Tag Archives: 聖物

聖地と聖物を守ることができなければなりません-「真の父母経」より

115 Views聖地と聖物を守ることができなければなりません。これらを守ることに総力を傾けなければなりません。祝福を受けた家庭を貴重に思わなければならないのです。祝福家庭は、皆さんが守らなければならないというのです。高潔に生きて死ぬことができる、神聖な地を探し求めなければなりません。聖地と聖なる民を、早く復帰しなければならないのです。 ~「真の父母経」第六篇、第一章、第一節より~ 13    聖地を条件にして、三千里半島を愛さなければなりません。この地で暮らしたいと思い、この地で汗を流したいと思わなければなりません。この地に血のにじむ歴史の伝統があることを知って、父を記憶しなければならないというのです。祝福を受けるのは、途方もないことです。祝福を受けた人は、神様に代わって、「私が決めれば天宙も従う」という思いをもち、主人として振る舞える人にならなければなりません。このような条件が具備されて、天が私たちを中心として生活理念を立てることができるのです。 聖地と聖物を守ることができなければなりません。これらを守ることに総力を傾けなければなりません。祝福を受けた家庭を貴重に思わなければならないのです。祝福家庭は、皆さんが守らなければならないというのです。高潔に生きて死ぬことができる、神聖な地を探し求めなければなりません。聖地と聖なる民を、早く復帰しなければならないのです。 14    神様と人間と聖地が一致すれば、どのような関係が広がるでしょうか。堕落する前のアダムとエバが復帰された基準を立てることができるようになります。聖地を選定することはエデンの園で失われた人と地と万物を復帰できる地を備え、人を探し出し、神様と向き合える焦点を決定することです。 また、聖地を決定すれば、どのようなことが起きるでしょうか。アダムとエバが堕落する前は、霊界が正に天使世界でした。天使世界は、アダムとエバが早く完成し、神様の愛を受けられる生活圏内に入ることを願っていました。天使世界は、アダムとエバを協助し、アダムとエバが神様の子女となり、神様を中心とした家庭を形成して、神様の愛を受けられる平和の基盤を築くことを願ったのです。ですから、聖地は神様から祝福を受けた家庭のように聖別された所なので、そこに霊界が協助することができるのです。 15    今後、民族的な運勢とともに、世界的な運勢が歩調を合わせていく時が来ます。ですから、韓国の首都ソウルで選んだ聖地を、世界的に連結するのです。国内だけでなく、世界的に連結するのです。このように聖地を選んだ基盤の上に、神様が愛する息子、娘を送れば、神様をお迎えできる基盤を築けるようになります。そのようになれば、霊界が協助しなければならないのです。 世界の国々を歴訪しながら聖地を選定しておき、統一信徒たちを一日も早く配置しなければならないと考えました。ここに配置される人々を、復帰されたアダムとエバの基準に立て、今まで霊界が接し得なかった基準を蕩減させるでしょう。そうすれば、地上で横的な闘いを展開できるようになります。天使が堕落させたので、天使たちがこの地に来てサタンを追放するために、協助しなければなりません。これが蕩減復帰の原則です。霊界を動員し、地上からサタンを追放しなければなりません。 第一次世界巡回で百五ヵ所の聖地を選定しました。聖地を百二十ヵ所、選定しなければなりません。これによって天の領土が生じるのです。このように聖地を祝福することによって、国家主権が天の側に越えてくるようになるのです。

「天一国4大聖物」について

208 Views今回の聖酒式は、まさに私たちがこの間、お母様と同じ基準で、お父様のお墓とご聖体に直接侍ることができなかった事実を悔い改め、敬拝と訓読の精誠を短い期間でも捧げながら、そのお母様の3年侍墓精誠の勝利権に同参するという意味がある。 ~本郷人2016/7号より 本郷回帰および天一国4大聖物について をメンバーサイトの掲載しました。 *海外在住の日本人祝福家庭は、メンバー照会の後、登録が可能ですので、閲覧ください。

