肉身の生涯は100年を越えるのが簡単ではありません。創造主は永遠性をもって永遠な世界を夢見られたために、地上でどのように成長してどのような生涯を生きて感じながら、お互いに愛しあって一つになり、天の父母様に喜びと頌栄を捧げるかを考えなければなりません。私の考えが天の父母様の考えであり、天の父母様が願われることを私が悟り、して差し上げる、孝子・孝女・忠臣の生涯を地上で感じなければなりません。地上で学ばなければなりません。地上生活がなぜ重要なのかを話しました。天の父母様の願いを成し遂げて差し上げる位置であるために、天上の生涯を地上で成して進まなければなりません。

そうであれば私たちの生涯には、いくら大変で疲れてつらくても、不平・不満はありえません。なぜなら私たちの夢がもっと大きいからです。その夢は成し遂げれば成し遂げるほど、結果的に皆さんが福をたくさん受けるようになるので、一つも損害がないという話です。

私が皆さんに会ったきょうが、皆さんとしては真の父母に60年目にしてこのように近くで会うのです。皆さんは私の息子娘です。このように60年という時間をかけずに、これからは1分1秒を惜しみ、一緒に暮らして、天の父母様に侍って生きなければなりません。その生涯がどれだけ興奮して、感謝して、嬉しいことなのか見せてあげる生涯を生きなければなりません。

皆さんによって、「世界の復帰、世界摂理をすべて成した」というその位置で、天の父母様と共に一日中、数日、数年を感謝し、頌栄を捧げようと努力し待つ、独り娘 真のお母様です。 手伝ってくれるでしょう?皆さんは、絶対信仰、絶対愛、絶対服従、真の愛でしょう?ありがとうございます。

天の父母様を喜ばして差し上げる、その日に向かって、共に進んでいくことができるように祝福してくださった愛!真の父母様はスイセンチームの公演を通して、不可能を可能にする精誠と努力の価値を悟らせてくださいました。

天に対する孝情を歌った、未来指導者達の感動的なメロディー!

ハ・ハヨン 神学科学生会長

真の父母様に似た光の実となり、世を照らす子女となることを決意し、感謝の思いを捧げます。

文信興 生徒

真のお母様、心配なさらないでください。

真の父母様の希望、世界の希望となる私たちがここにいます。

文信出 生徒

ただ真の父母様のために生きていきます。真の父母様、ありがとうございます。

真の父母様がいつも恋しく、いつも愛しています。

その愛がどれだけ大きく、驚くべきなのかを

その愛がどれだけ私を感激させるのか

天と人類のための真の愛の路程を振り返り、皆が熱い涙を流した時間…

真のお母様もこみあげる涙をぬぐわれました。

つづく和動の時間を通して真の父母様との心情の因縁をさらに固く結んだ、天一国国立大学の284名の未来指導者達は、精誠の祭壇の前に、決意の祈祷を捧げ、真の父母様が歩まれた涙と苦難の道の最後に、勝利の涙、喜びの涙を流すことのできる、神統一世界のリーダーであり、天一国の真なる指導者となることを決意しました。

ビジョン2027!勝利!勝利!勝利!

2.世界ニュース

天の父母様聖会時代!真の愛の文化を根づかせている、宣教現場のニュースを集めてお伝え致します。

n  平和運動

– 神韓国UPF:神統一韓国安着のための2020全国市郡区会長団ワークショップ

天一国8年 天暦548日(陽6.2428

神韓国UPFは、「神統一韓国安着のための2020全国市郡区会長団ワークショップ」を、全国の広域市および市郡区の平和大使協議会長と支部長、山水苑愛国会長と役員約1000名が参加する中で開催しました。天の父母様聖会の二つの柱をなす、神韓国家庭連合の全国牧会者たちも同参し、神統一韓国に向けた戦略を共有しました。2020年度の活動戦略と、組織‧教育‧事業に対する各市道と市郡区支部ごとに活動の優秀事例を共有した参加者たちは、神統一韓国実現のための実践に努めていくことを決意しました。

