HJグローバルニュース (2020年 6月 27日)

By | July 6, 2020

皆さん、こんにちは。天一国の希望のニュースをお伝えするHJグローバルニュースです。

去る7年!天の父母様との約束、真のお父様との約束を果たされた真のお母様は、地球を数十周されながら、五色人種の世界の人々に、新たなみ言を伝え、天の父母様に侍り、共に生きる神世界を切り開いてこられました。

今週は、2018年と2019年、世界を舞台に繰り広げられた希望前進大会を振り返り、天の摂理を大陸の次元で行うことのできる基盤を築かれた、感動の瞬間を振り返ってまいります。神世界の主人として生まれ変わる、恩恵ある時間をお過ごしください。

1.神大陸摂理特集

去る7年!五色人種、世界の人々に、新たなみ言を伝え、天の父母様に侍り、共に生きる天一国・神世界を切り開いて来られた、真の父母様!

天の父母様との約束、真のお父様との約束を果たされるため、天一国・神世界に向けた、偉大な挑戦を続けてこられました。

国家の復帰のための本格的な摂理が出発した、2018年!

真の父母様の祝祷

天の父母様を中心とした人類の夢を成すことのできるアフリカとなり、これ以上葛藤と苦痛と戦争のない天の父母様を中心とした完全に一つになった和合と統一の世界を成し遂げるにおいて、積極的に協助することを真の父母の名によって解怨成就します。アーヂュ。

ムスリム国家であるセネガルで摂理史上初めて、大統領および政府主管の「大陸単位のサミット」を勝利的に奉献され、神アフリカプロジェクトのMOUを締結せしめ、確信と信念を持って前進すれば、奇跡の役事がなされることを身をもって見せてくださいました。

統班撃破、地域の復帰に取り組んだ食口達は、国家の復帰の基盤の下、2018年、7圏域で通算約5000家庭の神氏族メシヤ宣布を奉献する大躍進を遂げ、ビジョン2020の勝利の日の到来を引き寄せました。

このような精誠の基台の上に、「希望前進大長征」を出発された真のお母様は、眠るヨーロッパを、夢見る神ヨーロッパに変えてくださり、12年ぶりに訪ねられた、生命の宝庫、神中南米大陸のビジョンと価値について伝えられました。

神韓国5つの地区大会と神日本大会で、摂理の中心国家に新たな復興の風が巻き起こり、超宗教和合統一の希望を実体として奉献された、神アメリカ大会!

準備された義人を探し、宗教と氏族、政府次元の摂理を急速に前進させてくださった、神アフリカのジンバブエと南アフリカ共和国大会に続き、2018年、希望前進大会のフィナーレを飾ったネパールでは、神アジア太平洋圏域の国家元首7名と、ネパール全域の市長夫婦700双の前で、天一国神世界が到来したことを宣布されました。

真の父母様のみ言

本来の主人である神様を迎える運動をしなければなりません。それで私は神様を迎える神アジア・太平洋文明圏時代を宣布します。

命が尽きる日まで、必ずこの地に、天の父母様の天一国を安着させるという、真のお母様の固い決意は、2019年にも中断なき前進として続きました。

その長旅の出発は神韓国。真の父母様は神統一韓国時代、開門安着のビジョンを実現するための、希望前進大会を5地区で主管され、摂理の祖国・神韓国に太平洋神文明時代の中心的使命とその責任について悟らせてくださいました。

世界を愛するために祝福された国、アメリカ!

これまで超宗教和合運動と、世界平和宗教人連合創設に共に参与した聖職者達が、真の父母様を証し、祝福の隊列に同参しており、南アフリカ共和国では、神様黙示録教団のハデベ預言者を中心とした、教団復帰と、祝福式を天の父母様に奉献しました。

ついに、大統領および政府主管のサミットと祝福式が奉献されることで、天の摂理について証し、天の父母様が共にあられる最初の国、神アフリカ サントメ・プリンシペ大会が奉献されたことは、摂理史に永遠に輝く歴史となりました。

真の父母様の祝祷 

この国の未来に対して天の父母様が共にある、神サントメ・プリンシペを導いていく祝福家庭であることを自覚するようにしてください。 天の父母様に侍って生きる国としての見本となれるよう、きょう祝福を受けたあなたの息子、娘を記憶して下さい。

天一国安着のための「天宙的カナン40日路程」は、計り知れない、真の愛の道!

