Peace Starts with Me Vienna 2018, True Mother’s Message

April 29, 2018, Vienna, Austria, Wiener Stadthalle

The following is an unofficial translation of True Mother’s message.
(from familyfed.org)

Respected distinguished guests, religious leaders, and ambassadors for peace from all around the world who came here for this day—especially ambassadors for peace and Family Federation members who made the long trip, traveling thirty hours from Russia to be here today—ladies and gentlemen, religious figures and leaders representing Heavenly Africa who came here to the Heavenly Europe region, thank you.

How can we live in a peaceful and happy world? Today we take great pains to think about what we can do to live in a peaceful and happy world. However, the things occurring around us make us anxious about the future. I see the European region especially as a region that Heaven has prepared. As Jesus Christ went the way of the cross, he prophesized that he would return. Christianity began by the Apostles that resurrected through the works of the Holy Spirit as they waited for the Messiah to return.

Christians received unspeakable persecution in the early days. After Rome recognized Christianity, it traveled through the European continent, from the Italian Peninsula, crossing to an island nation, Great Britain. Then the nations centered on Britain spread [Christian faith] out to the world under Christ’s name and opened the Atlantic Civilization Era. However, they did not know Christ’s essence. Caught up in their own selfishness, they put the benefit of their own nations first. So the result was different from what they had intended. In the end, rather than a movement that gave true love, it ended as a culture that took much away.

Externally, Europe began the industrial revolution. They achieved civilization, and due to scientific developments, people gained convenience. Yet, many problems occurred due to being unable to maintain balance. If humans continue in this way, the future of human life and even the planet we live on cannot be guaranteed. It is true we are at a point when we cannot help but worry. We have reached the limit of what human strength alone can do. People must know what kind of being the owner of the universe, God, our creator, is. Only through [knowing] that can all problems be solved.

In the beginning, originally when God created heaven, the Earth and all things, he created based on his form. He created as plus and minus in the mineral world, stamen and pistil in the plant world, and male and female in the animal world. Lastly, he created the human world as man and woman, Adam and Eve, as the Bible calls them. In particular, God gave humankind a growth period. At that time, [Adam and Eve] should have lived a life of becoming absolutely one with God, the Creator. However, during that time, when they had not fully matured, they developed greed. Due to that, the fallen human beings of today, who have no connection to God, were born.

Heaven could not just throw away fallen humanity. The omniscient and omnipotent God cannot fail. Because God gave human beings’ responsibility, unless a person who can accept Heaven’s will and become the [good] ancestor emerges from within humankind, God cannot realize his purpose of creation. Thus, Heaven had no choice but to go through the bitter and difficult providence of restoration through indemnity.

Heaven selected the Israelites as the chosen people and wished for them to achieve a foundation at the individual, people, tribal, and national levels. How difficult must that have been that it took four thousand years? After the long period of four thousand years, Heaven sent the Messiah, Jesus Christ. The longed-for messiah had come but Mary, who gave birth to him, figures in Judaism and the Israelites could not fulfill their responsibilities. The central figure who would accept the providence’s will and realize God’s purpose of creation and whom [God] had sent after the long period of four thousand years had come but a foundation to help him had not been prepared.

In conclusion, he had no choice but to go the way of the cross. Jesus went the way of the cross and prophesized that he would return. Through him the Christian cultural sphere was born.

Christians have a responsibility. They must not just blindly wait for the Messiah to come, riding on the clouds. They must know what the Messiah will do when he comes and prepare for it. The Messiah came as the only son of God and said he would hold the marriage supper of the Lamb when he returns. Then, from the Christian culture sphere, the only daughter of God who can be the Messiah’s partner must be born. However, the European region, where Christianity began, was unable to prepare this. Throughout the history of God’s providence, he has given people responsibilities. If the individual or people are unable to fulfill their responsibilities, God does not use them again. This is because they have indemnity left that must be paid.

