CBG(「真の父母経」):B13-C4-S2:15~16

How you work, offer devotions and grow during the springtime will determine how you will appear when the autumn of providential history comes, and with what results you will stand before the True Parents.

15   Presently, if we compare you to farmers before the Will, then the mission that was assigned to you, that of the tribal messiah, is to fertilize the soil. Making this barren ground into fertile soil depends solely on you. If you are lazy during the coming of this wonderful season, your harvest in the autumn will be meager. The position of receiving the Blessing cannot be fulfilled by sitting still.

What kind of life would you all have lived had you not met the True Parents? You would probably have lived in your own country, within your own family, eating and being attached to your environment. Few of you would have thought about living for the sake of the nation and world. What do you all think, those of you who have met True Parents? If you have large thoughts, then how large are they, and how must you act? How you work, offer devotions and grow during the springtime will determine how you will appear when the autumn of providential history comes, and with what results you will stand before the True Parents. (True Mother, 2013/04/25)

16   All blessed families have heard Father’s words on how to move forward. Now everything depends on how you fulfill your responsibility. If you fulfill your responsibility, then your tribes and descendants will live in a free and happy world. You must prepare the environment. How you create the environment surrounding you during the remaining years of your life will determine the path to advance national restoration and world restoration.

Do not just chew over these words, for now is the time to give shape to your faith through your actions. A new era has opened. The words spoken by Father must be made into reality in your surroundings and your families, so that your descendants will have less indemnity to pay. If the responsibility is not fulfilled, it is natural that indemnity must be paid.

You have your personal life and your lives as individual blessed families. True Parents cannot get involved in all of that. True Parents have shown you the example, so you must follow it. Everybody should strive to live according to the Word.

Some miserable people distort the Word and live self-centered lives. I hope that you will all be wise. I am preparing everything so that you can go on the expressway of a perfectly established tradition. If you can just fulfill the responsibilities given you, there is no doubt that a free, peaceful and united world that attends the Heavenly Parent will be achieved. (True Mother, 2013/08/15)

この良い季節を迎えて、皆さんが怠けて行動すれば、秋に皆さんが手にする収穫はとても微々たるものになるでしょう。

15    現在の皆さんが、み旨の前に立っている農夫だとすれば、皆さんに与えられた氏族メシヤの使命を果たすことによって、沃土をつくらなければなりません。やせた地を沃土にすることは、皆さんにかかっています。この良い季節を迎えて、皆さんが怠けて行動すれば、秋に皆さんが手にする収穫はとても微々たるものになるでしょう。祝福された位置というのは、そのようにじっと座って成し遂げられるものではありません。

皆さんは、父母様に出会えなかったならば、どのような人生を生きていたでしょうか。それぞれの国と家庭、置かれた環境で、ただ食べて生活していくのに執着しながら生きていたでしょう。国のために生き、世界のために生きようと考える人は、少ないはずです。真の父母様に出会った皆さんは、どのようなことを考えていますか。考えが大きいとすれば、どれほど大きいでしょうか。

また、どのように行動しなければならないでしょうか。皆さんが春を迎えて、どのように苦労し、精誠を尽くして育むかによって、摂理歴史の秋を迎えるその日に、どのような姿で、どのような実績をもって父母様のみ前に立つかという結果が現れるのです。

16    祝福家庭は、どのように進まなければならないかというお父様のみ言を、すべて聞きました。今や残っているのは、皆さんの責任です。皆さんが責任を果たせば、皆さんの氏族、皆さんの後代が自由で幸福な世界で暮らせるようになるでしょう。

既に環境は随分整えられているので、今後、皆さんが残された生涯で、皆さんの周辺をどのように環境創造するかによって、国家復帰、世界復帰を早めることができるか否かが決まります。口先ばかりを先立たせるのではなく、今は実践躬行すべき時です。新しい時代が開かれました。お父様が語られたそのみ言を、「私」の周辺を通して、私の家庭を通して大きく成し遂げてこそ、皆さんの子孫たちの蕩減が少なくなるというのです。責任を果たせなければ、自然と蕩減を払わなければなりません。

皆さん個人の人生があり、祝福家庭として各々の生活があります。それに、真の父母様がすべて関与することはできません。真の父母様が模範を見せてくださったのですから、そのように生きなければなりません。すべての人々が、み言どおりに生きようと努力しなければならないのに、そのみ言を歪曲して、自分を中心として生きていく哀れな群れもいます。皆さんは賢明な人々になってほしいと思います。

私(お母様)は、皆さんが完璧に伝統を立てた高速道路を行くことができるように、今すべての面でそのような環境を整えてあげています。皆さんに与えられた責任さえ全うすれば、自由で平和な統一世界、天の父母様に侍る一つの世界は、間違いなく成し遂げられるようになります。

With love, we can create our own environment

If we do not love so as to create our own foundation in the environment, we will not find a place to settle. It is the path of self-destruction. It does not generate any energy. People in the surrounding environment will not like us, and we will have no energy to do anything about it.