世界の火薬庫、バルカン半島アルバニアでは、東南ヨーロッパ平和サミットを主管され、天の父母様に侍る神ヨーロッパとなり、和合と平和を成すことを祈願されました。

カンボジアで開催された、アジア・太平洋サミットでは、「アジア太平洋ユニオン」を支持するプノンペン宣言が発表され、「アジア・太平洋圏域 世界平和頂上連合」が創立されました。

これと共に、17億の中華人が世界平和の先頭に立つという決意を集めた、世界平和華人連合世界大会が、神台湾で開催され、真の家庭祝福祝祭に参加した、7000双の政府指導者および市民達は、天の父母様の下一家族の理想を実現することを誓いました。

国家の復帰の道は、全世界に拡散され、大陸復帰の里程標を立てたニジェール。

アフリカの54の会員国で構成された、「アフリカユニオン」と、15の会員国で構成された、「西アフリカ経済共同体」。サハラ国家連合「G5サヘル」と共同主催で開催されることにより、名実共に大陸単位のサミットとして開催された、アフリカサミット2019。神アフリカプロジェクトをMOU締結し、摂理史上初めて、天の摂理が国家を超えて大陸次元に飛躍する、大陸復帰の礎石が確立しました。

至極な精誠を捧げてこられた真のお母様は、ニジェールで開催された、アフリカ大陸単位サミットと祝福式の勝利の土台の上で、実体大陸復帰宣布の礎となる、南アフリカ共和国20万祝福式を奉献されることにより、天の摂理を新たな次元へと引き上げて下さいました。

歓迎の辞 サムエル・ハデベ 神様黙示録教会預言者

私たちは共に歴史を作っています。共に歴史を綴っています。

真の父母様の祝祷

きょう、ここはアフリカ大陸の54ヶ国から、あなた様の子女として入籍するために集まった祝福家庭が誕生するこの場でございます。二度と天を寂しくさせない孝子・孝女の祝福家庭になることを誓うこの場になりますので、天の父母様喜んで受けてください。

天と人類のための至極なる孝情に、国家が答え、大陸が動いたこの日!苦痛と涙の大陸を、祝福の大陸として輝かせて下さいました。

40日路程のフィナーレを飾った、「神統一世界のための世界キリスト教聖職者希望前進大会」では、全世界約3万人の超宗教聖職者達が参席する中で、世界キリスト教聖職者連合が創立されました。真のお母様は天の父母様に侍る宗教と国家、大陸を探し立てることで、ついに天の父母様との約束を果たされました。

真の父母様のみ言

世界76億人類について考えてみると、天の父母様が抱きたいと思うその子女たちを知らないということはできません。一日も早く、皆様を通じて彼らを天の父母様の子女として導く義人、聖職者、指導者の皆様となるように祝願します。

天と人類のための真の父母様の真の愛の路程は、天一国の神文化であり、神文明として安着し、人類の永遠なる愛と平和への道を明るく照らすでしょう。

. 世界ニュース

コロナ時代以降、変化した環境を開拓し、天の父母様聖会時代を切り開いている、宣教現場の希望溢れるニュースを集めてお伝え致します。

n  平和運動

世界日報:2020世界エネルギーフォーラム

天一国8年天暦54(6.24)

韓国・世界日報と世界ビズ・アンド・スポーツワールドの共同主催により開催された、「2020世界エネルギーフォーラム」が、「ポストコロナ時代のエネルギー転換とグリーン水素」をテーマに、ソン・ユンモ産業通商支援部長官と、ウ・ウォンシク「共に民主党」議員等、政府の部署と国内外の専門家および企業家約200人が参加する中で行われました。参加者は現在、全世界的に80%を越える、化石エネルギーへの依存は、過度の炭素排出による、地球の終末を招くとして、「環境」が中核課題となるポストコロナ時代には、これに対応するためのグリーン水素の生産と、水素産業の生態系の造成が急がれるということで意見が一致しました。