Heaven chose a people who could give birth to the only daughter of God. Thus, in 1943 from the Korean peninsula in the East, the only daughter of God was born. This event is the truth of the providence. Korea was liberated [from Japan] in 1945. After Korea’s liberation, Korea was divided [based on] democratic and communist thought. At that time, a devout and spiritual Christian group believed the returning Lord would come somewhere near Pyongyang. Therefore, the three generations of my family, who had devout faith, did not consider going to southern Korea. Heaven gave birth to me after six thousand years and knew I needed a period of growth and thus had me head south. Then in 1950, the Korean War arose. At that time, South Korea did not have the strength to face North Korea. Because Heaven needed to give me a time of growth, God mobilized the UN Forces comprised of sixteen nations. That was how the democratic nation of South Korea came to be. We can see how much Heaven wished for the birth of a victorious person who could realize God’s purpose of creation. We can see how miserably God waited for the day when humankind’s ancestor would give rebirth to fallen humankind through the Blessing Ceremony and God could embrace them as “My son” and “My daughter.” You must know this historical truth.

The Old Testament Age is already in the past. The New Testament age is also already in the past. The prophesized Messiah returned in 1960, met the only daughter of God and they rose to the position of True Parents. Christianity should have prepared the environment for this, but Christianity is still unable to understand this foundation. Yet the providence develops. True Parents laid down roots on earth. Therefore, Heaven was able to give birth to many blessed families who could lay down roots. Just in the Europe region, there is a fifty-year history.

In that time, they went through many difficulties due to those in the Christian realm misunderstanding them. Furthermore, there were many difficulties due to Communist Thought, which came out of the Christian realm. In particular, the early European members engaged in missionary work through underground activities in “Mission Butterfly” to liberate the people of countries suffering under Communist regimes. That there were many sacrifices is true. Yet those who knew the providence and knew Heaven’s circumstances took a path of unchanging absolute faith.

I would like to say this to you all: The past Christian providence in Europe failed from being in the position of not knowing Jesus’ essence. Yet now through True Parents, we know that God, the Creator, is our Heavenly Parent. Heavenly Parent has gone through the bitter, tear-filled and painful six thousand years of searching for his longed-for children. The time has come for you that stand in front of Heavenly Parent as blessed children born through True Parents to fulfill your responsibilities.

Salvation is not only salvation for yourself. Each of you must save your tribe. That is why I have told blessed families to fulfill their responsibilities as tribal messiahs. They must do their utmost in all places around the world and realize their responsibilities as tribal messiahs. You must go on a path not only as the messiah of your tribe but as the messiah for your nation and for the world so you can become filial children and patriots in Heavenly Parent’s presence. True Parents opened the Pacific Rim Civilization Era, during which we share true love. Please be aware that there are blessed families and second- and third generation members who are embracing all humankind through the true love of living for the sake of others under the banner of the Hyo Jeong Culture of Heart Revolution. That is the only path for humankind to live in a world of peace.

How bitter will the 7.5 billion people of the world be if they go to spirit world not knowing True Parents, despite being alive at the same time as True Parents? Your ancestors headed out to the world under Christ’s name. Now in the name of True Parents, you will, I hope, become proud people of Europe who fulfill all your responsibilities as tribal messiahs, national messiahs, and messiahs who will save the world. Thank you.

週刊ブリーフィング (2018年 3月 17日)

1.真の父母様の動静
-ICUS 2世の科学者たちに下さった真の父母様のみ言
-孝情世界平和財団・奨学証書授与式 真の父母様のみ言
-HJ天苑特別修練会・神日本トップガン修了式 真の父母様のみ言

2. 世界ニュース
-神氏族メシヤ活動 (アルバニア:神氏族メシヤ祝福式/ 神韓国:2地区、2018天一国基元節5周年孝情新食口歓迎祝祭)
-平和運動 (ペルー:国際女性の日カンファレンス/ アンゴラ:国際女性の日記念行事)
-青年活動 (世界平和青年学生連合統一部長官賞を受賞/ 韓国:YSP地区懇談会・神韓国3地区青年学生連合礼拝/ ネパール:世界平和青年学生連合創立式/ パラグアイ:世界平和青年学生連合創立式/ コスタリカ:世界平和青年学生連合中米圏域創立式/ コロンビア:世界平和青年学生連合創立式)
-主要ニュース (韓国:神韓国家庭連合 地区本部開館式/ 韓国:神韓国5地区、2018天運相続孝情清平 釜山・蔚山・慶北教区 特別集会/ 日本:3.11東日本大震災七周年追悼記念 第2地区特別礼拝/ 韓国:鮮文大学校・研究チーム、鳥インフルエンザ感染遮断技術の開発)

Continue reading 週刊ブリーフィング (2018年 3月 17日)