 – 2回世界平和言論人連合オンラインセミナー

天一国8年 天暦53日(陽6.23)神アジア太平洋

世界平和言論人連合の第2回オンラインセミナーが神ヨーロッパに続き、神アジア太平洋圏域で行われました。「世界の転換期:メディアの役割」をテーマに開催されたセミナーに参加した、7カ国10人の著名なパネリストたちは、両極化を克服する客観的、倫理的ジャーナリズムの役割を回復することで、メディアが新しい文化と時代をリードすべきであると強調し、48カ国から300人が参加し、1500回の視聴数を記録し、熱い反応が沸き起こりました。

 – ブータンUPF:コロナ時代の平和のためのオンラインセミナー

天一国8年 天暦 閏421日(陽6.12)ティンプー

この他にも、アジア太平洋圏域では、コロナ時代を克服するためのウェブセミナーを多方面で展開し、政治指導者と平和大使・約40名が同参したブータンでは、ために生きる価値を中心に、コロナ克服のための各界各分野の知恵が共有されました。

 – アジア圏域IAYSP:新型コロナウイルス克服のための平和の対話

天一国8年 天暦 閏426日(陽6.17)ネパールほか、6カ国

アジア圏域・世界平和青年学生連合は、「コロナ事態を克服するための青年学生の役割」をテーマにパネル発表を行い、教授と公務員など約3100名がアクセスし、天の摂理を中心とした、未来時代のビジョンを共有しました。

■青年活動

 – 神韓国IAYSP:ピースデザイナー新型コロナウイルス緊急対応プロジェクト

天一国8年 天暦 閏410日(陽6.1

神韓国・世界平和青年学生連合は、「ピースデザイナー・新型コロナウイルス緊急対応プロジェクト」を稼動し、地域社会に希望を与えています。ピースデザイナーは、地方自治体の防疫活動を支援するため、ソウル各地をはじめ、光州と昌原にチームを設け、定期的な防疫活動を進め、寄付を寄託する一方、「日本マスク寄付キャンペーン」を展開し、その一回目として、熊本社会福祉センターにマスク500枚を伝達するなど、コロナ克服のための分かち合いと奉仕に最善を尽くしています。

 – 神サントメ・プリンシペIAYSP:天一国安着のための21日原理修練会

天一国8年 天暦 閏41051日(陽6.121)青年センター

124人の青年学生の7日修練課程を終え、摂理の一線で活躍している神サントメ・プリンシペでは、21日深化過程修練会が、40人の青年学生を対象に行われました。原理講師訓練から万物復帰、真の父母様の心情相続のための釣り訓練、真の万物の日の行事の準備など、知情意を啓発する指導者訓練を経た青年学生たちは、神サントメ・プリンシペを、天一国安着のモデルにするという覚悟と決意で、開拓伝道の路程を出発しました。

 – タイ:CARP新会員歓迎会

天一国8年 天暦 閏429日(陽6.20

タイではCARP新会員39人の歓迎会が行われました。CARP「理想青年プロジェクト」を通して連結され、真の父母様の平和ビジョンと家庭理想に感化された新会員たちは、歓迎の時間を共に過ごし、7日原理修練会勝利の決意を固めました。

■主要ニュース

 – グアテマラ国家メシヤ、文龍賢会長協会聖和式

天一国8年 天暦56日(陽6.26)ソウル峨山病院

真のお父様の従兄弟であり、グアテマラ国家メシヤとして歩んだ、文龍賢(むん・よんひょん)会長の協会聖和式が行われました。1932年旧暦6月2日に、平安北道定州で生まれ、56年12月に入教した文龍賢会長は、真の父母様の生家復元のために精誠を捧げ、天の摂理のために限りない孝情の道を歩むことで、「祝・神統一韓国時代開門安着忠誠子」の揮毫を受けました。協会聖和式に続き、坡州原殿で行われた原殿式!参加者たちは、天の摂理のために苦労した、文龍賢会長の天上への入門を祝福しました。

 – 神韓国:李貞玉先生白寿祝賀宴

天一国8年 天暦57日(陽6.27)ソウル・ロッテホテルワールド

神韓国では、天の摂理の中で、生涯を謙虚と従順で、まっすぐ生きてきた聖人祝福家庭、李貞玉(イジョンオク)先生の白寿(はくじゅ)記念祝賀宴が開かれました。真のお母様はこの日、李貞玉先生のみ旨に対する生涯を高く称賛し、真の家庭を通して祝賀の贈り物を授けられ、李貞玉先生は、「すべてが天の父母様と真の父母様の愛だと思っている」と伝え、100年の人生を感謝の心情で回顧しながら、変わらない孝情の道を歩むことを固く誓いました。

