今日のクイズ:2016-05-25-原理講論後編-3

2016-05-25-原理講論後編-3

後編の緒論(一)蕩減復帰原理(1)蕩減復帰からの文章です。{  }内の言葉をお選びください。(赤色部分からの引用です)

「{a  }復帰」というのはどういう意味なのであろうか。どのようなものであっても、その本来の位置と状態を失ったとき、それらを本来の位置と状態にまで復帰しようとすれば、必ずそこに、その必要を埋めるに足る何らかの条件を立てなければならない。このような条件を立てることを「{a  }」というのである。

堕落人間がこのような条件を立てて、創造本然の位置と状態へと再び戻っていくことを「{a  }復帰」といい、{a  }復帰のために立てる条件のことを「{a  }条件」というのである。そして、このように{a  }条件を立て、創造本然の人間に復帰していく摂理のことを「{a  }復帰摂理」というのである。

それでは、{a  }条件はどの程度に立てなければならないのだろうか。この問いに対して、我々は次のような三つの種類のものを取りあげることができる。その第一は、{b  }のものをもって{a  }条件を立てることである。これは、失った本然の位置と状態と{b  }なる価値の条件を立てることによって、原状へと復帰することをいうのである。例えば、報償とか還償と呼ばれるものが、これに属する。

第二は、より{c  }ものをもって{a  }条件を立てる場合である。これは本然の位置と状態から失われたものよりも、もっと{c  }価値の蕩減条件を立てることによって、原状へと復帰することを意味するのである。

第三には、より{d  }ものをもって蕩減条件を立てる場合である。これは、{c  }価値をもって蕩減条件を立てるのに失敗したとき、それよりも{d  }価値の蕩減条件を再び立てて、原状へと復帰する場合をいう。

{a  }条件をどのような方法で立てるかという問題である。どのようなものであっても、本来の位置と状態から離れた立場から原状へと復帰するためには、それらから離れるようになった経路と{e  }{経路をたどることによって{a  }条件を立てなければならない。

{a  }条件はだれが立てなければならないのであろうか。{f  }の{g  }としてそれに必要な蕩減条件を、あくまでも{f  }自身が立てなければならないのである。

Question #1: 「{a }復帰」というのはどういう意味なのであろうか。どのようなものであっても、その本来の位置と状態を失ったとき、それらを本来の位置と状態にまで復帰しようとすれば、必ずそこに、その必要を埋めるに足る何らかの条件を立てなければならない。このような条件を立てることを「{a }」というのである。 {a }に入る言葉は?

もう一度、解答をしてください。

Question #2: 堕落人間がこのような条件を立てて、創造本然の位置と状態へと再び戻っていくことを「{a }復帰」といい、{a }復帰のために立てる条件のことを「{a蕩減}条件」というのである。そして、このように{a }条件を立て、創造本然の人間に復帰していく摂理のことを「{a }復帰摂理」というのである。 それでは、{a }条件はどの程度に立てなければならないのだろうか。この問いに対して、我々は次のような三つの種類のものを取りあげることができる。その第一は、{b }のものをもって{a }条件を立てることである。これは、失った本然の位置と状態と{b }なる価値の条件を立てることによって、原状へと復帰することをいうのである。例えば、報償とか還償と呼ばれるものが、これに属する。  {b }に入る言葉は?

もう一度、お選びください。

Question #3: 第二は、より{c }ものをもって{a }条件を立てる場合である。これは本然の位置と状態から失われたものよりも、もっと{c }価値の蕩減条件を立てることによって、原状へと復帰することを意味するのである。  {c }に入る言葉は?

もう一度、お選びください。

Question #4: 第三には、より{d }ものをもって蕩減条件を立てる場合である。これは、{c }価値をもって蕩減条件を立てるのに失敗したとき、それよりも{d }価値の蕩減条件を再び立てて、原状へと復帰する場合をいう。  {d }の入る言葉は?

もう一度、お選びください。

Question #5: {a }条件をどのような方法で立てるかという問題である。どのようなものであっても、本来の位置と状態から離れた立場から原状へと復帰するためには、それらから離れるようになった経路と{e }{経路をたどることによって{a }条件を立てなければならない。  {e }に入る言葉は?

もう一度、お選びください。

Question #6: {a }条件はだれが立てなければならないのであろうか。 {f }の{g }としてそれに必要な蕩減条件を、あくまでも{f }自身が立てなければならないのである。  {f }に入る言葉は?

もう一度、お選びください。

Question #7: {g }に入る言葉は?

もう一度、お選びください。

今日のクイズ:2016-05-07

Question #1: パウロの書簡のなかで、「義人はいない。ひとりもいない。悟りのある人はいない、、、」と書かれている聖句は?

Question #2: 「わたしは、内なる人としては神の律法を喜んでいるが、、、」で始まる聖句は?

Question #3: 「人間の堕落を○的な面から見れば、それはとりもなおさず、我々人間が無○に陥ったということを意味する」p23

Question #4: 「人間のこのような破滅状態のことを、キリスト教では、○○と呼ぶのである。」p-22-23

Question #5: 「人間がもっているこのような矛盾性は、○○○○○と見なければなるまい。」原理講論p22


hd

アンケート-2016-05-06

4項目までチェックすることができます。該当するものすべてにチェックしてください。

統一運動のWebサイトをどのように活用されていますか?

View Results

Loading ... Loading ...

個団サイト以外の統一運動のオフィシャルサイトの一部は、Menu(コンピュータでは左上、タブレット等では一番上のMenuボタン)にリンクがあります。

また、[投稿記事一覧]をクリックして頂くと、今までの公開サイトでの記事全ての一覧をご覧になれます。

 

真の父母経より:CBG-B6-2-6:5~7

「第六節 アメリカ議会招請講演とウォーターゲート宣言」はメンバーページに掲載中

5     アメリカが、ウォーターゲート事件を中心として混乱した時、私は「神様に帰ろう」と叫びました。神様に帰るためには赦しを受けなければなりませんが、赦し を受けようとすれば、アメリカ国民も赦しなさいというのです。これが「ウォーターゲート宣言」です。赦しなさいというのです。他人の罪を赦せなければ、自 分も赦しを受けられません。個人的に、教会的に、挙国的に、ニクソンー人を条件とし、「あなたたちもそのような姿の罪人なのだから、まず悔い改めて、ニク ソンも赦しなさい」と言ったのです。 Continue reading 真の父母経より:CBG-B6-2-6:5~7

from Cham Bumo Gyeong:6-2-5:1~7

from Book 6, Chapter 2, Section 5 (非公式日本語訳はメンバーサイトに掲載)

Yankee Stadium

True Parents held two events to celebrate America’s bicentennial.  The first was the Yankee Stadium Rally, June 1, 1976, in New York City.  This rally was held in front of an audience of 50,000, amid stormy weather and the occasional shouts of protesters.  True Father conveyed his message “God’s Hope for America” and proclaimed that God sent him to America in the role of a doctor and firefighter.  This was a bold, historic declaration in America as “the voice of one crying in the wilderness.” During the third 7-year course, a completion-stage course, True Father took the decisive battle to the heart of America, which represented the center of the world.  At this global and historic junction of good and evil, True Parents established a standard for all indemnity conditions.  For their June 14 issue, Newsweek International interviewed True Father and made that interview their cover story.
Continue reading from Cham Bumo Gyeong:6-2-5:1~7