「大阪1万名大会」における真のお母様のみ言

日本統一運動Newsletterより

ありがとうございます。

誇らしい大阪各界の指導者、平和大使、家庭連合会員、そして祝福家庭の食口の皆さん。

きょう、私たちは、摂理の新しい時代を迎え、主役になるためにこの場に集まりました。

その責任は、この国が天の父母様に侍る国、神日本(しんにほん)、神大阪(しんおおさか)になるための一歩を踏みしめる日になるでしょう。そうですか。(拍手)

今日の世界を見渡すとき、未来に対する希望はありません。地域によって、天が許した宗教にも、始まりは善を説きながら現れましたが、終着駅がどこなのか、どのように実を結ばなければならないのかを、知らずにいるというのも事実です。それで、私はきょう、本来、宇宙の中心であられる創造主、神様について説明しようと思います。

神様は、天地万物を創造され、人間始祖になり得る男性と女性を創造されました。彼らには、責任を下さいました。その責任は、神様と絶対的な信仰と愛と服従によって、神様が願う方向のとおりに成長し、神様の祝福を受ける位置、人類の真の父母になる位置まで進んでいかなければなりませんでした。

しかし、(人間始祖は)途中で、自分を顧みるようになり、欲心が生じました。「私も神様のようになれる」。時ならぬ時に欲心を抱いたことが、今日の堕落した人類をつくったのです。全知全能であられる神様は、始めと終わりが同じです。ご自身が定められた創造原則を変えることはできません。ですから、神様は、再び堕落した人類を取り戻してくる蕩減復帰、救援摂理歴史をなさるしかありませんでした。恨めしい、悲惨な路程でした。天は、選民にイスラエル民族をお選びになり、個人から民族を形成できる時まで、蕩減復帰摂理をしてこられました。その道がどれほど困難であったなら、4000年もかかったでしょうか。4000年目に「私の息子だ」と言うことのできる独り子イエス・キリストを送ってくださいました。

しかし、イエス様の環境圏となってさしあげるべき中心人物、マリヤ、ザカリヤ家庭、ユダヤ教、イスラエル民族が責任を果たせませんでした。どうして4000年というあまりに長い歳月を通して天が探した独り子を、一朝一夕に十字架に追いやることが、人類を救うことだと信じることができるのでしょうか?

イエス様は、責任を果たすことのできる環境圏をみな失った立場で、十字架で亡くなられる状況の中で、「また来る」と言いました。再び来て、「小羊の婚宴」をするというのです。小羊の婚宴です。

キリスト教は聖霊の役事で、使徒たちによって出発します。しかし、初期には、途方もない迫害を受けました。313年にローマで公認されるとともに、キリスト教はイタリア半島を出発し、ヨーロッパ大陸、英国に行って、大西洋文明圏の花を咲かすようになります。しかし、彼らはイエス様の本質を知りませんでした。大西洋文明圏時代は、世界に出ていきましたが、結局、失敗した文明圏になってしまいました。自国の利益のための行動によって、それ以上、世界に伸びていくことができなくなります。しかし、天の摂理は、必ず、「また来る」とおっしゃったので、再び来られることのできる再臨メシヤの環境圏をつくるべき民族をお選びになります。それが、今日のアメリカという国です。天は、責任を果たせなかった民族や中心人物を再び立てて、お使いにはなられません。なぜなら、彼らには、払うべき蕩減が残っているからです。それで、天は、また来て、小羊の婚宴をすると言ったので、独り娘を誕生させることのできる民族を新たに探し立てられます。それが韓民族です。(拍手)

紀元前400年まで、きらびやかな文化を有した東夷族として、天を崇め尊ぶとともに、天文学に通じていました。農耕文化を形成し、自然を愛し、平和を愛する民族でした。ですから、外国の勢力に押されて、大韓半島まで下ってくるようになります。(拍手)

天の摂理は続きます。2000年待ってきた人類の前に、「また来る」とおっしゃった独り子の前に、絶対的に現れなければならず、必要なお方は、独り娘です。(拍手)

独り娘はキリスト教の基盤を中心として、サタンと関係のない位置で、神様が「私の娘だ」と言うことのできる位置で誕生しなければなりません。(拍手)