家庭連合時代完成に向けて前進する祝福家庭となろう

103 Views~「祝福家庭」2016年夏季号、宋龍天先生の巻頭言から抜粋 真の父母様は、今の時代、家庭連合時代を「摂理的な大転換期」、「革命的で歷史的な時代」と規定なさり、旧約時代(蘇生期)のユダヤ教、新約時代(長成期)のキリスト教と、これを蕩減復帰するための統一教会時代を越えた成約時代(完成期)であり、宗教圏を越えた時代だとおっしゃっています。 また、私たちに対しては、「天一国の真の主人」として生きていくことを願っていらっしゃいます。 歷史上の誰も行くことのできなかったこの時代ですが、ただ真の父母様のみが歩まれ、勝利なさいました。ですから、全ての人類は、真の父母様が開いてくださった道に従って歩み、自らの責任で成長し、完成していかなければなりません。 完成期というのは、誰も代身して歩むことができず、ただ真の父母様に従い、自分の足で歩んでいかなければなりません。この時代はまた、天の父母様(神様)もサタンも直接主管することのできない間接主管圏の時代です。 私たちが善良な心をもつとき、天の父母様は、絶対善霊を通して助けてくださいます。逆に、悪い心をもつならば、サタンが悪霊を通して私たちを悪の侧に引っ張っていくのです。 ですから、私たちが常に善なる心で生きていけるように、真の父母様は、家庭連合時代を出発するとともに、「家庭盟誓」や訓読会、安侍日、祈祷生活などの生活指針を通して、私たちに家庭連合時代の完成に向けた教育を施してくださったのです。 真の父母様は、特に、全祝福家庭が新しい一日を出発する際、天の父母様と真の父母様への敬拝と家庭盟誓唱和、み言訓読を通して、その日の霊的糧をもつときに、絶対善霊と私たちの良心が覚醒され、さらにサタンが蠢動することができず、天が守ってくださる私と私たちの家庭になるとのみ言を下さいました。 私たちは、歷史上、最も幸せな者たちです。人類が待ち望んできた真の父母様に、生きて出会い、真の父母様から直接、ご指導とみ言の教育を受け、さらに貴い祝福まで受けたのです。 この祝福は、私たちだけのためのものではありません。私たちの先祖と子孫、そして人類のために、私たちに預けてくださった「一粒の麦」です。この一粒の麦を芽生えさせ、花咲かせ、実を結ばせることが、私たちの責任であり、天より私たちに託された課題です。 そのために、まず私たちは、過ぎし二十一年間、真の父母様が家庭連合時代完成のためにしてくださった教育を、生活化し、実体化して、神様の直接主管圏である天一国の真の主人とならなければなりません。 天一国四年天暦三月十六日(二〇一六年陽暦四月二十二日)、真の父母様の御聖婚五十六周年を迎えた際、真の父母様は、摂理的な時代にふさわしい生活を送ることができずにいる私たちを心配なさり、私たちが過去の過ちを悔い改め、新しく出発することができるよう、私たちのために天一国聖物を下賜してくださいました。 私たちに下さった天一国聖物が、条件的なものとして終わるのではなく、私たちが実体的に天一国の真の主人となれるよう、新しい出発の契機にしなければなりません。 それゆえ、天一国聖物を受ける前に、まず私たちみなが「原理」のみ言と、今の摂理的な時と天一国の聖物下賜の意義について、よく理解しなければなりません。そして、新しく出発する私たちとなって、家庭連合時代の完成に向かって努力し、前進する祝福家庭となりましょう。

訓読資料:2016-07-07

216 Views天一国経典、特に「真の父母経」の訓読が現在行われている40日精誠期間に推薦されています。 それに加え、 天一国原聖物下賜式における 真の父母様の祝祷 9月18日、ワシントン大会40周年を迎える準備として、 アメリカと神のみ旨、 America And God’s Will を推薦いたします。

真の父母様の祝祷-True Parents’ Benediction :2016-04-21

153 Views[print-me target=”body”] 天一国原聖物下賜式における 真の父母様の祝祷 “天の父母様、もう一度矜恤(きょうじゅつ)の恩賜を、真の父母様の願いをなしとげる祝福の子女になることが出来る条件を立て、真の家庭としての影のない正午定着した信仰基準で、新しく立てられた天一国の真の民として、その使命と責任を全うする祝福子女となり、天の父母様が望まれ、真の父母様が73億人類を抱こうとされる、その事情の前に責任をすべて果たすことができる統一家の子女として、生まれ変わることができるその位置を祝福するために、もう一度真の父母様の名前で天の父母様に、矜恤のこの聖物を通じて新しく誕生し、永遠の本郷苑に行くことができる影のない、一点もサタン圏内の痕跡がない、そのような姿で故郷の地に行くことができる、最後に真の子女の姿になることができる祝福の恩賜を下さるこの聖物と、全世界の統一家の子女は天の父母様に喜び感謝し、最後に最善を尽くすことができる誇らしい歴史に残るあなたの子女、73億人類を真の父母様の懐に抱かせて差し上げることができる責任を全うする子女となれるよう、もう一度矜恤の手を差し伸べて下さることを、真の父母様の御名によって祈願いたします。 アーヂュ” [天一国4年天暦3月15日 (陽暦2016.4.21)真の父母様の祝祷]