 – 神アジア太平洋:第240日オンライン特別早朝精誠祝勝会

天一国8年 天暦 閏428日(陽6.19)タイ・パクチョン修練所

真の父母様が立ててくださった伝統に基づいて、タイの現地時間午前6時を基準に、オンライン訓読会を行ってきたアジア太平洋圏域では、第2次40日早朝精誠を終え、第3次完成期に精誠を出発する祝勝会に約150名の食口が参加し、約5000名がオンラインで共に視聴する中で行われました。世界的なコロナパンデミックによる封鎖措置で、自由な移動が制限された中で行われた早朝精誠を通して、希望の源泉を発見し、大きな勇気を得て、調和と復興の時間を共にしたアジア太平洋圏域の食口たちは、真の父母様のみ言を通して確固たる決意で前進しています。

 – 神中南米2地区:天の父母様聖会オンライン2日修練会

天一国8年 天暦 閏42951日(陽6.2021

神中南米2地区では、天の父母様聖会時代の新たな出発のための2日オンライン修練会が、アルゼンチン、チリ、パラグアイとウルグアイの約400名の食口を対象に行われました。真の父母様のみ言を中心に、神氏族メシヤ教育と元老食口の証などを聞き、天の父母様の大きな愛を実感した食口たちは、新しい出発のための悔い改めと癒し、新たな決意につながった感動と奇跡の時間を共に過ごし、新時代の希望で出発しました。

 – カメルーン:真のお母様神アフリカ祝福家庭支援、および真の万物の日

天一国8年 天暦51日(陽6.21)ヤウンデ

真のお母様は、新型コロナウイルス事態に苦しんでいるアフリカ圏域の食口のために50万ドルを支援してくださった中で、約1万2千名の感染者が発生し、313名の死者が発生したカメルーンでは、祝福家庭食口全体に、お米8kgと食油1リットル、40ドルの支援金が分配されました。困難な状況下で、お母様の深い愛を受けたカメルーンの食口たちは、真の万物の日を共に過ごし、7年路程を勝利で捧げる、孝子孝女になることを誓いました。

 – 神日本1地区:栃木教区宇都宮家庭教会訪問礼拝

新型コロナ事態の中で、教会と食口の間のコミュニケーションの溝を、新しい知恵で克服している神日本1地区のニュースです。防疫指針を遵守しつつ礼拝が再開されたにもかかわらず、いまだに高齢者の集会出席は制限されているため、礼拝出席の難しい先輩家庭のために、栃木教区宇都宮家庭教会では、デリバリー訪問礼拝を行っています。IT機器の活用が難しい先輩家庭のためのビデオ礼拝を行い、奉仕活動を行った公職者と食口たちは、新しいコミュニケーションと和合の喜びを発見し、危機をチャンスに逆転させる新しい創造に努めています。

 – 神韓国:松坡家庭教会奉献式

天一国8年 天暦58日(陽6.28

神韓国では、ソウル東部教区松坡家庭教会が奉献されました。元老先輩家庭をはじめ、天の摂理に忠実な信仰を持つ松坡教会の食口たちは、この日、天が許諾された恵みと愛に感謝し、ビジョン2027の勝利に向かってより力強く進むことを固く決意しました。

私たちが真の父母様を愛しながら侍ることは、その中にこめられた宇宙のような真の愛を体恤した瞬間があったからだと実感します。祝福家庭の皆様も、生活の第一線で出会うすべての人々と心情の関係を結んでいくことで、愛の領土を広げる、真の愛の主人としての人生を生きられるよう祈ります。それではまた来週お会いしましょう。
n  平和運動

– 神韓国UPF:神統一韓国安着のための2020全国市郡区会長団ワークショップ

天一国8年 天暦548日(陽6.2428

神韓国UPFは、「神統一韓国安着のための2020全国市郡区会長団ワークショップ」を、全国の広域市および市郡区の平和大使協議会長と支部長、山水苑愛国会長と役員約1000名が参加する中で開催しました。天の父母様聖会の二つの柱をなす、神韓国家庭連合の全国牧会者たちも同参し、神統一韓国に向けた戦略を共有しました。2020年度の活動戦略と、組織‧教育‧事業に対する各市道と市郡区支部ごとに活動の優秀事例を共有した参加者たちは、神統一韓国実現のための実践に努めていくことを決意しました。