(独り娘が)1943年に生まれました。(拍手)1945年に(韓半島が)解放されました。解放とともに、韓半島は南北に分かれました。彼らは、一緒に独立運動をした人々です。ところで、なぜ思想的に分かれたのでしょうか。天は独り娘を通した成長期間が必要でした。太初に神様が男性と女性を創造された時も、成長期間を下さいました。再び探し出した独り娘にも、成長期間、育つことのできる期間が必要です。以北で誕生したので、特に平壌を中心として、再臨のメシヤが来ると信じる神霊的な団体を置きました。ですから、南北が分かれた状態で、南下することは考えられませんでした。ところが、天は、私がそこにいては、私が成長し、責任を果たすことのできる機会がないこともあり得るので、私を南下させました。そうして、1950年には6・25動乱が起きました。韓国は無防備状態でした。しかし、天は奇跡のように国連軍を動員され、韓国を守ってくださいました。誰のために、そのようにされたのでしょうか。

天の摂理を中心として、神様の夢、人類の願いを叶えることのできる真の父母が誕生しなければならないので、保護なさったのです。(拍手)

(真の父母は)1960年に聖婚をしました。キリスト教の環境圏が協力をしなければなりませんでしたが、彼らは、創世記にあるように「夕となり、また朝となった。第一日である」という最初の日のための準備ができていませんでした。それゆえに、真の父母はどん底から踏んで上がってくる路程が50年以上もかかりました。

なぜ、真の父母が必要ですか。堕落した人間としては、神様のみ前に出ていくことができません。彼らには、過った先祖の蕩減が残っているからです。ただ真の父母によって、再び生まれる位置に進まなければ、神様のみ前に出ていけません。それが、家庭連合で行う祝福結婚行事です。(拍手)

どれほど人類が待ち焦がれてきた事実ですか。6000年かかりました。6000年とは、聖書で言う6000年です。実際の人類歴史はそれ以上になるでしょう。

そのように待ちに待った父母を、真の父母が顕れた国や、世界のすべての国々、74億人類は、まだ知らずにいます。
それでは、どうしなければならないでしょうか。先になった者、知っている者が、先に祝福を受けた者たちが、共に祝福を分かち合う、知らせる責任を果たさなければならないのです。それが、祝福家庭、皆さんが果たさなければならない氏族メシヤの責任です。(拍手)

それで、私はきょう、誇らしい神大阪になることを願います。(拍手)

新しい「新」ではありません。神様に侍った神大阪、分かりましたか。(拍手)そのことのために、責任を果たす覚悟ができていますか? きょう、先立ってパフォーマンスを通して、私たちの二世、三世たちの誇らしい姿を見ました。(拍手)摂理の中心に、真の父母様は、日本をエバ国として選定しました。真の父母を誕生させた大韓民国は、父の国、日本は母の国。母の本質は、子どものための道ならば、水火も辞さないのです。子どもが幸福であり、子どもが成功できるのならば、無条件に協助します。(拍手)

世界のすべての人類は、平和を願っています。しかし、今日の現実を遠ざけているだけのように見えます。ところで、(平和実現の)秘訣は、私たちがもっています。私たちは、真の父母を通した、祝福家庭を通した二世、三世たちが摂理の中心に立って、韓国、日本、アメリカ、三カ国を摂理の中心に置き、太平洋文明圏時代を開きました。太平洋文明圏時代となり、孝情の心情文化革命によって、人類の前に灯火、光になり得る私たちの二世、三世たちが全世界的にとどろかせています。(拍手)

この運動だけが、この道だけが、神様が願い、人類が願う、天の父母様のもとの人類一家族の夢を実現できるようになるでしょう。(拍手)その現実は、遠いところにあるのではありません。自分と自分の周辺の兄弟たちと氏族と民族と世界の前に、氏族メシヤの責任を果たすようになる時、その1日は、私たちの前にぱっと開くでしょう。(拍手)

特に、大阪は、この国において、世界の門を開いた所だと聞きました。それで、私は皆さんに、神大阪のグローバル市民として、世の前に、真の父母の愛、孝情心情文化革命の旗印を掲げ、堂々と世界の前に、真の父母様と天の父母様が共になさる私たちであることを、私たちの運動であることを、誇らしく伝播していくよう願います。(拍手)

その1日、それほどまでに天が苦労され、忍耐してこられたその1日、人類が願ってきたその日、天の父母様に侍り、真の父母である独り娘の在世時に、私たちが共に地上天国をつくることができるという、この高揚した喜びと歓喜に満ちたその日に向かう鬨(とき)の声が、全世界に響き渡るよう、広がっていくよう祈ります。