神韓国UPF:全国広域市道支部

護国報勲の月 記念行事開催

神韓国UPFは、韓国戦争70周年となる今年、護国報勲の月を迎え、各市道支部別記念行事を行いました。蔚山広域市道支部は、国家遺功者合同追悼祭と共に、追悼客のための給食奉仕を実践し、江原教区と合同で、参戦勇士追悼式を挙行した江原道支部は、エチオピア参戦勇士の家族に、平和大使の委託状を授与しました。忠南(チュンナム)と大邱(テグ)・慶北(キョンブク)、仁川(インチョン)支部なども韓国戦争参戦勇士の犠牲に感謝し、参戦勇士たちに、真のお母様の自叙伝を伝達し、ピースロード統一大長征への参加を促しました。

神韓国UPF:神韓国実現のためのピーストーク

天一国8年天暦()426(6.17)孝情ユースセンター

これと共に神韓国UPFは、「神統一韓国実現のための、UPFピースロード」を世界平和青年学生連合の職員と共に行いました。文姸娥UPF韓国議長は、UPFと11の摂理機関が共に動かなければいけないと話し、神統一韓国実現のために互いに疎通し、協力していくことを強調しました。

参加者は、神統一韓国実現のための、UPFとIAYSPの役割と課題を中心に、各機関の活動戦略を論議し、実務においてより緊密な連帯と協力関係を作っていくべきだという点について共感しました。神韓国 UPFは、これからも様々な摂理機関とのピーストークを通して、ビジョン2027勝利のための連帯と協力の場を切り開いていく方針です。

エルサルバドル:食料品支援奉仕活動

天一国8年天暦()428(6.19)

真のお母様がコロナ克服のための寄付金50万ドルを中南米大陸のために支援してくださる中、エルサルバドル家庭連合と世界平和宗教人連合は、寄付金で準備した食料品パッケージ1000個を貧困層に伝達しました。エルサルバドルは約3ヶ月間の国境封鎖措置により、貧困層の基礎生活需給が困難な中、この日の善行は地域のマスコミに大きく報道され、真の父母様の愛と精誠を広く知らせました。

n  青年活動

鮮鶴UP大学院大学校:士官学生英語演劇祭

天一国8年天暦()427(6.18) 孝情文和苑

天一国の未来指導者養成の中心地である、鮮鶴UP大学院では、士官学生たちの英語演劇祭が行われました。真の父母様が望まれる、グローバルリーダーを育成するため、鮮鶴UP大学院では韓国語と英語の授業が行わる中、士官生徒たちは一学期中に磨き上げた英語の実力を、余すことなく発揮しました。鮮鶴UP大学院は、学生達の英語の演劇祭を持続的に発展させていくことで、多方面の心情文化を創造していく天一国指導者として養成していく方針です。

台湾:台中成和学生「心情文化祭」

天一国8年天暦()422(6.13) 

青少年期の「神様中心のアイデンティティー形成」が重要であることを強調した、真の父母様のみ言に従って、台湾・台中の成和学生達は、友人伝道のための心情文化祭を開催しました。SNSを通じて40人余りの参加者を募集し、企画や進行、公演などプログラム全体を精誠をこめて準備した成和学生たちは、先入観と偏見を破る心情文化と真の愛で、参加者たちの心を開きました。この日共に和合する、「成和」の価値を確認した2世の成和学生たちは、聖霊の役事を体験し、心情文化を通じた伝道活動に希望を見出しました。

神日本:2020鮮鶴奨学証書授与式

天一国8年天暦()429(6.20) 一心特別教育院

神日本では、2020年度鮮鶴奨学証書授与式及び鮮鶴奨学生ワークショップが開催され、学力優秀、文化芸術、孝情部門から選抜された計219名の奨学生のうち、94名がオフライン及びオンラインで参加しました。映像メッセージを伝えた孝情世界平和財団の文姸娥理事長は、「真の父母様の考えと実践についての理解」が重要であることを強調し、天の父母様に侍り、真の父母様とともに歩む姿勢を持った人材になるよう強調しました。続くワークショップに参加した奨学生たちは、夢を具体化するとともにキャリアプランニングのためのサポート及び奨学生間の交流の場を共にし、ために生きる関係性の中で真の愛を育むことで、心情世界を拡張する未来の指導者になることを誓いあいました。

n  主要ニュース

58回 真の万物の日

天一国8年天暦51(6.21) 天苑宮天苑教会

神韓国では、第58回真の万物の日記念式が、世界本部教会である、天苑宮天苑教会大聖殿で挙行されました。真の家庭と元老牧師、公職者と中心食口達は、失った万物を再び取り戻し、創造本然の世界を回復して行かれた、真の父母様の崇高な人生を振り返り、感謝の敬拝と賛美を捧げました。