 – 2回世界平和言論人連合オンラインセミナー

天一国8年 天暦53日(陽6.23)神アジア太平洋

世界平和言論人連合の第2回オンラインセミナーが神ヨーロッパに続き、神アジア太平洋圏域で行われました。「世界の転換期:メディアの役割」をテーマに開催されたセミナーに参加した、7カ国10人の著名なパネリストたちは、両極化を克服する客観的、倫理的ジャーナリズムの役割を回復することで、メディアが新しい文化と時代をリードすべきであると強調し、48カ国から300人が参加し、1500回の視聴数を記録し、熱い反応が沸き起こりました。

 – ブータンUPF:コロナ時代の平和のためのオンラインセミナー

天一国8年 天暦 閏421日(陽6.12)ティンプー

この他にも、アジア太平洋圏域では、コロナ時代を克服するためのウェブセミナーを多方面で展開し、政治指導者と平和大使・約40名が同参したブータンでは、ために生きる価値を中心に、コロナ克服のための各界各分野の知恵が共有されました。

 – アジア圏域IAYSP:新型コロナウイルス克服のための平和の対話

天一国8年 天暦 閏426日(陽6.17)ネパールほか、6カ国

アジア圏域・世界平和青年学生連合は、「コロナ事態を克服するための青年学生の役割」をテーマにパネル発表を行い、教授と公務員など約3100名がアクセスし、天の摂理を中心とした、未来時代のビジョンを共有しました。

■青年活動

 – 神韓国IAYSP:ピースデザイナー新型コロナウイルス緊急対応プロジェクト

天一国8年 天暦 閏410日(陽6.1

神韓国・世界平和青年学生連合は、「ピースデザイナー・新型コロナウイルス緊急対応プロジェクト」を稼動し、地域社会に希望を与えています。ピースデザイナーは、地方自治体の防疫活動を支援するため、ソウル各地をはじめ、光州と昌原にチームを設け、定期的な防疫活動を進め、寄付を寄託する一方、「日本マスク寄付キャンペーン」を展開し、その一回目として、熊本社会福祉センターにマスク500枚を伝達するなど、コロナ克服のための分かち合いと奉仕に最善を尽くしています。

 – 神サントメ・プリンシペIAYSP:天一国安着のための21日原理修練会

天一国8年 天暦 閏41051日(陽6.121)青年センター

124人の青年学生の7日修練課程を終え、摂理の一線で活躍している神サントメ・プリンシペでは、21日深化過程修練会が、40人の青年学生を対象に行われました。原理講師訓練から万物復帰、真の父母様の心情相続のための釣り訓練、真の万物の日の行事の準備など、知情意を啓発する指導者訓練を経た青年学生たちは、神サントメ・プリンシペを、天一国安着のモデルにするという覚悟と決意で、開拓伝道の路程を出発しました。

 – タイ:CARP新会員歓迎会

天一国8年 天暦 閏429日(陽6.20

タイではCARP新会員39人の歓迎会が行われました。CARP「理想青年プロジェクト」を通して連結され、真の父母様の平和ビジョンと家庭理想に感化された新会員たちは、歓迎の時間を共に過ごし、7日原理修練会勝利の決意を固めました。

■主要ニュース

 – グアテマラ国家メシヤ、文龍賢会長協会聖和式

天一国8年 天暦56日(陽6.26)ソウル峨山病院

真のお父様の従兄弟であり、グアテマラ国家メシヤとして歩んだ、文龍賢(むん・よんひょん)会長の協会聖和式が行われました。1932年旧暦6月2日に、平安北道定州で生まれ、56年12月に入教した文龍賢会長は、真の父母様の生家復元のために精誠を捧げ、天の摂理のために限りない孝情の道を歩むことで、「祝・神統一韓国時代開門安着忠誠子」の揮毫を受けました。協会聖和式に続き、坡州原殿で行われた原殿式!参加者たちは、天の摂理のために苦労した、文龍賢会長の天上への入門を祝福しました。