そのことに先頭に立つ大阪のグローバル市民の皆様になるようお願いします。

週刊ブリーフィング (2017年 11月25日)

1.真の父母様の日本動静特集
名古屋・大阪一万名食口基盤勝利

2. 世界ニュース
– 真の家庭 (韓承運大父様 第39周忌、洪順愛大母様 第28周忌追慕礼拝)
– 神氏族メシヤ活動 (タイ:アジア指導者カンファレンス / ドミニカ共和国:VIP真の家庭価値セミナー)
– 平和運動(韓国:南北統一運動国民連合、全国4圏域ワシントン・タイムズ会長招待特別講演)
– 青年活動 (韓国:孝情CARP全国原理講義大会)
– 主要ニュース (韓国:第58回真の子女の日及び第30回天宙統一国開天日 / 韓国:世界平和トンネル財団理事長 離就任式 第23回ピースロードフォーラム / 韓国:HJ純水苑リノベーション大賞)

Continue reading 週刊ブリーフィング (2017年 11月25日)

愛知1万名大会における真のお母様のみ言

世界平和統一家庭連合 NEWS ONLINE より

 満場の名古屋グローバル市民の皆さん。愛しています。(拍手)

各界指導者、平和大使、家庭連合会員、祝福家庭の食口の皆さん。

きょう、私たちは、新しい時代の主役になるために集まりました。そうですか? (はい。)(拍手)

今日、世界を見回す時、未来に対する希望はありません。たくさんの宗教も存在しますが、彼らは、来世に対する、未来に対する結論を与えられずにいます。

しかし、ただキリスト教だけは、創造主、神様に対して、人間との関係において父子の関係を語りました。しかし、彼らもその真の意味を知りません。本来、宇宙の主人であられる創造主、神様が、天地万物を創造され、人間始祖になり得る男性と女性を創造されました。彼らには、成長期間という期間を通して、神様に対する絶対信仰、絶対愛、絶対服従でもって、神様がご覧になるのに、「ああ、もうあなたたちはみな成長した。私があなたたちを祝福しよう」というその瞬間が、神様が願われていた人類の父母になろうとされたものなのです。

しかし、恨めしくも、人間始祖に、時ならぬ時に自分を顧みる欲心が生じました。これが、今日、人類が神様のみ前に出ていくことのできない、堕落した世界になった理由なのです。

神様は、全知全能であられます。初めと終わりが同じであられるお方です。ご自身が定められた創造原則において、変えることはできません。ですから、天は、恨めしく、苦痛な、待つという蕩減復帰摂理歴史をなさるしかありませんでした。神様は、堕落した世界に、選民の国をお選びになり、個人から民族に至るまで、蕩減復帰摂理歴史をなされながら、一時を希望なさいました。どれほど困難で骨が折れたなら、4000年かかったでしょうか。

全知全能の神様であり、何でもできないことのない神様であるのに、あまりにも恨めしい蕩減復帰摂理歴史でした。

創造原則によって、神様がお立てになった人間が、自ら知って責任を果たし得る人物、言い換えれば、始祖になり得る人間が誤ってきた歴史を(清算する)、人間の中で勝利した人類の父母になり得る男性と女性が出てこなければなりません。

そして4000年を経て、神様が「私の息子だ」と言うことのできる独り子イエス・キリストを送ってくださいました。ところが、どうなりましたか。イエス様周辺の人物……。イエス様も成長期間が必要です。それゆえに、マリヤやザカリヤ家庭、ユダヤ教、イスラエル民族が、天のみ意に従って、イエス様の環境圏になってあげなければなりませんでした。しかし、彼らは無知でした。摂理を正しく知ることができませんでした。4000年という期間を通してお探しになった独り子を、一朝一夕に十字架に追いやることで、人類を救うことができると、今日のキリスト教徒たちは話します。

ここにおいて、私たちは神様を知らなければなりません。イエス様の十字架ののちに、キリスト教が出発します。初期には多くの迫害を受けました。しかし、313年に、ローマに公認されて、キリスト教は勢いよく広がるようになります。