from Cham Bumo Gyeong Book 13, C3,S1 Continue reading With love, we can create our own environment

何をもって生きるのでしょうか。愛をもって生きるのです。それが環境創造です

環境を備えることができなかった人は、どこに行っても自分がとどまる場所すらありません。自滅する道を行くというのです。力が出ません。周辺の環境が喜ばず、力が伴わないのです。環境が次第に遠く離れていきます。昔は慕わしく思っていても、嫌うようになるのです。もっと慕わなければならないのですが、もっと慕うことができる道がありません。それは、自分自身を中心として境界線を張ったからです。

「真の父母経」第十三篇、第三章、第一節より(メンバーサイト)

6     自分のためだけに生きる人、絶対的(に重要な)環境を尊重できない人は、無限なる発展の世界で、限界を露呈します。無限なる限界を自分が越えようとする前に、その本体である神様を立ててこそ、限界の基準を越えて無限なる発展の世界に越えていくのであって、そうでなければ越えることができないのです。今や最後まで来ました。何をもって生きるのでしょうか。愛をもって生きるのです。それが環境創造です。

環境を備えることができなかった人は、どこに行っても自分がとどまる場所すらありません。自滅する道を行くというのです。力が出ません。周辺の環境が喜ばず、力が伴わないのです。環境が次第に遠く離れていきます。昔は慕わしく思っていても、嫌うようになるのです。もっと慕わなければならないのですが、もっと慕うことができる道がありません。それは、自分自身を中心として境界線を張ったからです。「私」を中心として動こうと思えば、そこで定着し、その峠を越えられないので、宇宙との相関関係、相応関係の位置に入っていくことができないのです。原則に一致していない相対的存在は消えてしまいます。父母様は、そのような哲学をもって生きるのです。

7     完全な主体と完全な対象が一つになったものは、天理が保護しなければなりません。人間の事情と歴史的変遷が、これを動かすことはできません。いくら大韓民国の国権をもってしても、完全な主体の前に完全な対象となり、垂直を守っていく人は、打って倒すことができません。その人を打っても、天地が根と芽をしっかりとつかんでいるので、打って倒す存在がいないというのです。いくら大きくても、打った人が砕けるようになっています。それが生活哲学です。

神様を上にお迎えし、その下の垂直の位置で軸となって侍っている限り、それを神様がつかんで放さない限り、これを打った人が砕けるようになっているのです。これは家庭を代表し、氏族、民族、国家、世界、天宙を代表する柱になっていて、柱を保護できる天運が支えているため、打つ人は必ず砕けていくというのです。

8     父母様の生活はそうです。お金ができても自分が使おうという考えはありません。いくらおなかがすいても、私よりもっと空腹な人がいるので、そのような人のために残したいと思い、一時間、二時間、三時間、耐えて耐えるのです。他の人がおなかをすかせていれば、私よりその人に与え、その人が食べられるように、福を祈ってあげるのです。その人が食べられるように福を祈ってあげれば、その人が食べて福を受ける際に、同参(一緒に参加する)者になります。カインのために生きる人は、カインの福を相続できるのです。カインは変わりますが、私は変わらないので、しきりに上がっていくというのです。

み旨のために生きる人は、ヒマラヤ山脈のエベレスト山より高く上がり、太平洋の一万メートル以上の深さの所に根を下ろすというのです。

life in both the physical and spiritual worlds can come to perfection when people live centering on True Parents and their royal authority.

when people truly honor and value their adversary’s side more than their own, and know how to respect their opponents, God’s cherished era of the ideal of creation will arrive in the world

Continue reading life in both the physical and spiritual worlds can come to perfection when people live centering on True Parents and their royal authority.

天一国経典「天聖経」第十一篇、第五章、第一節

1 これから、皆さんが天の王子であり、天の国の群れであることを知って、自分のすべての環境に対する礼法を備え、自分の本分を遂行しなければなりません。祝福を受けたという人々が、そのようなことも知らずにいます。

それでは、統一教会の教会員は、これからどのようにすべきでしょうか。「神の日」を中心として、家庭の伝統を樹立しなければなりません。また「父母の日」を中心として、家法を立てなければなりません。「子女の日」を中心としては、一つの秩序を立てなければなりません。これらの日を記念するにおいては、世の中のいかなる名節よりも精誠を尽くし、喜びながら迎えなければなりません。

そうして、その家庭の伝統の起源が「父母の日」、「子女の日」、「万物の日」、「神の日」にならなければなりません。またこれらの日を祝う伝統を立て、自分の千秋万代の子孫に至るよう、天的家法をつくっておかなければなりません。これを中心として、「父母の日」から「子女の日」に直行し、ここから「万物の日」に直行して「神の日」まで直行しなければならないのです。