尹煐鎬 世界本部本部長の報告祈祷に続き、李基誠 神韓国会長は、天の父母様聖会時代、2027勝利のために、新たに出発しようと呼びかけました。全体を共にした食口達は、天一国神世界安着のために、万物の主人の位置を探し立て、喜びで前進することを誓いました。

神韓国:第66回韓国協会創立記念式

定年退職牧会者17家庭…33年・15年長期勤続賞、聖物委員功労賞等

天一国8年天暦55(6.25) 天福宮教会

「第66回協会創立記念式」が全国の牧会者および公職者が参加する中で、天福宮聖殿で挙行されました。この日、記念式では、天の父母様と真の父母様の召命を受けて、摂理の第一線で絶対信仰と服従の道を歩み、定年を迎えた牧会者17家庭の功労を称える、「定年引退功労賞授与式」と共に、牧会公職33年以上および15年以上の「勤続功労賞授与式」「家庭連合聖物委員功労賞授与式」などが恩恵の中で開催されました。記念の辞で、李基誠会長は、人類救援と平和世界建設のための天の摂理機構として協会が出発した摂理的起源を振り返り、天一国安着宣布と天の父母様聖会時代を切り開かれた、天地人真の父母様に尊貴と栄光を捧げました。

絶対服従と孝情で、天のみ旨に従ってきた、神韓国家庭連合!この日の記念式で、牧会者と公職者皆は、ビジョン2027と神統一韓国時代安着を必ず勝利することを固く決意しました。

神韓国 WFWP:下半期女性指導者会議

天一国8年天暦524(6.2224) ジオーシャンリゾート

世界平和女性連合は、天の父母様聖会時代を迎え、「女性指導者力量強化のための下半期女性指導者会議」を、中心指導者約60名が参加する中で開催しました。女性指導者のための特別メッセージを伝えた真の父母様は、「天の父母様の祖国となるべき韓民族を教育し、復帰する上で5つの地区と摂理機関が一つとなって進むこと」を強調し、文薰淑世界会長は、「コロナは危機であり、天がくださった機会」であると話し、「人間中心の世界を、天の父母様中心に変えてさしあげよう」と開会の辞を伝えました。

その後、地域別特性に合う、グローバル女性平和ネットワークの事業計画と活性化方案を樹立した指導者達は、地域社会の女性指導者の基盤を教育し、養育し、天一国時代の主人であり、主役として先頭に立っていくことを決意しました。

真のお母様 神アフリカ圏域祝福家庭支援:ザンビア食料品配布

天一国8年天暦423(6.14)

真のお母様は、コロナ事態で困難を抱えている、アフリカ圏域の食口達のために、50万ドルを支援してくださる中、約1500名のコロナ感染者が発生したザンビアでは、祝福家庭100余名のための食料品配布が行われました。ザンビアをはじめとしたアフリカ圏域の食口達は、真のお母様の深い愛に感謝し、恩恵に応える孝子・孝女となることを誓いました。

真のお母様自叙伝英語版:米AMAZONで絶賛発売中

人類の涙をぬぐう平和の母、真のお母様の自叙伝英語版がアメリカで出刊されました。AMAZON「女性霊性部門」の新刊に登録され、「法律・宗教部門」のベストセラーとなった英語版の自叙伝は、AMAZONサイトにて購入することができ、ウェブブックでも利用可能です。世界の祝福家庭の皆様のたくさんの関心をお願い致します。

天の父母様に侍り、共に生きる神世界の祝福により、天が太初に願われた、天の父母様を中心とした文化と伝統を根付かせておられる真の父母様!今や190か国の祝福家庭が立ち上がり、天の声を聞き、行う、発光体の人生を生きることで、天一国の文化と伝統を花咲かせ、実を結ぶ天一国の真の主人となられるよう願います。それではまた来週お会いしましょう。