キリスト教の出発は、聖霊の役事により、使徒たちによって聖書が用意されていくなかで始まります。しかし、イエス様の本質、神様が分からない彼らは、多くの失敗をしました。今日の共産主義も、キリスト教圏から出てきました。

このような人間の知識、人間の能力、人間の力では、限界があります。イエス様は十字架で亡くなられる状況の中で、「また来る」と言いました。また来て、「小羊の婚宴」をするというのです。小羊の婚宴。また、来られて、人類の真の父母になるという話です。

堕落した人類は、神様のみ前に直接出ていくことができません。蕩減があるからです。再び来られるメシヤ、救世主、真の父母様によって、生まれ変わる条件を経なければなりません。そうしてこそ、神様のみ前に出ていくことのできる資格をもつようになります。しかし、ここで皆さんが知るべきことは、(神様は)責任を果たせなかったイスラエル民族と、中心人物、彼らには蕩減が残っているので、再び立てて、お使いにはなられません。

イエス様が「また来る」と言われたので、天は新しい民族、選民を選んで、独り娘を誕生させることのできる民族を育ててこられたのです。それが韓民族、韓国です。(拍手)

本来、韓民族は、天を崇め尊ぶとともに、天文学に通じていました。そして、農耕文化社会で自然を愛し、平和を愛する民族です。戦いを嫌います。ですから、追いやられてきながら降りてきて、大韓半島に定着するようになります。そのような過程で、天の摂理は、この民族を通してずっと続いていきます。

韓民族は、キリスト教を受け入れてからあまり経っていませんが、「また来る」という再臨のメシヤを迎えることができる時になったので、キリスト教の基盤を通した、そのような責任を果たすことのできる人物を通して、6000年目に「私の娘だ」と言うことのできる独り娘が誕生しました。(拍手)

皆さんはよくご存じでしょうが、1943年に私が生まれました。1945年には(韓半島が)解放されました。どこから解放されたのか、皆さんは分かるでしょう。

解放とともに、南北が分かれました。民主と共産に分かれました。さっきも話しましたが、神様の創造原則において、人間に成長期間を下さったと言いました。私が43年に生まれたので、私としても成長期間が必要です。このように南と北が分かれた状態において、共産主義治下では、私が生き残ることができません。それで、天は私を南下させました。

韓国は民主体制で、まだ定着できないでいる時でした。1950年に6・25動乱が起きました。無防備状態である韓国に、天は奇跡のように国連軍を動員させ、韓国を守りました。どれほど心を痛め、気をもみ、やきもきしたのでしょうか。ご自身がお立てになったみ旨を完成させてあげられ得る、真の父母としての責任を全うする立場まで進ませるためには、私を守ってくださらなければなりませんでした。分かりますか。天の奥妙かつ驚くべき摂理歴史です。これが、皆さんが知るべき、天の摂理から見た人類歴史の真実です。(拍手)

日本と韓国の間には、過去に皆さんの先祖による、ぎすぎすとしたことが、たくさんあります。しかし、歴史の真実は、明らかにならなければなりません。そうしてこそ、新時代に、新しい歴史が出発できるからです。

真の父母様の聖婚を通して、人類は神様のみ前に出ていくことのできる祝福の門が開きました。1960年から始めて、数億双の全世界の祝福家庭が生まれました。(拍手)

天の父母様が望まれる願い、人類の願いは、父母に侍る人類一家族です。話は簡単です。しかし、この摂理が分かって、実体でそのような資格をもって行動する祝福家庭たち、私たちの未来の指導者になる二世、三世たちのその夢を実現することのできる、その道を開いてあげることのできる、現在の父母の立場に立っている祝福家庭の皆さんの精誠と努力が必要です。(拍手)

世界は、私たちを必要としています。天一国5年、新時代が開かれました。しかし、まだ暗がりをさまよう人類、「灯台もと暗し」で、前を見ることができない人類。この人々に希望の灯となることのできる皆さんの実践が必要です。それが、氏族メシヤの使命です。(拍手)

皆さんが(氏族の)メシヤになるのです。救世主になるのです。誰によって? 真の父母によって。お分かりでしょうか? (はい。)そのようにしますか? (はい。)(拍手)

さっきビデオでも見ましたが、「名古屋」と言えば、私は気分が良いです。(拍手)ここには、統一家の、家庭連合の元老指導者たちがたくさん誕生しました。今、初めと終わり、アルパとオメガの美しい結実を結び得る、名古屋食口の皆さんになることを祝願します。(拍手)