1 Knowing that you are heavenly princes and princesses and citizens of the heavenly kingdom, you need to acquire the proper set of rules for dealing with any situation in your life and fulfill the duties appropriate to your position. Yet, even blessed members do not know about this. What, from now on, must Unificationists do? You must establish the family tradition appropriate for and aligned with God’s Day. You must establish the family rules aligned with Parents’ Day. You must establish the standard by which you order your life in alignment with Children’s Day. In order to celebrate these days, you need to offer more devotion and welcome them with greater joy than you would any other holidays celebrated on earth. Parents’ Day, Children’s Day, Day of All Things and God’s Day must become the basis of your family tradition. In your family, you have to establish the tradition of celebrating these holy days as the rule for Heaven’s family, a rule that is passed down to your descendants for thousands or even tens of thousands of generations. Based on this family norm, you must go straight from Parents’ Day to Children’s Day, from there to the Day of All Things, and finally to God’s Day. (22-026, 1969.01.01)

10月31日(月)は、天暦10月1日第57回「真の子女の日」です。

安侍日カレンダー

God has been looking for the one man and the one woman of whom He could say, “You are my total love.”

~from Cham Bumo Gyeong Book 1, C2-S1

The Bridegroom and the Bride in Christianity refer to God’s Will to seek throughout the world for the only begotten Son and the only begotten Daughter who can receive God’s love in its fullness.

7 God has been looking for the persons who can represent Adam and Eve whom God had lost. The Bible calls Jesus the Second Adam. It calls Adam the tree of life. Thus, Jesus is the one who came in place of the tree of life that had been lost. However, he could not complete his original mission because he was not able to welcome the day of his wedding, when both God and the Son could rejoice. That is why he left earth with the promise that he will return.

The day will arrive when God and Jesus rejoice together. The day will come when they can openly express their heart filled with 6,000 years of bitter pain and sorrow. The day will come when the coming Lord can establish the bond of lineage linking God to His sons and daughters.

Suppose that when Jesus came to earth as God’s only begotten Son, he had not died on the cross. Since he was God’s only begotten Son, God surely would have sent His only begotten Daughter to him. God has searched for 2,000 years to find the Bride. Jesus emerged as the true Son, but there is no mention of the true Daughter anywhere in the Bible. That is why God’s Will was not realized.

The purpose of the 2,000-year history of Christianity has therefore been to find God’s Daughter. The Holy Spirit came, but it represents this daughter of God only in spirit. God’s bitter sorrow over this matter will be dissolved on the day that the Marriage Supper of the Lamb takes place. (007-303, 1959/10/11)

8 Religion up to now has been seeking for the one ideal man and the one ideal woman. Through religion, God has been looking for the one man and the one woman of whom He could say, “You are my total love.” The Bridegroom and the Bride in Christianity refer to God’s Will to seek throughout the world for the only begotten Son and the only begotten Daughter who can receive God’s love in its fullness. When He finds that perfected man and perfected woman, God brings them together and holds a wedding banquet; from that point a new world can unfold. That is why on his return the Lord must find the Bride and hold the Marriage Supper of the Lamb. (041-027, 1971/02/12)

神様が「この人は、私がありったけの愛を注ぐ人だ」と言い得る、一人の男性と一人の女性を求めてきたのです

~「真の父母経」第一篇、第二章、第一節より~

キリスト教でいう新郎と新婦とは、世界をすべて網羅して、神様の愛を受けることができるひとり子とひとり娘を探し出すことを意味します。完成した男性と女性がこの地上で出会い、婚宴を行ってこそ、新しい世界が開かれるのです。

7     神様は、失ってしまったアダムとエバの代わりの存在を求めています。聖書では、イエス様を後のアダムと言い、完成したアダムを生命の木と言っています。ですから、イエス様は、失ってしまった生命の木の代わりとして来られた方です。

しかし、イエス様は、使命を完結することができませんでした。神様と息子が喜ぶことができる一日をもつことができなかったので、再臨という言葉を残すようになったのです。神様がイエス様と共に喜ぶことができる一時、六千年の恨の心情を吐露し、神様と、あるいは今後来られる主と息子、娘の関係を結ぶ日が来るのです。神様のひとり子、イエス様がこの地上に来られて、もし亡くなっていなければ、イエス様がひとり子だと語ったので、神様は彼のためにひとり娘も送られたでしょう。

神様の二千年の(キリスト教)歴史は、新婦を求めるための歴史です。イエス様は、真の息子の姿で現れましたが、真の娘の姿がないので、神様のみ旨を成し遂げることができませんでした。ですから、二千年のキリスト教の歴史は、娘を求めるための歴史です。聖霊は、神様の娘として来られました。神様を解怨するその日が、「小羊の婚宴」の日です。

(007-303;1959-10-11)

8     今まで宗教は、理想的な一人の男性と理想的な一人の女性を求めてきました。神様が「この人は、私がありったけの愛を注ぐ人だ」と言い得る、一人の男性と一人の女性を求めてきたのです。キリスト教でいう新郎と新婦とは、世界をすべて網羅して、神様の愛を受けることができるひとり子とひとり娘を探し出すことを意味します。完成した男性と女性がこの地上で出会い、婚宴を行ってこそ、新しい世界が開かれるのです。ですから、来られる再臨主は、新婦を探し出して「小羊の婚宴」をしなければなりません。

(041-027;1971-02-12)