 – 神韓国:李貞玉先生白寿祝賀宴

天一国8年 天暦57日(陽6.27)ソウル・ロッテホテルワールド

神韓国では、天の摂理の中で、生涯を謙虚と従順で、まっすぐ生きてきた聖人祝福家庭、李貞玉(イジョンオク)先生の白寿(はくじゅ)記念祝賀宴が開かれました。真のお母様はこの日、李貞玉先生のみ旨に対する生涯を高く称賛し、真の家庭を通して祝賀の贈り物を授けられ、李貞玉先生は、「すべてが天の父母様と真の父母様の愛だと思っている」と伝え、100年の人生を感謝の心情で回顧しながら、変わらない孝情の道を歩むことを固く誓いました。

 – 神アジア太平洋:第240日オンライン特別早朝精誠祝勝会

天一国8年 天暦 閏428日(陽6.19)タイ・パクチョン修練所

真の父母様が立ててくださった伝統に基づいて、タイの現地時間午前6時を基準に、オンライン訓読会を行ってきたアジア太平洋圏域では、第2次40日早朝精誠を終え、第3次完成期に精誠を出発する祝勝会に約150名の食口が参加し、約5000名がオンラインで共に視聴する中で行われました。世界的なコロナパンデミックによる封鎖措置で、自由な移動が制限された中で行われた早朝精誠を通して、希望の源泉を発見し、大きな勇気を得て、調和と復興の時間を共にしたアジア太平洋圏域の食口たちは、真の父母様のみ言を通して確固たる決意で前進しています。

 – 神中南米2地区:天の父母様聖会オンライン2日修練会

天一国8年 天暦 閏42951日(陽6.2021

神中南米2地区では、天の父母様聖会時代の新たな出発のための2日オンライン修練会が、アルゼンチン、チリ、パラグアイとウルグアイの約400名の食口を対象に行われました。真の父母様のみ言を中心に、神氏族メシヤ教育と元老食口の証などを聞き、天の父母様の大きな愛を実感した食口たちは、新しい出発のための悔い改めと癒し、新たな決意につながった感動と奇跡の時間を共に過ごし、新時代の希望で出発しました。

 – カメルーン:真のお母様神アフリカ祝福家庭支援、および真の万物の日

天一国8年 天暦51日(陽6.21)ヤウンデ

真のお母様は、新型コロナウイルス事態に苦しんでいるアフリカ圏域の食口のために50万ドルを支援してくださった中で、約1万2千名の感染者が発生し、313名の死者が発生したカメルーンでは、祝福家庭食口全体に、お米8kgと食油1リットル、40ドルの支援金が分配されました。困難な状況下で、お母様の深い愛を受けたカメルーンの食口たちは、真の万物の日を共に過ごし、7年路程を勝利で捧げる、孝子孝女になることを誓いました。

 – 神日本1地区:栃木教区宇都宮家庭教会訪問礼拝

新型コロナ事態の中で、教会と食口の間のコミュニケーションの溝を、新しい知恵で克服している神日本1地区のニュースです。防疫指針を遵守しつつ礼拝が再開されたにもかかわらず、いまだに高齢者の集会出席は制限されているため、礼拝出席の難しい先輩家庭のために、栃木教区宇都宮家庭教会では、デリバリー訪問礼拝を行っています。IT機器の活用が難しい先輩家庭のためのビデオ礼拝を行い、奉仕活動を行った公職者と食口たちは、新しいコミュニケーションと和合の喜びを発見し、危機をチャンスに逆転させる新しい創造に努めています。

 – 神韓国:松坡家庭教会奉献式

天一国8年 天暦58日(陽6.28

神韓国では、ソウル東部教区松坡家庭教会が奉献されました。元老先輩家庭をはじめ、天の摂理に忠実な信仰を持つ松坡教会の食口たちは、この日、天が許諾された恵みと愛に感謝し、ビジョン2027の勝利に向かってより力強く進むことを固く決意しました。

私たちが真の父母様を愛しながら侍ることは、その中にこめられた宇宙のような真の愛を体恤した瞬間があったからだと実感します。祝福家庭の皆様も、生活の第一線で出会うすべての人々と心情の関係を結んでいくことで、愛の領土を広げる、真の愛の主人としての人生を生きられるよう祈ります。それではまた来週お会いしましょう。