真の父母様によって新しい摂理歴史が進められています。真の父母の祖国である韓国と、真の父母によってエバ国として選択された日本が一つになって、アジア大陸を過ぎ、太平洋文明圏時代を開きました。

世界を代表できるアメリカを長子の国として選択しました。そうして、太平洋文明圏時代は、五大洋六大州に向かう孝情の心情文化革命によって、新しい時代、74億人類に灯火となる真理の真のみ言によって、世界を抱いて教育し、それほどまでに人類が願い、天の父母様の夢、真の父母様の夢を叶えることのできる人類一家族の夢を開いていくのに、皆さんすべてが先頭に立ってくれるようお願いします。(拍手)

2000年前、イスラエル民族を通した摂理は失敗に帰しました。しかし、6000年目に天がお探しになった独り娘によって、真の父母が誕生した今日は、特に韓国と日本、アメリカ、3カ国が世界74億人類を抱く、ために生きる、真の愛を実践する、真の家庭運動を実践躬行することによって、実質的な、それほどまでに天が願い、人類が願った、この地球に地上天国が成就され得ることが分かるように願います。(拍手)

その中心に、日本がエバ国、母の国として責任を果たさなければなりません。そうしてこそ、過去に皆さんの先祖たちが間違ったことを蕩減するようになります。

私は皆さんに、未来に蕩減がない日本、本当の平和を誇ることのできる日本をつくってあげたいです。(拍手)

そのようにしますか? (はい。)(拍手)

この道だけが、この運動だけが、日本の未来を存在させるのです。さらには、アジアの未来、世界の未来が存在するようになるのです。神様を中心とした人類一家族、平和な地上天国を成し遂げることができます。(拍手)

週刊ブリーフィング (2017年 11月11日)

週刊ブリーフィング (2017年 11月11日)

1.真の父母様の動静
2017秋季孝情清平特別大役事 / 孝情カフェオープン記念試食会 / 孝情清平特別大役事 文善進世界会長特別講演
天一国の特別世界巡回師、アジア圏域特別巡回勝利帰国 / 天一国特別世界巡回師、アジア巡回勝利報告会

2. 世界ニュース
– 真の家庭 (韓国:文慶裕忠父様第63周期追慕礼拝)
– 神氏族メシヤ活動 (ジンバブエ:神氏族メシヤ祝福式 / ベナン:超宗教平和セミナー)
– 平和運動(カナダ:世界平和国会議員連合創設式 / アルゼンチン:女性連合純潔教育 / 韓国:宗教協議会 2017孝情宗教平和超宗教アメリカ特別セミナー)
– 青年活動 (フィリピン:青年学生原理修練会 / アルバニア:CARP原理修練会 / ブラジル:親子修練会)
– 主要ニュース (天正宮本部、Vision2020の勝利のための宣教戦略苑ワークショップ / 日本:全国2世圏公職者特別集会 / アメリカ:USA鮮鶴歴史編纂苑創設式)

Continue reading 週刊ブリーフィング (2017年 11月11日)

二世の教育を強調している

モーセの時に、二世を前に立ててカナン入城を計画したならば、四十余年を荒野で生活しなかったことでしょう。今日においても、二世を中心として統一運動をしなければ、モーセの時と同じく失敗するしかないということをよく分かっているので、先生が大学界を中心として、二世の教育を強調しているのです。特に、皆さんの息子、娘は、統一運動の一番前に立って走らなければならないのです。

「神様の摂理から見た南北統一」第七章、3節より (三節リンク

韓国に行って、連結しなければいけません

それが先生がダンベリーの獄中に入って、アメリカの牧師七千名を教育したことです。そこに、七万名をして三十五万名を連結することができる基盤を築いて、そこで再び七千名をどこに連れて行って教育するのでしょうか。

アメリカではありません。第三イスラエルです。第二イスラエル圏をつくらなければならないユダヤの国が、イエス様を中心として成就することができなかったので、第三イスラエル格である韓国に行って、連結しなければいけません。ですから今年七千名の群れがやって来るのです。分かりますか。

「神様の摂理から見た南北統一」第七章、5節より (五節リンク

 

秋夕節に関するみ言


2000年総解怨秋夕記念式のみ言より (全文はメンバーサイトで閲覧できます。)

 

今回、墓を、死亡圏を解体させるこのような時代になったので、二〇〇〇年総解怨秋夕節です。総解怨秋夕です、秋夕!

秋夕は韓国人の名節ですが、主流国家に神様が礼物として与えた、先祖を崇拝できる日です。後孫たちが先祖を崇拝してあげてこそ、先祖たちの道が開けるのです。ですから、韓国人たちが先祖に侍ってきた伝統により、いくら難しい立場に立っても、自主的な国家形態を四十年以上、踏みにじられずに歩んできたのです。それで、きょうの式が重要なのです。

それでは、皆さんがこの場で敬礼するとき、全体がご父母様に三度敬礼して、それから東西南北に向かって、一度ずつ敬礼するのです。四方に敬礼するのはどうしてでしょうか? 地上世界と天上世界に満ちているすべての霊人たちと人類を代表して、四方に連結させなければなりません。連結させて先生が祝福をしてあげなければならないのです。

天地が一か所に焦点を合わせて、宣布するこの式が全体を代表する儀式であるとわきまえ、そのような場に参席したので、皆さんの責任が重要なのです。皆さんの行く道も、そのような責任を担当するため、生きなければなりません。統一教人たちが、そのように生きるのです。霊界を解放したその場において、神様の息子・娘の権威を抱ける家庭を成立しなければならないのです。

 


(祝祷の最後の部分)

 

宗教圏で祝福したすべての霊界の人々をすべて地上に送られて、彼らを監督してサタンが支配するのを分別し、堕落圏以下の立場に立てるとともに、祝福された家庭は堕落圏以上の世界で解放天国に前進、前進、前進できる光明の天国に連結されるようにしてくださいませ!

真の父母の御名によりこのみ業を報告して、このみ業を宣言いたしますので、み意のままに成就してくださいませ。真のご父母様の御名により報告して宣布いたします! アーメン! アーメン! アーメン!


 

真のお父様のみ言

(万歳三唱の後)今から八月の秋タになれば、統一教会の信徒は、善なる先祖たち、自分の一族、また聖人の名前とともに、忠臣の名前とともに、彼らにすべて侍り、民の前にそのような伝統を連結させる働きをしなければなりません。

今までキリスト教では、「先祖をまつることは偶像崇拝である」と主張しましたが、それは知らないからそう言うのです。霊界を見ると、先祖たちが発展するには後孫たちが精誠を尽くさなければならないのです。それが霊界の実相であり、皆がよく知っている内容です。今までそのようにしてきたのです。

今まで先祖たちが、後代の後孫たちを助けてあげるのではなく、利用したのです。それが今や真の父母が現れて、行く道を整えてあげたので、先祖たちが解放された恵沢に該当する恵みを中心として、地上にそのような圏内にある後孫たちを訪ねてきて、助けてあげるのです。

カイン、アベル、天使長圏とアダム圏関係で地上に天使長圏の先祖たちが合わさり、祝福を受けても、受けなくても、個人・氏族・民族の全体がそのような関係に進展することで、霊界の被害を受けずに、霊界の助けを受けられる時代になっただけに、自分たちが地上生活でためらうなというのです。自信を持って絶対信仰・絶対愛・絶対服従により、為に生きる生活をしなさいというのです。自分に重きをおいた生活は、今から消え去っていくのです。

今から自分のためにという者は、国境をそのまま残すという者なのです。私たちはこれを全廃させるためのものです。墓となりうる、暗闇の影を解放させてあげるこの式であると知って、自信をもってどこでも発表しなければなりません。統一教会を誇らなければなりません。真の父母を誇り、統一教会で主張する国境撤廃、その次に国連国家、一つの国を築くために歩んでいかなければなりません。そのような側面から今、教育するわけです。

国境とは何ですか? 今まで宗教圏と政治圏が国境でした。そして宗教と宗教が国境です。教派と教団が国境です。それから家庭と家庭がすべて国境です。為に生きる愛さえ抱いていけば、このすべては撤廃されるのです。為に生きる生活をすることで、地上に天国が拡大されるのです。核を拡大する生活をもって、皆さんの一生にどれほど影響を及ぼしたかということで、あの世に行って天の愛の圏内に抱かれうる位置が決定されるということを、はっきり知らなければなりません。*

参考資料:2005-09-18-「天地解怨秋夕節」の御言(メンバーサイト)